ゲームの旅路

2022/5/15

『ソルト&サクリファイス』開始 / 『ウイングスパン』はバグだらけ 【ゲゲ語り】vol.108

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『アルセウス』『ライザ』『WINGSPAN』『ソルトアンドサクリファイス』です。

Déraciné(デラシネ)

ゲームレビュー

2022/5/14

Déraciné(デラシネ) 感想・レビュー byとも / 優しさと愛があふれる反面、ダークな一面も!?

フロムソフトウェアが手掛けたPSVR専用ソフト『Déraciné(デラシネ)』のレビュー・感想です。プレイヤーは妖精となり、子どもたちのお願いを聞くことに・・・。

ゲーム情報 特別企画

2022/5/12

みなとも対談【Indie World 2022.5.11】感想 ~私たちが感じたこと~

22年5月11日に配信された「インディーワールド」で紹介された全タイトルをリスト化。その中から気になるタイトルをピックアップして夫婦で語ります。

ゲーム情報

2022/5/11

「インディーワールド」が11日23時に放送 / 『あつ森』フロッキードール第3弾が発売 みなとも Game News Pick Up 22年5月4日~10日

22年5月4日~10日の間のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!「Indie World 2022.5.11」は11日午後11時頃。『カービィ』の一番くじがカワイイ。など。

ゲーム情報

2022/5/10

『春ゆきてレトロチカ』『Salt and Sacrifice』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年5月5日~5月18日

22年5月5日~5月18日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『Trek to Yomi』『錬金術師シミュレーター』などなど。

ゲームの旅路

2022/5/9

フロムゲーを2つトロコン / 『アルセウス』開始 【ゲゲ語り】vol.107

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『トランシルビィ』『黄昏ニ眠ル街』『Déraciné』など。

私たちのお気に入り 週刊アトラス

2022/5/8

【アイロンビーズで作ってみた】だいそうじょう『真・女神転生シリーズ』

アイロンビーズ(パーラービーズ)で作成した、『真・女神転生シリーズ』のキャラクターを図案と共に公開します。今回は風鈴(ウインドチャイム)に挑戦!

トランシルビィ タイトル

ゲームレビュー

2022/5/7

トランシルビィ 感想・レビュー byみなと / 心地よいアクションと音楽が楽しいSF和メトロイドヴァニア

かわいいシルビィと謎の大陸を冒険!スキップモアが贈る爽やか探索アクション『トランシルビィ(Transiruby)』の感想・レビューです。

週刊アトラス

【真5】仲魔コンテスト!さまざまな視点で勝手にランキング【週刊アトラス】

はじめに

21年1月『真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER(以下『真3HD』)』で仲魔にできる悪魔たちを、見た目重視で選考した『仲魔コンテスト』を当ブログでおこないました。

今回はその『真・女神転生Ⅴバージョン!

『真3HD』では登場しない仲魔で『真・女神転生Ⅴ(以下『真5』)』で仲魔にできる悪魔たちを、見た目重視で選考!
いろんなジャンルで「トップ5」ないし「トップ3」を決めて、勝手に表彰する企画です。

選考ジャンルは随時更新していきますが、22年2月27日は、

  • ○○がいっぱいな仲魔
  • カワイイ女の子仲魔

を追加発表。

 

  • ポージングがステキな仲魔
  • わいせつ物陳列罪な仲魔
  • セクシーな女性の仲魔

も合わせてお楽しみください。

完全に私たち夫婦の独断と偏見で選んでいます。

この記事はみなとと、
ともがお伝えします。

画像はゲーム本体のスクリーンショット機能で撮影したものです。
【権利表記 ©ATLUS ©SEGA All rights reserved.】

スポンサーリンク

○○がいっぱいな仲魔 TOP5

悪魔たちの姿は、基本的には神話や伝承にのっとったデザインになっています。
「首がいっぱい」「手がいっぱい」など、中にはおどろくような数のものを持っていたり生やしていたりします。
3Dモーションでそれだけのものを動かすのも大変そうですね。

そんな、〇〇がいっぱいな仲魔をランキング!

第5位

破壊神 チェルノボグ

チェルノボグ

夜と悪と死を司るチェルノボグ。
その足元からはキノコがいっぱい!
非常食にピッタリ・・・と思いましたが、毒キノコっぽいですよね。

もしやこの毒キノコで死なせているのかな。

 

第4位

邪龍 ヴァスキ

ヴァスキ

今まであまり注目されてこなかった(うちらだけ?)ヴァスキ。
『真Ⅴ』では重要なポジションに就き、注目されるようになりました。(うちらだけ?)

