ゲームレビュー

HOSPITAL. 6人の医師 感想・レビューbyとも

2019/10/18

HOSPITAL. 6人の医師

「HOSPITAL.(ホスピタル)6人の医師」は、Wii「カドゥケウスZ 2つの超執刀」の2年後の世界。
医療現場で働く6人が主人公。
各ストーリーから始まり、共通ストーリーと移っていきます。

前作を未プレイだったため、ストーリーの理解に若干の支障はありましたが、気にするほどではありませんでした。

 

2015年8月19日にWiiUで遊べるダウンロード版が発売されました。

パッケージ版でも、ダウンロード版でも、プレイするにはヌンチャクが必要です。
2Pプレイもできますが、2Pもヌンチャクが必要になります。 

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『HOSPITAL. 6人の医師』概要

19年10月18日時点の情報です。

発売日 2010年6月17日
発売元 アトラス
開発元 アトラス 
ハード Wii、WiiU(ダウンロード版)
必要な周辺機器 Wiiリモコン、ヌンチャク(必須)
ジャンル 医療ドラマ
プレイ人数 1~2人
CERO B(12才以上対象)
通常価格(税込) Wiiパッケージ版 7,313円
WiiUダウンロード版 2,750円
公式サイト HOSPITAL. 6人の医師
画像の出典 画像は全て上記サイトより引用
権利表記 ©ATLUS CO.,LTD. 2009

 

 

ゲーム内容・攻略のヒント

ゲーム内容と攻略のヒントについては、こちらの記事でまとめています。
→ HOSPITAL. 6人の医師 ゲーム内容解説・攻略のヒント

2Pプレイやプレイする順番も掲載しています。

 

 

良い点

ストーリーがいい

各ストーリーの時はストーリーよりもゲームの方が楽しかったのですが、共通ルートになると逆転して、ストーリーの方が楽しかったです。

またストーリーの見せ方がアニメーション型のコミック形式で、かっこよかったです。

 

生々しさがない

手術となると、人体の生々さが出てくるのではないかと思いましたが、そんなことはなく、安心してゲームをプレイできました。

しかし、MRIやCTスキャンの輪切りの画像が苦手な人もいるのかなとも思いました。

私は比較的、大丈夫でした。

HOSPITAL. 6人の医師

 

妙にリアル

血液を脱脂綿でふき取ったり、刺さっているガラスを引き抜く場面など、グロくない程度でリアルです。
本当に緊張しました。

 

ガヤ

ガヤ(その他大勢のガヤガヤした声)のセリフがおもしろかったです。

 

 

不満点

服装

服装に違和感がありました。
手術室でも外でも、ずっと同じ服というのはちょっと・・・。

 

ワンパターン

主人公によっては作業がワンパターンで飽きてしまいました。

同じことの繰り返しが一番多い「共通ルート5」のステージが特につまらなかったです。

 

現実と非現実

プレイしていることは現実的だけれど、後半に進むにつれ非現実に・・・。

非現実なストーリーを取り入れたいならば、最初から非現実な要素を取り入れた方が、ギャップがなく、よかったと思います。

 

操作方法

大まかな操作方法は途中で出る「HELP」でわかりましたが、細かい操作方法(効率や、高ポイントの話など)がわからず、勘や慣れで覚えていきました。
ダウンロード版でも説明書はありますが、内容量が多く、見る気がしません。

「HELP」で書いてほしかったと思うのは、わがままでしょうか。

 

手術中の会話

Aボタンを押して「吹き出し」と「音声」を送っていきますが、そこでどうしてもテンポが悪くなります。

会話を「ボタンで送る」か「自動で送る」かの選択ができるとよかったです。

HOSPITAL. 6人の医師

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード版
プレイ時間 25時間
所持しているサウンドトラック HOSPITAL 6人の医師 オリジナルサウンドトラック
シリーズのプレイ状況(とも
※記事作成時点
なし

 

 

総評

まさかゲームで手術をすることになるとは思わなかったです。

ゲームでの流血表現は嫌いだけれど、これはグロくもなく、大丈夫でした。
「人の命を救わねば」という気持ちになっていたからでしょうか。

でも、プレイしたての頃はメスで切開するのが怖かったですね。

すぐ慣れたけれど。

公式サイトにプレイ動画があるので、グロさに不安がある方は、確認を。

 

腫瘍を取ったり、縫合したりと、本格的な医療ゲームだと思います。

人によっては内容が物足りないと感じるかもしれませんが、私は満足でした。

キャラクターでもゲームの特徴でも、マリアのステージが好きでした。
声ではカニンガム先生(藤原啓治)が一番好きでした。 

全体評価   ★★★★☆ 

シナリオ   ★★★★☆
操 作 性  ★★★☆☆
システム   ★★★☆☆
キャラクター ★★★★☆
ビジュアル  ★★★★☆
音   楽  ★★★☆☆

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, ,