ゲーム情報

2022/11/23

『ソウルハッカーズ2』アプデ! みなとも Game News Pick Up 22年11月16日~22日

22年11月16日~22日のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!『十三機兵防衛圏』3周年記念特番が28日に放送。など。

ゲームの旅路

2022/11/20

『ポケモンSV』夫婦で同時プレイ開始! 【ゲゲ語り】vol.135

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『ポケモンSV』『Finding Paradise』など。

ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略

2022/11/23

ポケットモンスター スカーレット・バイオレット 感想・ファーストレビュー / 想像を超える自由度のオープンワールドで大冒険

ポケモンもついにオープンワールド!『スカーレット』と『バイオレット』2作を購入し、夫婦でそれぞれプレイした感想・第一印象をお伝えします。

ゲーム情報

2022/11/16

GOTY候補が決まる / 『スプラ3』新シーズン情報が解禁 みなとも Game News Pick Up 22年11月9日~15日

22年11月9日~15日のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!『メガテン』30周年セール中。ゲームカタログの11月追加タイトルは?など。

ゲーム情報

2022/11/15

『GOODBYE WORLD』『ポケモン スカーレット/バイオレット』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年11月10日~11月23日

22年11月10日~11月23に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『Finding Paradise』『ローグレガシー2』などなど。

ゲームの旅路

2022/11/13

フェスを楽しむ / 新作パズルゲームで整頓整頓 【ゲゲ語り】vol.134

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『A Little to the Left』『黄泉ヲ裂ク華』など。

A Little to the Left

ゲームレビュー

2022/11/13

A Little to the Left 感想・レビュー byとも / 心地よい整頓パズルでスッキリ!

並び替えたり配置したりで気持ちよくお片づけをするパズルゲーム『A Little to the Left』の感想・レビュー・評価をします。

ゲーム情報 特別企画

2022/11/15

みなとも対談【Indie World 2022.11.10】感想 ~私たちが感じたこと~

インディーズゲームを紹介する『Indie World(インディーワールド)2022.11.10』。放送を観た私たちが気になったタイトルについて、対談形式でお伝えします。

週刊アトラス

【真3HD】いざ、パトラッシュ!死因あるある【週刊アトラス】

はじめに

真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER』をプレイしていて、ゲームオーバーになった回数は1度や2度ではないはず。
初見なら、なおのこと。

そこで今回は、死因あるあるについて考えてみました。

思わず「あるある!」と言ってしまいそうなものから、「え?そんな死に方もあるの?」というものまで取り揃えております。

この記事はみなとと、
ともがお伝えします。

ちなみに『メガテン3』では、死んでゲームオーバーになった時の様子が「天に召される『フランダースの犬』のシーン」に似ていることから、ゲームオーバーの事を「パトラッシュ」や「パトる」と呼ばれています。

真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HD REMASTER パトる

画像はゲーム本体のスクリーンショット機能で撮影したものです。
【権利表記 ©ATLUS ©SEGA All rights reserved.】

スポンサーリンク

死因

物理反射にオート

定番!

通常攻撃を自動でしてくれる「オート機能」。
オートにしたまま、席を外して他のことができてしまいます。

そんな便利なオートですが、それが通用するのは弱い相手のみ。
もしそこに、ギリメカラなどの「物理反射」持ちの悪魔がいたら大変。

自分の攻撃をまともに受けてしまい、最悪ゲームオーバー。

通常攻撃でも大丈夫な相手が登場→オート攻撃→席を外す→気が付いたら2戦目は物理反射持ちの悪魔。
という状況になったことがあります。
死なずに済みましたが危なかったです。

 

 

いきなりムドオン・ハマオン

呪殺魔法(ムド系)や破魔魔法(ハマ系)は、確率で即死してくる恐ろしい攻撃です。
どんなにHPが残っていても、当たってしまえば一撃で死んでしまいます。

なかでも「ムドオン」と「ハマオン」は成功確率が高く(60%)、非常に恐ろしい攻撃です。
もし敵の先制攻撃などで対策も取れずに撃たれたら・・・。

「ムドオン」は演出もそこそこ長いので、確定するまで祈るような気持ちで待ったりします。
もし、弱点属性のマガタマを装備していたらと思うと、気が気じゃありません。

 

 

モト劇場

真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HD REMASTER モトの画像

『メガテン3』を語るうえで外せない、語り草となる「モト劇場」。
確率自体は高くないとはいえ、ハマれば本当になすすべもなく倒されてしまいます。

step
1
「眼光」という行動回数を増やすスキルを駆使し、

step
2
「マカカジャ」で魔法攻撃力を限界まで強化し、

step
3
万能全体特大ダメージの「メギドラオン」を放つ

すると、あら不思議!
味方が全員消し飛んで、ゲームオーバー画面に!

もう見ているしかないので「劇場」なんですよねぇ。
対策としては、モトが出たら補助スキルで強化・弱体をしっかりするとか、弱点属性スキルで畳みかけるくらいでしょうか。

 

 

自爆や特攻の直撃

スライムなどが持っている「自爆💣
自らを犠牲にして、周囲へのダメージを与える攻撃なのですが、主人公の残りHPによってはこの攻撃はかなり怖いのです。

一度、主人公のHPが低い時に「自爆」をされゲームオーバーを覚悟しました。
なんとかギリギリ死なずに済みました。

同様の単体スキル「特攻」も、かなり恐いです。

 

 

テトラカーン・マカラカーン

  • 「テトラカーン」は物理を反射にする防御魔法
  • 「マカラカーン」は魔法を反射にする防御魔法

『真・女神転生Ⅲ』では効果は1ターンですが、敵全体にかかっています。
ついついうっかり攻撃をしてしまうことも・・・。

しかも、タルカジャなど攻撃力をアップする魔法をかけていたら、そこに待つのはゲームオーバーかも。

 

 

永眠のいざない

北海道在住30代会社員

「呪殺」も「破魔」も、対策バッチリ。
これで即死は恐くない!

