ゲーム情報

2021/4/14

『メガテンライブ』CDの告知動画公開 / PS5、14日に大型アップデート みなとも Game News Pick Up 21年4月7日~13日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、アトラスニュースなどを紹介します。Switch Liteに新色登場。いっせいトライアルに『Good Job!』。など。

ゲーム情報

2021/4/13

『サガフロリマスター』『レインパレード』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」21年4月8日~4月21日

21年4月8日~4月21日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『ポイポイ!どうぶつパーク』『ミアステール』などなど。

ゲームの旅路

2021/4/11

『パックマン99』は最高3位 / 『トリコ』はどのあたり? ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.51

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『MEGA39's』『トリコ』『デッドオアスクール』『パックマン99』です。

週刊アトラス

2021/4/12

【視聴感想】PERSONA SUPER LIVE P-SOUND STREET 2019 ~Q番シアターへようこそ~【週刊アトラス】

ニコ生で放送された「PERSONA SUPER LIVE2019」を鑑賞しました!ライブを観て私たちが思ったことを、対談形式でご紹介。

特別企画

2021/4/10

プレイステーション5の便利な機能まとめ

「カメラ操作の設定」「プレイ時間の確認」など、PS5に備わっている便利な機能をまとめてみました。

ASTRO's PLAYROOM

ゲームレビュー

2021/4/10

ASTRO's PLAYROOM(アストロ プレイルーム) 感想・レビュー byみなと / PSファンに贈る「ごほうび」のようなゲーム

かわいいアストロ君と、プレイステーションの旅へ。どれだけPSのファンかによって楽しさに差が出そうなPS5プリインストールゲームです。

ゲーム情報

2021/4/7

アトラス35歳! / 初音ミクオンラインライブが6月6日に開催 みなとも Game News Pick Up 21年3月31日~4月6日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!『大神』アマテラスのフィギュアが予約開始。など。

ゲーム情報

2021/4/6

『Cozy Grove』『Maiden&Spell』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」21年4月1日~4月14日

21年4月1日~4月14日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『おしゃべり!ホリジョ!ホリスラッシュ』『謎解きメール2』などなど。

ゲームの旅路

2021/4/5

『デッド オア スクール』開始 / 『MEGA39's』のお気に入り曲 ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.50

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『ディスジャンクション』『MEGA39's』『人喰いの大鷲トリコ』『DEAD OR SCHOOL』です。

暗い部屋(A Dark Room)

ゲームレビュー

2021/4/3

暗い部屋(A Dark Room) 感想・レビュー byみなと / 驚きと挑戦に満ちた「文字だけ」のゲーム

テキストのみで表現されるゲーム『暗い部屋』の感想・レビューです。未プレイの方の驚きを奪わぬよう、極力ネタバレを避けた記事になります。

ゲームレビュー 週刊アトラス

真・女神転生IV 感想・レビュー byみなと / 色々我慢すれば楽しい挑戦的メガテン

評価:3

真・女神転生IV

アトラスの代表的なゲームシリーズ、『真・女神転生』。
そのナンバリングタイトル、3DS『真・女神転生IV』をレビューします。
略称は『メガテン4』。

真・女神転生IV

上の画像の限定モデルを購入しました。
悪魔たちのシルエットが施されたデザイン。上下をひっくり返すと・・・。

 

主な良かった点

  • ダークでハードなシナリオ
  • プレスターンバトル復活
  • 便利かつ没入感のある「ガントレット」

主な不満点

  • 外注絵師のデザイン
  • 「着せ替え」の存在意義
  • 3Dにした弊害
  • 魔人の作りづらさ

 

それでは、詳しく書いていきます。
この記事は過去に公開したレビュー記事を読みやすくリライトしたものです。

スポンサーリンク

概要

『真・女神転生IV』概要 (クリックすると展開します)