さてそのヴァスキは手が6本もあります。
下の2本は印を結んでいるようです。

・・・よくよく見ているとカマキリに見えてきました。
カマキリも足6本ですね。

 

第3位

邪龍 ヒュドラ

ヒュドラ

今作初登場のヒュドラ。

一目瞭然ですね。
いっぱいなのは「首」。
なんと9本もあります。

その巨体、首の数、そして強さ。
インパクト十分で、印象に残る悪魔です。

 

第2位

魔神 アタバク

アタバク

インドの明王アタバク。
インド系の神様は総じて腕が多いですが、このアタバクは顔もいっぱいです。
三面を向いていて、さらに頭の上にも頭。

腕も8本で、他のインド系の神様の中でも多め。
もっと言うと武器も多いです。
贅沢ですね。

 

第1位

魔王 アモン

アモン

一見、「ん?どこがいっぱいなの?」という感じの魔王アモン。
実は、蛇部分の身体の模様ひとつひとつが眼なのです。

実際のゲーム画面で動きを見るとよくわかりますが、模様がギョロギョロと動いて、なかなかの恐ろしさです。

アモンは伝承では「自分を召喚した者に過去と未来の知識を教える」とあります。
その無数の眼で過去や未来を視ているのかもしれませんね。

 

 

カワイイ女の子仲魔 TOP5

恐ろしい見た目の悪魔だけではなく、『メガテンシリーズ』にはカワイイ悪魔もたくさん登場します。
そういった点も、このシリーズの魅力の1つですよね。

その中でも女の子悪魔に絞って、カワイイ女の子仲魔をランキング!
男の子系は、後日改めて紹介します。

第5位

凶鳥 モー・ショボー

モー・ショボー

比較的古参の凶鳥モー・ショボー。
モンゴル出身の悪魔です。

今作では、モー・ショボーはダアト内のさまざまなところで見かけます。
飛んでいたり、足をパタパタしていたり、その仕草のかわいらしさはかなりのもの。
友好な NPC としての登場も多いので、出会ったらじっくり眺めると良いでしょう。

 

第4位

夜魔 リリム

リリム

セクシーでもあり、かわいくもある。
そんな夜魔リリム。

とある場所では、いろんなポーズのリリムを見ることができます。
リリムファンにはたまらない場所ですよ。

 

第3位

幻魔 アマノザコ

アマノザコ

『真Ⅴ』で初登場したアマノザコ。
クエストナビ(調査ポイントを教えてくれる)として登場します。

見た目や声(CV.大空直美)、調査ポイントで敵と遭遇した時の言い訳もかわいいです。
なので「クエストナビといえばアマノザコ」として活躍してくれました。

 

第2位

魔人 アリス

アリス

アリスが堂々の2位。
そのかわいさと可憐な見た目とは裏腹に、スキル「死んでくれる?」では敵全体ランダムに呪殺攻撃をしかけます。

その健気さ?に夫婦共々メロメロで、ワンコインフィギュアもTCG(カード)も揃っています。

『真Ⅴ』では違いますが、いつもならネビロスとベリアルを合体することで誕生するアリス。
2人の寵愛を受けている女の子です。

 

第1位

女神 イズン

イズン

アトラスが「かわいい」をコンセプトにした悪魔「イズン」。
『真Ⅴ』で誕生しました。
専用スキル「黄金のリンゴ」(回復+補助)の演出もアイドルっぽくて、かわいさがあふれだしています。
気になる方はこちらをチェック→【真5】カッコイイ!かわいい!怖い!専用モーションが必見の悪魔10選【週刊アトラス】

実はこのイズンは、神々が永遠の若さを保つための「黄金のリンゴ」の管理者でもあります。
見た目よりも、ずっとしっかり者です。

 

 

ポージングがステキな仲魔 TOP3

『真5』は、悪魔たちの凝ったモーションも魅力の1つ。
ポージングも丁寧に描写されていて、原画そのままのポーズが迫力満点です。

その中でも必見の、ポージングがステキな仲魔をランキング!

 

第3位

魔神 ゼウス

『真・女神転生5』

ギリシャ神話の主神らしく、威風堂々とした出で立ちのゼウス。
腰に手を当てたシンプルなポーズですが、それだけでその自信と実力がうかがえます。

バトル中のポーズもなかなかカッコイイんです。

 

第2位

魔王 メフィスト

『真・女神転生5』

『真4F』で新登場のメフィスト。
メフィストは有料DLCですが、とても頼りになる男です。

さて、その男のポージングですが、見てください。
この見下した感じ!
戦闘中の演出でも小バカにした感じです。
でも、憎めないんですよねぇ。

ちなみに浮いているので、体幹やつま先バランスがスゴイのではありません。

 

第1位

邪鬼 マカーブル

『真・女神転生5』

「死の舞踏」ことマカーブル。
その名の通り、ダンスのようなモーションが特徴的な悪魔です。

鎌を携えたポーズは、その構え方もハイセンス。
キビッキビッとした動きも、とてもマカーブルらしくてカッコイイです。

 

 

わいせつ物陳列罪な仲魔 TOP5

「本当に3D化して大丈夫なんだろうか?」

と思ってしまうほど、見た目の危険度が高い悪魔もたくさん登場します。
もろに見せてしまっているレベルのものや、それそのものといった「わいせつ物陳列罪な仲魔」を勝手にランキング!

