ゲーム情報

2024/5/30

【毎月更新】2024年の「フリープレイ」まとめ【PS Plus】

2024年に配信のPS+「フリープレイ」タイトルを紹介します。毎月更新し資料記事にしていきます。

特別企画

2024/4/29

【重要】ブログの今後について / ゲーマー夫婦みなとも

「ゲーマー夫婦 みなとも」は、開設8周年になる前に重大な決断をおこないました。

ゲーム情報

2024/4/24

『Another Crab's Treasure』『Stellar Blade』etc. みなとも「新作ゲーム談議」24年4月18日~5月1日

24年4月18日~5月1日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『百英雄伝』『サガ エメラルド ビヨンド』などなど。

ゲームの旅路

2024/4/22

『8番出口』クリア / 『Planet of Lana』開始 【ゲゲ語り】vol.208

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『スプラ3』『維新!極』など。

ゲームレビュー

2024/4/20

8番出口 感想・レビュー byみなと / 話題の「間違い探しループホラー」リアルでちょっと怖い

地下通路を進んで異変を見つけるウォーキングシミュレーター『8番出口』の感想・レビューです。Switch版をクリアしました!

ゲーム情報

2024/4/16

『偽夢』『バニーガーデン』etc. みなとも「新作ゲーム談議」24年4月11日~4月24日

24年4月11日~4月24日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『Planet of Lana』『Picross -LogiartGrimoire-』などなど。

ゲームの旅路

2024/4/22

『ユニコーン』クリアレビュー公開 / 忙しくてゲーム進まず 【ゲゲ語り】vol.207

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『ユニコーンオーバーロード』『龍が如く 維新!極』です。

ユニコーンオーバーロード

ゲームレビュー 週刊アトラス

2024/4/14

ユニコーンオーバーロード 感想・レビュー byみなと / 事前に作戦、バトルはオート!超美麗シミュレーションRPG

『ユニコーンオーバーロード』をクリア!シミュレーションRPGに触れたことがない人でも楽しんでプレイできる作品だと思います。

週刊アトラス

『世界樹の迷宮』を彩る8つの魅力【週刊アトラス】

はじめに

23年2月9日に放送された「ニンテンドーダイレクト」にて発表された、『世界樹の迷宮』のHDリマスター

『世界樹の迷宮』は長く人気のあるシリーズですが、最新作『世界樹の迷宮X』が発売されたのは2018年。
しかも3DSですし、Switchからゲームを始めた人にはよくわからない作品なのではないでしょうか?

そこで今回は、『世界樹の迷宮』というシリーズがどのようなゲームなのか。
魅力を語っていこうと思います。

この記事はみなとがお伝えします。

ちなみに僕がプレイした本編作品は『世界樹の迷宮』『世界樹の迷宮Ⅳ』『世界樹の迷宮X』の3作のみ。
ですので、あくまでこの3作に共通する魅力を語っていきます。

画像は『世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER』公式サイトから引用したものです。
【権利表記 ©ATLUS ©SEGA All rights reserved.】

スポンサーリンク

『世界樹の迷宮』を彩る8つの魅力

自分で地図を書く

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER』公式サイトから引用

『世界樹の迷宮』は、3Dでマス目構成されたダンジョンを1人称で探索する「ダンジョンRPG」です。

どのようなダンジョン構造だったかは、自分で地図を書いて記録することができます。

  • 宝箱の場所
  • 抜け道の場所
  • 怪しい場所
  • 安全なルート

などなど、アイコンも設定できるので思い通りの地図を描くことができます。

オートで地図を書いてくれる機能もありますが、自分で書くと愛着もわくのでオススメです。
地図が完成すると、感動もひとしおですよ。

 

 

自由な編成とキャラメイク

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER』公式サイトから引用

本編シリーズではパーティーキャラクターに固有の個性はなく、プレイヤーが自由に自分で設定してパーティーを組むことができます。

「職業」や「見た目」は用意されたものから、ある程度自由に組み合わせられますし、名前も自由につけられます。
性別は特に指定されないので、「見た目とはギャップのある性別」に想定してもOKです。

パーティー編成も自由で、決まった正解がないのも魅力です。

「パラディン5人」といった偏った編成でも、怒られたりはしません。
まぁ相応に難易度は高くなりますが。

 

 

「スキルポイント」を消費して自由にスキルを取得する

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER』公式サイトから引用

レベルアップで手に入る「スキルポイント」を割り振り、新たなスキル(技や魔法)を習得したり強化したりできます。

プレイスタイルや、その職の役割に合わせて自由に設定できます。

とにかく、育成や探索に関しては非常に自由度の高い作品です。

 

 

ランダムにエンカウントする雑魚敵と、ダンジョンを徘徊する強敵(F.O.E)の存在

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER』公式サイトから引用

『世界樹の迷宮』は、ダンジョン探索中にランダムに敵と戦います。
しかし中には、最初からシンボルが見えているタイプの敵が徘徊していることがあります。

これを今作では「F.O.E(フィールド オン エネミー)」と呼んでいます。

「F.O.E」は遭遇時点では歯が立たないほど強く、上手に逃げたり避けたりするべき相手です。
徘徊パターンは固定なので、徘徊ルートを確認したりと、とても緊張感のある相手です。