20年12月6日時点の情報です。

発売日 2013年5月23日
発売元 アトラス
開発元 アトラス
ハード ニンテンドー3DSシリーズ
ジャンル RPG
プレイ人数 1人
CERO C(15才以上対象)
通常価格(税込) パッケージ版・ダウンロード版 各3,278円(ベスト版)
公式サイト 真・女神転生IV(アトラス公式サイト)
画像の出典 画像は過去に公式サイトで公開されていたものを引用。または、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©Index Corporation 1992,2012 Produced by ATLUS

 

 

ゲーム内容

このシリーズの特徴は、敵として出現する「悪魔」を会話で仲間(仲魔)にし、共に闘えるところ。
2体以上の仲魔を「悪魔合体」で強力な1体の悪魔にすることもできます。

今作でもこの基本はそのまま。

  • マルチエンディング
  • 勧善懲悪ではない、考えさせられるシナリオ
  • 属性や補助スキルが重要なプレスターンバトル

といった、シリーズの評価点を受け継いでいる作品です。

ダンジョン探索は、三人称視点3D、シンボルエンカウント。
バトルは、一人称視点2Dです。

キャラクターデザインを土居政之氏が、音楽を小塚良太氏が担当しています。
ナンバリングタイトルではありますが、前作までとシナリオの繋がりはありません

後に発売された『真・女神転生Ⅳ FINAL(真4F)』とは、世界観を共有する作品となります。
『真4F』をプレイするなら、今作からプレイした方がシナリオの理解度は高まりますよ。

 

 

良い点

ダークでハードなシナリオ

真・女神転生IV

メガテンらしい過酷な展開は健在で、それぞれの陣営の、それぞれの思惑が交錯するシナリオは実に良かったです。

開けて緑豊かな「東のミカド国」から、一変して無機質で荒廃した「東京」へと舞台が変わる点も良い。

それでいて、「東のミカド国」より「東京」の人間の方が活気があり、生々しく強い点も、皮肉が利いてて良いです。
あと一部のイベントは「本気でヤバイ」です。
子ども向きではありませんよ!

 

プレスターンバトル復活

真・女神転生IV

今作の戦闘は『メガテン3』で高評価を得た「プレスターンバトル」を採用しています。

弱点を突けば行動回数が増え、攻撃を防がれると行動回数が減る。
という属性に対する相性が非常に重要なバトルで、緊張感と戦略性が強いシステムです。

加えて、有効打を与えたとき確率で「ニヤリ」状態になり、有利な状況になる「ニヤリシステム」が誕生。

この「ニヤリ」の性能自体は大味ですが、「ニヤリ」のアイデアは好き。
次作ではもっと洗練されます。

 

便利かつ没入感のある「ガントレット」

主人公が冒頭で手に入れる「ガントレット」は、籠手型のコンピューター。

メニュー画面は、この「ガントレット」を操作している設定で、3DSのタッチ操作に対応しています。

  • アイテム管理
  • マップ確認
  • 仲魔 管理
  • アプリカスタマイズ

さらには「悪魔合体」「 すれちがい通信 設定」「セーブ&ロードの機能」も全てこの「ガントレット」に集約されて、大変便利。

ナビゲーターの「バロウズ」も良いキャラです。

 

 

不満点

外注絵師のデザイン

これまでシリーズでの悪魔のデザインは、全て金子一馬氏によるものでした。

しかし、今作では氏の書き下ろし悪魔は無く、過去作のものを使っています。
そして新規悪魔やボス悪魔の多くは、特撮等で活躍している外部の絵師によるものです。

このデザインが、一部非常によろしくない。

まぁ、コウガサブロウとかの「完全新規」の悪魔は良いんです。
ミノタウロスとか、むしろ好きなデザインです。

ただ、四大天使やリリス等、今まで定着したデザインを持つ者まで変える必要があったのでしょうか?
しかもあんな美しくないデザインに。

ちなみに、これ ↓ は大天使ラファエル。

真・女神転生IV ラファエル

これだと、なんだかキモチワルイ。

 