どんなアウトな悪魔が出てくるか、気になりませんか?

第5位

幽鬼 クヴァンダ

『真・女神転生5』

クヴァンダはほとんど骨と皮で馬の頭をした幽鬼ですが、全裸にマントという姿はいかがなものか。
別に何かが見えているわけではありませんが、身体を隠しもせずに丸出しなのは恐れ入ります。

というかクヴァンダって、実は女性悪魔なんです。
・・・ならなおさら、この見せ方はまずい。

 

第4位

鬼女 マナナンガル

『真・女神転生5』

上半身と下半身がちぎれてしまっていますが、移動する時も一緒。
そしてお尻をサスサス・・・。

身につけているものは何もなく、寒そうではあるのですが、敵の生き血をすすって幸せそうです。

また見た目はドMなのに、性格はドS。
これぞギャップ萌え??

 

第3位

邪神 ミシャグジさま

『真・女神転生5』

見た目が裸とか、そんな次元ではないミシャグジさま。
頭部がまさに「そのもの」ですね。

持っている武器は「御柱」をイメージしているみたいです。
「御柱」は、要するにアレです。

 

第2位

魔王 アリオク

『真・女神転生5』

見せてはいけないものが丸出し!
というより前面に出ちゃっています!

そこから「うごめくもの」に目が行ってしまい、顔よりも真っ先に見てしまうという罠に十中八九はまります。

ちなみに顔の位置もおかしなことになっています。

 

第1位

魔王 マーラ

『真・女神転生5』

2位のアリオクのヤバさを越えてアウトなのがマーラ様。
もうモロです、モロ!
そのものです。

舌や下唇も動いて、さらにヤバさMAXです。

 

 

セクシーな女性の仲魔 TOP5

美しいだけではなく、見た目がとっても煽情的な悪魔も多いのが、『メガテン』の特徴でもあります。
しかも、媚びたような狙ったエロさではなく、悪魔らしいセクシーさが魅力的です。

そんなセクシーな女性の仲魔を勝手にランキング!

メロメロになっちゃいましょう。

第5位

鬼女 マーメイド

『真・女神転生5』

今作の中でもトップクラスの人気を誇る、マーメイド。
それも納得の、とんでもないセクシーさです。

ほぼ素肌が見えていますが、大事なところは隠れています。
尾ひれまで含んだボディーラインは美しく、憂いをおびた表情もステキ。

 

第4位

鬼女 ラミア

『真・女神転生5』

腰をくねくねとさせ、お胸は髪の毛で隠す・・・。
お顔立ちも整っていて、唇がセクシー。

このお姿で夜魔ではなく、生き血が大好きな鬼女なのです。

こんな美人さんに「血が欲しい」と言われたら、喜んで差し上げてしまいます。

 

第3位

地母神 ジョカ

『真・女神転生5』

その見た目と話術ですっかり虜になってしまったのがこのジョカ!
めちゃめちゃセクシーです。

上半身は半分素肌が出ちゃっていて、肩甲骨も丸見え。
下半身もほぼほぼ素肌です。

このお姿で言い寄られたら、もう「はい!」と従うほかありません。

しかし意外にも魅了系の技は持っていません。

 

第2位

女神 アナーヒター

『真・女神転生5』

川や水を司る女神、アナーヒター。
『ディープストレンジジャーニー』で初登場した時から、そのセクシーさでプレイヤーにインパクトを与えた悪魔です。

もうね、全裸です。
しかもかなりグラマラスな体型で、ポージングで隠してるのでモデル感があります。
裸婦画レベルの美しさです。

 

第1位

鬼女 クレオパトラ

『真・女神転生5』

今作でもダントツのセクシーさを誇るのが、DLC悪魔であるクレオパトラ。
見た目もスキルも「セクシー」に全振りした潔さです。

目線、表情、動き、ポーズ。
どれもこれもセクシーで、使う時は周りの目が気になるレベル。

専用スキルなんて「ファイナルヌード」ですからね。
もう、セクシーすぎます。

 

 

おわりに

Switchで出るにあたり、悪魔の表現や描写も格段に進化した『真・女神転生Ⅴ』。
見た目がスゴイ悪魔も、しっかりキッチリ3Dになっていて見応え十分でした。

印象的で、個性的な悪魔たち。
この記事で興味が湧いた人は、ぜひ本編を触ってみてください。

さて、今回の【週刊アトラス】はいかがでしたか?

それでは、コンゴトモヨロシクお願いします。

【週刊アトラス】関連記事はこちら

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-週刊アトラス
-,

© 2022 ゲーマー夫婦 みなとも =夫婦で運営するゲームブログ= Powered by AFFINGER5