しかし無敵ではないので、いずれは倒せるようになります。
その時に落とす素材がまた強力なので「逃げる時の緊張感」と「倒せたときのカタルシス」を味わえる相手として、とても無視できない存在です。

 

 

「状態異常」や「封じ」が重要な戦闘

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER』公式サイトから引用

『世界樹の迷宮』のバトルは、今ではちょっと珍しい「コマンド選択式のRPG」です。
パーティーメンバーそれぞれが取る行動を指定し、その通りにターンを進めるタイプの戦闘です。

で、このバトル。
難易度は高めです。
大事なのは「状態異常」と「封じ」。

状態異常の効果は他のRPGと比べてもかなり高く、例えば「毒」でのダメージでいきなり体力の半分以上を失うことも。

「封じ」は特定の部位を使う攻撃を封印する効果で、例えば「頭封じ」を受けると呪文を使うタイプのスキルが使えなくなります。

「状態異常」と「封じ」。
もちろん、こちらが受けると非常に怖い効果ですが、敵にもしっかり効きます。
ボス戦でも効くことが多いのも、このシリーズの特徴かもしれません。

バトル難度は高めですが、低難易度モードも用意されているのでダンジョンRPG初心者でも安心してプレイできます。

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER』公式サイトから引用

 

 

ゲームブック風の、特徴的なテキスト

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER』公式サイトから引用

パーティーキャラが無個性なので、ゲーム内での出来事を伝えるのは「ナレーション風のテキスト」となります。
このテキストは、ゲームブック風の特徴的な言い回しとなっています。

「君たちは○○してもいいし、しなくてもいい」

といった感じです。

この言い回しに懐かしさを感じる人もいると思います。
そうでなくとも、これまでにない新鮮な印象を受けるのではないでしょうか。

 

 

キャラクターデザインは日向悠二氏

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER

世界樹の迷宮 I・II・III HD REMASTER』公式サイトから引用

シリーズを一貫して、キャラクターデザインは日向悠二さんが担当されています。

比較的硬派なゲーム内容に対し、とてもポップでカワイイ絵柄です。
このシリーズが人気作になった要因の1つと言えると思います。

リマスターでもかなりの数のキャラを描き下ろされているので、必見です。

最近では『A列車で行こう はじまる観光計画』も、この方のデザインです。

 

 

サウンドは古代祐三氏

サウンドは代々、古代祐三さんが担当されています。

激しくカッコイイバトル曲に、探索時のしっとりとした曲。
安心する街の曲など、良曲ぞろいです。

まぁ、↑で貼ったのは『Ⅳ』の曲なので今回のリマスター版では収録されませんが・・・。
だって『Ⅳ』の曲が特に好きなんですもん・・・。

 

 

シリーズの系譜

本編シリーズ

作品名 機種 発売日
世界樹の迷宮 DS 2007年1月18日
世界樹の迷宮II 諸王の聖杯 DS 2008年2月21日
世界樹の迷宮III 星海の来訪者 DS 2010年4月1日
世界樹の迷宮IV 伝承の巨神 3DS 2012年7月5日
世界樹の迷宮V 長き神話の果て 3DS 2016年8月4日
世界樹の迷宮X 3DS 2018年8月2日
第一作目の『世界樹の迷宮』は、ニンテンドーDS用ソフトとして2007年に発売されました。
それから16年。
まさかのリマスターで驚きました。

 

リメイク・コラボ

作品名 機種 発売日
新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女 3DS 2013年6月27日
新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士 3DS 2014年11月27日
ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス 3DS 2014年6月5日
ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス 3DS 2018年11月29日
世界樹と不思議のダンジョン 3DS 2015年3月5日
世界樹と不思議のダンジョン2 3DS 2017年8月31日

『新・世界樹の迷宮』は第一作の、『新・世界樹の迷宮2』は第二作のリメイク作です。
オリジナル版をベースに、キャラクターがメインのストーリーモードが足されています。

『ペルソナQ』は『ペルソナ』シリーズとのコラボ作品です。
システムは『世界樹』で、キャラクターや固有名詞は『ペルソナ』から採用されています。

『世界樹と不思議のダンジョン』は、『不思議のダンジョン』シリーズとのコラボ作品です。
こちらはシステムを『不思議のダンジョン』にしていますので、ローグライクタイプのゲームとなっています。

 

 

おわりに

人によって「どこが気に入っているか」は変わると思います。
この記事を読んで「おっ」と思う部分があれば、リマスター版を触ってみてはいかがでしょうか?

 

さて、今回の【週刊アトラス】はいかがでしたか?

それでは、コンゴトモヨロシクお願いします。

関連記事
世界樹の迷宮X
世界樹の迷宮X(クロス) 感想・レビュー byみなと / 大ボリュームのシリーズ集大成

『世界樹の迷宮X』をクリア!クリア時の感想とレビューをお伝えします。プレイ時間90時間越え。大ボリュームです。

【週刊アトラス】関連記事はこちら

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-週刊アトラス
-,