「着せ替え」の存在意義

真・女神転生IV

今作のダンジョン探索画面は、3Dフィールドを歩き回り、敵シンボルと接触すると戦闘が開始されるタイプ。
戦闘画面は、敵グラフィックを正面に捉え、味方は2Dグラフィックで表示するタイプ。

装備品は見た目も反映され、着せ替えを楽しむ事ができるのですが、せっかく変えた見た目を戦闘中に見ることはできません。

探索中は見られるけど、基本的には後ろ姿だし・・・。

戦闘も『ペルソナ』シリーズみたいな3Dにするか、探索を『SJのようなDRPG風にした方が良かったのでは?

 

3Dにした弊害

そもそも、探索時の3Dフィールドにはいくつか問題があります。

  • 通れる場所が分かりづらい
  • 敵シンボルのスピードが速く、避けづらい
  • 戦闘回避スキル「エストマソード」は、敵シンボルを攻撃しないと発動しない
  • ただ歩くだけの場所が多く、攻略の楽しみが薄い

など、「練り込む前に商品化した」感が強い。
と感じてしまいました。

今作での経験が、次作の完成度に活かされているようなので、まぁ良いんですが。

 

魔人の作りづらさ

特定の場所で超低確率で遭遇できる、シリーズ恒例の強力な悪魔「魔人」。

撃破すれば悪魔合体で作ることができるのですが、あろうことか、その素材は別の「魔人」。(高ランクの魔人の場合)

ただ「会う」だけでも大変。
「倒す」のはもっと大変。
「作る」のはさらに大変。

と、結構理不尽な仕様です。

せっかくマザーハーロット倒したのに・・・。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード版
プレイ時間 148時間
購入した関連本 真・女神転生IV 公式コンプリートガイド 
真・女神転生Ⅳ 公式設定画集
所持しているサウンドトラック 真・女神転生IV 特典「サウンド&アートコレクション」
シリーズのプレイ状況(みなと
※今作クリア時点
真・女神転生(PS)
真・女神転生II(SFC 、PS、GBA)
真・女神転生if...(PS)
真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス(PS2)
真・女神転生III-NOCTURNE マニアクスクロニクルエディション(PS2)
真・女神転生 STRANGE JOURNEY(DS)

 

 

総評

外注絵師など不満な点はありますが、『メガテン』的なダークな世界は味わえます。
収録悪魔数もかなり多く、説明文も記載しているため、「携帯悪魔図鑑」としても価値があります。

そもそも150時間近く遊びましたし、ある程度我慢すれば楽しいゲームです。
今回挙げた「不満点」をあらかじめ知っていれば、それほどガッカリせずに楽しめるかもしれません。

比較的大味な戦闘バランスですが、コツをつかめばそんなに難しくはありません。
『メガテン』をプレイしたことのない方には、結構オススメできるかも。

まぁ次作の『真4F』がかなりの名作なので、そちらを楽しむためにも今作をプレイしていただきたいところです。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽
関連記事
真・女神転生IV FINAL レビューbyとも

『真・女神転生IV』の「もしも○○だったら」の世界、3DS『真・女神転生IV FINAL』をレビューします。『メガテン4F』は『メガテン4』のリメイクではないので、ご注意を。

関連記事
真・女神転生IV FINAL レビューbyみなと

『真・女神転生4』の正統完結編、3DS『真・女神転生4 FINAL』をレビューします。
悪魔全書(DLC含まず)をコンプリートしたので、その手引も合わせて紹介します。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

+3

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


コメントを入力された場合は、反映まで時間がかかります。
不具合ではありませんので、繰り返し入力しないよう、ご注意ください。

おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー, 週刊アトラス
-, , , ,

© 2021 ゲーマー夫婦 みなとも =夫婦で運営するゲームブログ= Powered by AFFINGER5