解説・操作方法・攻略

Nintendo Switch『ピクロスS2』 ゲーム内容解説 byとも

2018/08/17

17年9月に配信開始された、Nintendo Switch用ダウンロードソフト『ピクロスS』の続編が18年8月に発売されました。

今回は、『ピクロスS』との違いや新機能等を解説いたします。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2018年8月2日
発売元 任天堂 
開発元 ジュピター 
ハード Nintendo Switch
ジャンル パズル
プレイ人数 1~2人 
対応コントローラー  Proコントローラー
プレイモード TVモード、テーブルモード、携帯モード
CERO A(全年齢対象)
通常価格 900円(税込)
公式サイト ピクロスS2(任天堂公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの

 

ゲーム内容

新しく搭載されたものを特筆します。
『ピクロスS』と同じ機能については、こちらを
→ Nintendo Switch『ピクロスS』 ゲーム内容解説byとも

 

メインメニュー

ピクロス、メガピクロス、クリップピクロス、チュートリアル、オプションの5つ。
問題数の内訳はこちら「問題数の内訳一覧

 

オプション

▼パズル中の操作

  • マーク削除の長押し時間
    マーク、つまり仮塗りのことですが、そのマークを一括削除する際のボタンの長押し時間を設定できます。
     
  • LRボタンの機能
    「L:ナビ R:カウント」「R:カウント L:ナビ」のどちらかを選択。

    「ナビ」とは、「ナビゲーション機能」を選択している際に、プレイ中にオンオフができる機能です。
    「カウント」とは、マス数を数えてくれる機能です。

  • カウント開始の入力方法
    「ボタンを押し続ける」「ボタンを1回押す」のどちらかを選択。

 

▼サウンド

パズル中のBGMをパズルの種類によって、選べるようになりました。
またBGMの種類が3種類から4種類に増え、さらに「ヒーリングサウンド」として、「海のさざなみ」が加わりました。

 

問題と問題数の内訳一覧

ピクロスとメガピクロス

各問題はこんな大きさ。
なお、問題の一部は塗りつぶしています。(『ピクロスS』の「ピクロス」の画像を使用)

5×5

10×10

15×15

20×15

 

  [5×5] [10×10] [15×15] [20×15] 合計
ピクロス 3問 57問 75問 15問 150問
メガピクロス 3問 57問 75問 15問 150問

 

クリップピクロス

『ピクロスS2』から採用されたクリップピクロス。
『ピクロスe』シリーズにあった「ミクロス」に近いパズルです。

「ピクロス」や「メガピクロス」の各ページのラストの問題と、各ページを全て解くと、「クリップピクロスのピース問題」が開放になります。
それらを解くと、大きな1枚絵になり、ギャラリーで見ることができます。

  クリップ1 クリップ2 クリップ3 クリップ4 クリップ5
[5×5] 3問 1問      
[10×5] [5×10] 2問 4問 1問 2問  
[5×15] 1問     2問 1問
[20×5]       1問 2問
[10×10] 3問 4問 7問 3問 13問
[10×15] [15×10] 1問 1問 9問 6問 17問
[15×15]     2問 3問 16問
[20×10]     1問 2問 6問
[20×15]       1問 5問
  クリップ1 クリップ2 クリップ3 クリップ4(※) クリップ5(※)
合計 10問 10問 20問 20問 60問

(※)クリップ1~3をすべてクリアすると、開放になります。

 

『ピクロスS』と『ピクロスS2』との違い、まとめ

増えたこと

  • 動画撮影機能追加。
    Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しました。
    キャプチャーボタンを長押ししたら、30秒前のプレイ動画を保存・投稿が可能です。
     
  • BGMが3種類から4種類に。
    さらに「ヒーリングサウンド」も追加。
     
  • 新モード「クリップピクロス」の追加。
     
  • 大きなサイズの問題を解くための高度なチュートリアルが追加。
     
  • 「カウント」を採用。
    下記の動画を参照してください。

 

その他

  • 『ピクロスS』より、100円高い

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間(記事作成時) 5時間
シリーズのプレイ状況(とも ピクロスDS(DS)
ピクロスe
(3DS)
ピクロスe2
(3DS)
ピクロスe3
(3DS)
ピクロスe4
(3DS)
ピクロスe5
(3DS)
ピクロスe6
(3DS)
ピクロスe7
(3DS)
クラブニンテンドーピクロス(3DS)
クラブニンテンドーピクロス+(3DS)
マイニンテンドーピクロス ゼルダの伝説トワイライトプリンセス(3DS)
ピクロスS(Nintendo Switch)

 

まとめ

やはり来ました、『ピクロスS2』。

3DSよりも大画面で、大きな問題を解けるのが、やはり良いです。

通常価格は、900円(税込)です。

『ピクロスS』のレビューはこちら
→ Nintendo Switch『ピクロスS』 レビューbyとも

『ピクロスe』シリーズのレビューはこちら
→ ピクロスe、e2、e3、e4、e5、e6、e7 レビューbyとも
→ ピクロスe8 レビューbyとも

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-解説・操作方法・攻略
-, , ,