ゲームレビュー

3000th Duel 感想・レビュー byみなと / ソウルでヴァニアな良デザインRPG

2020年3月1日

評価:4

3000th Duel

今回レビューするのは、『3000th Duel』。

「Neopopcorn」という開発社が手掛けた、2DアクションRPGです。
2Dゲームですが、グラフィックは3Dで描かれており、ヌルヌル動きます。

『ダークソウル』シリーズと「メトロイドヴァニア」のシステムを採用した高難度ゲームです。

経験者には「『ソルトアンドサンクチュアリ』に近い」と言えば伝わるでしょうか。

それでは、感想・レビューいってみます。

読み方は「スリー サウザンス デュエル」ですかね。
「Neopopcorn」がどこの国の開発社なのか、調べてもよく分かりませんでした。
多分、韓国だと思うんですが・・・。

スポンサーリンク

概要

『3000th Duel』概要 (クリックすると展開します)

20年3月1日時点の情報です。

発売日 2020年2月20日
発売元 Neopopcorn
開発元 Neopopcorn
ハード Nintendo Switch
ジャンル アクションRPG
プレイ人数 1人
CERO B(12才以上対象)
通常価格(税込) ダウンロードソフト 1,520円
公式サイト 3000th Duel(任天堂公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 © Neopopcorn Corp.

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

ゲーム内容

仮面の戦士となり、2Dマップを縦横無尽に冒険します。

  • 太刀

の3ジャンルの武器や、魔法を駆使して戦います。

操作方法

3000th Duel

「コントローラーを設定する」を選択すると、各ボタンのキーコンフィグが可能です。

「OK / キャンセル切り替え」もできます。

ソウルライク

『ソウル』シリーズとの、主な類似点をまとめます。

  • 「保存の石像」を調べることでセーブ・完全回復
  • 一部の敵は「保存の石像」を調べた時に復活
  • 敵を倒すと「カルマ」を得る
  • 「カルマ」はレベルアップや買い物、武器や魔法の強化に使う
  • レベルアップは各地にある「レベルアップの石像」でおこない、好きなステータスを上げられる
  • 死亡すると、「カルマ」を全て失う
  • 死亡した場所に再度訪れれば、「カルマ」を回収可能
  • 回収できずに再度死亡すると、その時回収できなかった「カルマ」は永遠に失われる

3000th Duel

死亡した場所では↑のように「カルマの塊」のようなものが出現し、攻撃してきます。
こちらの攻撃を3回当てれば回収します。

また、雑魚敵は画面切り替えで復活します。

メトロイドヴァニア

3000th Duel

ゲームを進めると「連続ダッシュ」や「空中ジャンプ」などの移動能力を獲得します。

そうして2Dマップの「行けなかったところ」に行けるようになる メトロイドヴァニア の要素もあります。

壊封石

レベルアップするごとに「壊封石」を獲得。
この「壊封石」を使い、「必殺技ダメージアップ」などのスキルを獲得できます。

「壊封石」は、宝箱等からも入手できます。

良い点

人気ジャンルとしての手堅い作り

「ソウルライク」も「メトロイドヴァニア」も、今やフォロワータイトルが無数にある人気ジャンル。
それらの特長をしっかりと備え、楽しく遊べる作りでした。

トライ&エラーでクリアできる達成感は、ひとしおです。

プレイ時間も長くて20時間と言ったところ。
手ごろな価格で手ごろなプレイ時間で、このジャンルをプレイしたい方にはイチ押しです。

3000th Duel

寝てる・・・。
これは明らかに『ソウル』シリーズの「あのキャラ」を意識していますね。

デザインが良い

3000th Duel

  • キャラクター
  • 武器
  • モンスター
  • ボス

など、全体的にデザインが好みでした。

このタイプのゲームは、グロテスクな敵や気持ち悪いロケーションが出てきがちですが、そういったものは少なかったです。
精神的に安心してプレイできました。

こういう敵もいますが・・・。
だんだんかわいく思えてきます。

再挑戦しやすい

3000th Duel

道中の敵も一部強いですが、『ソウル』シリーズほど鬼のようなのは少なく、今作はボス戦の難しさが特出している印象です。

セーブポイントとボス部屋は比較的近く、再挑戦しやすいのは大きなメリット。

ダッシュが優秀な点と、落下死がない点も、評価したいところです。

不満点

今作ならではの魅力が乏しい

『ソウル』シリーズと「メトロイドヴァニア」のいいとこ取りではありますが、それらは完成されたシステムだからこその良さ。

「今作ならではの魅力」となると、少し乏しいと感じました。

もう1つなにか、『3000th Duel』でしか味わえない楽しみが欲しかったです。

ローカライズは良くない

3000th Duel

↑のような誤字も含め、全体的に日本語が怪しいです。

特に NPC との会話では、何が主語なのかもよく分からない文面になっています。
いちおう、前後の文脈で意味を理解できますが・・・。

物語自体は特に理解しなくても、ゲームプレイに影響がないのが救いです。

そもそもストーリーがよく分からない事も問題ではあります。
まぁ、このタイプのゲームは大体そうなので、様式美なのかもしれませんが。

ポータルの配置が悪い

3000th Duel

発見したポータル↑間をワープできるシステムがありますが、その配置が絶妙に不便でした。

もう少し増やすなり、石像の側にするなりしていれば使いやすかったのですが・・・。

むしろ石像でワープできれば、とても良かったです。

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 21時間

総評

独自要素こそ少ないものの、手堅いシステムと良グラフィックで楽しめました。

強敵にやっとの思いで勝った時は、ガッツポーズも出ました。
倒した瞬間スローになるのも、演出的にはGOODですね。

『ソウル』シリーズや「メトロイドヴァニア」が好きな人には、問題なくオススメしたいタイトルです。

3000th Duel

クリア成績はこんな感じです。
「Burnt Count」が、死んだ数。

我ながら死にすぎですね。
ちなみに、周回要素はなさそうです。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

4+

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!
入力していただいたコメントは、管理人が承認するまで画面には反映されません。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , , , ,

© 2020 ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= Powered by AFFINGER5