 

・・・本当にそうでしょうか?

『メガテン3』には、特定の状態異常の相手を即死させるスキルが存在します。
代表的なのが、「永眠の誘い(いざない)」です。

このスキルは、睡眠状態の相手を確実に即死させるという、恐ろしい効果なのです。

睡眠中はHPもMPも回復するので、ちょっとお得。
ですが、油断していると・・・。

 

 

バックアタックでクリティカル

敵からの先制攻撃。
普通の状態と「バックアタック」の状態とがあります。

どちらも相手に先手を取られた状態ですが、なにが違うのでしょうか?

実は、クリティカル率と命中率が上がっているのです。

比較的外しやすい物理スキルも、当たりやすく。
そもそもクリティカル率が高い物理スキルは、さらにクリティカルが発生しやすくなります。

クリティカルで行動回数を増やされ、何もできずに昇天
なんてこともあるのです。

 

 

マガタマ替え忘れ

真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HD REMASTER マガタマ

ボスの弱点と攻撃魔法を攻略本でチェック。

それを踏まえて仲魔の入れ替えを重点的に行い、いざ出陣!

そして攻撃を食らって思い出すのです。

マガタマ替え忘れた!

マガタマは主人公専属の防具のようなもの。
それぞれ強みや弱点が変わるのです。

そのマガタマをボスに合わせずに戦闘。
しかもたまたま、ボスが使ってくるものが弱点だった場合は、確実にゲームオーバーです。

 

 

デカジャ・デクンダ用意し忘れた

真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HD REMASTER カジャかけまくり

補助系スキル(バフ・デバフ)を甘く見てはいけない、『メガテン3』。
当然敵も、ガンガン使ってきます。

カジャ系は、強化魔法。
ンダ系は、弱体化魔法です。
それぞれ4回まで重ねがけできますが、その効果は非常に大きいです。

なので、その効果をリセットできる「デカジャ」と「デクンダ」は、あるとないとでは大違いです。

直接ダメージ等を与えるスキルではないので、ちょっと忘れがち。

 

 

回復役不在

強い物理攻撃を持った仲魔をメンバーに入れて、強い魔法攻撃を持った仲魔もメンバーに。

これで大丈夫と、意気揚々とボス戦へ。

そして攻撃されて気が付くのです。

あれ?回復役いないじゃん!

回復アイテムを使ってなんとかしのぎますが、アイテムを使えるのは主人公のみ。
主人公の手から消費される、貴重な回復薬。
そしてだんだんとアイテムだけでは間に合わなくなっていき、

あぁ、回復役がいれば・・・。

と思いながら滅されていくのです。

 

 

石化からの物理攻撃

もし石化してしまったら、ピンチ!

石化状態で物理スキルや通常攻撃が当たると、即死してしまいます。

石化攻撃事態は呪殺属性なので、呪殺の対策が取れていれば大丈夫です。

まぁ耐性のないマガタマの時に限って、よく当たるんですが。

 

 

感電・凍結からのクリティカル

電撃攻撃(ジオ系)を受けると、一定確率で「感電」。
氷結攻撃(ブブ系)の場合、一定確率で「凍結」。

この状態で物理攻撃を受けると、必ずクリティカルになります。

クリティカルの恐ろしさは言わずもがな。

感電等は、こちら側が取る戦法としても効果的です。
凍ってる敵は、殴りましょう!

 

 

魅了→仲魔なぐる→物理反射

サキュバスなどがしてくる「魅了」攻撃。
魅了にかかると、その人にメロメロにされ、だんだんと味方である仲魔が憎くなってきます。

人修羅くん

あいつなんていなくなればいい!

と殴りにかかる主人公。

だがそこにいたのは、ギ リ メ カ ラ

無情にも物理反射され、正気に戻ったころには天国なのです。

 

 

とてつもなく恐ろしい悪魔の気配がする

真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HD REMASTER 魔人遭遇

条件を満たし特定の場所を通ると、「とてつもなく恐ろしい悪魔の気配がする」と表示されます。
これは強力な悪魔・魔人が出現する合図です。

初回のマタドール以外は、その場から逃げる選択肢もありますが・・・。

逃げられずに戦闘開始されてしまうこともあります。

準備ができていない魔人戦は、非常に過酷!

ターミナルの目の前に陣取る魔人もいますし、セーブできずに遭遇してゲームオーバーになったこともあります。

 

呪いの空間

「アマラ深界」の一部のエリアにある「呪いの空間」は、数歩進むごとにHPが半減してしまう恐ろしい場所。

ここではあっという間にHPが1になってしまいます。

敵の出現率を下げる魔法などを駆使して慎重に進んでいきたいところですが・・・。

こういう時に限ってバックアタックとかされるんですよねぇ。
しかも他の場所より敵が強いんです。

 

 

おわりに

さて、今回の【週刊アトラス】はいかがでしたか?

とんでもないところに「死」が待っている『メガテン3』。
でもそんなところが、おもしろかったりするのです。

今回書いた「あるある」は、ちょっと攻略の助けになったりするかもしれません。

油断大敵!
ボス戦後のターミナルまでの道のりも、気を付けて!

それでは、コンゴトモヨロシクお願いします。

【週刊アトラス】関連記事はこちら

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-週刊アトラス
-,