特別企画 私たちのお気に入り

2022/12/1

ポケプラ紹介 / 簡単に作れる高クオリティなプラモデル!ポケモンフィギュアとしても優秀

非常に簡単にプラモデルが作れる「ポケプラ」。プラモデル初心者や子どもでも、道具を使わずに作れます。ポケモン好きなら買い!誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントにもピッタリです。

ゲーム情報

2022/11/29

ペルソナ×ヴィレヴァンコラボ! / マリオ映画ダイレクトが30日7時放送 みなとも Game News Pick Up 22年11月23日~29日

22年11月23日~29日のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!『スプラ3』新シーズンのアプデ情報が公開。ほか。

ゲーム情報

2022/11/29

『ミンサガリマスター』『Sable』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年11月24日~12月7日

22年11月24日~12月7日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『ソード オブ ザ バークラント』『サムライメイデン』などなど。

ゲームの旅路

2022/11/27

『スプラ』と『ポケモン』しかしていない 【ゲゲ語り】vol.136

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『スプラトゥーン3』『ポケモンSV』です。

ゲーム情報

2022/11/23

『ソウルハッカーズ2』アプデ! みなとも Game News Pick Up 22年11月16日~22日

22年11月16日~22日のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!『十三機兵防衛圏』3周年記念特番が28日に放送。など。

ゲームの旅路

2022/11/20

『ポケモンSV』夫婦で同時プレイ開始! 【ゲゲ語り】vol.135

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『ポケモンSV』『Finding Paradise』など。

ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略

2022/12/1

ポケットモンスター スカーレット・バイオレット 感想・ファーストレビュー / 想像を超える自由度のオープンワールドで大冒険

ポケモンもついにオープンワールド!『スカーレット』と『バイオレット』2作を購入し、夫婦でそれぞれ『ポケモンSV』をプレイした感想・第一印象をお伝えします。

ゲーム情報

2022/11/16

GOTY候補が決まる / 『スプラ3』新シーズン情報が解禁 みなとも Game News Pick Up 22年11月9日~15日

22年11月9日~15日のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!『メガテン』30周年セール中。ゲームカタログの11月追加タイトルは?など。

ゲームレビュー

ポータル 感想・レビュー byみなと / 待望のリマスター!「どこでもドア体験FPS」パズル【Portal:コンパニオンコレクション】

2022年7月10日

評価:4

Portal1 タイトル

今日のレビューは、『Portal(ポータル)』。
Steamの運営会社としても有名な「Valve」が手掛けた、一人称視点のパズルアクションゲームです。

オリジナル版は2007年にPC用に発売されていて、2022年6月28日に『Portal』と『Portal2』がセットになった『Portal:コンパニオンコレクション』としてSwitch用にリマスターされました。

主な良かった点

  • 奥深いパズル
  • 研究施設の怪しさとユーモア

主な不満点

  • 酔いやすい
  • アクション技術を求められる
それでは詳しく書いていきます。
今回は『Portal1』の方のレビューです。

次作『Portal2』のレビューはこちら

次作レビュー
Portal2 タイトル
ポータル2 感想・レビュー byみなと / 「どこでもドア体験」は、よりドラマチックに!【Portal:コンパニオンコレクション】

パズルのバリエーションも、ボリュームもアップ!展開にも引き込まれる上質一人称パズルアクション『Portal2』の感想・レビューです。

スポンサーリンク

概要

『Portal:コンパニオンコレクション』を購入すると、Switchのホーム画面には『Portal』と『Portal2』が別々のソフトとしてダウンロードされます。
2作は完全に別のソフト扱いで、「セーブデータお預かり機能」なども別のものとして扱われます。

 

 

ゲーム内容

研究施設のようなところで目覚めた主人公は、流れる機械音声に従って用意されたテストを解いていきます。

今作は、空間を繋げる「ポータルガン」という特殊な銃を使ってパズルを解き、先のステージに進む、一人称視点のパズルアクションです。

 

ポータルガンの効果

Portal1 ポータルガン

ステージがある程度進むと、2種類のポータルを設置できるようになります。

「ZRボタン」で青いポータルを、「ZLボタン」でオレンジのポータルを作れます。
この2つのポータル間で、空間を無視して行き来できるようになります。

ドラえもんの「どこでもドア」を壁に設置するような感じです。
どちらが入り口とかでもなく、行き来できます。

勘違いしそうですが、「通り抜けフープ」ではありません
壁の向こうに行ける穴ではないのです。

このポータルガンには殺傷能力はなく、ポータル自体も無害です。
このポータル機能を使って、各ステージのパズルを攻略していきます。

ポータルを設置できるのは、たいらな白い壁や床のみです。
例えば↑の画像で言うと、中央奥の黒い壁には設置できませんし、壁の隅にも設置できません。

 

操作方法

Portal1 キーコンフィグ

メニュー画面の「コントローラー」で、今作の操作方法を確認できます。
キーコンフィグ可能です。
振動の強度も変更できます。

また、今作はジャイロ操作にも対応しており、「オン」にするとJoy-Conの傾きで照準を合わせることができます。

 

実績

Switchなので「トロフィー」や「実績」がアカウント側で保存はされませんが、ゲーム内には「実績」が用意されています。

クリアするだけで取れるものや、変わったプレイをすることで取れるものなど、多数用意されています。

 

 

良い点

奥深いパズル

Portal1 ブロック

2つのポータルを使ったパズルは非常に高度で奥深く、その発想に驚きました。

  • ブロックを運ぶ
  • エネルギー弾を誘導する
  • タレット(銃を装備した固定ロボット)の銃撃を避ける

などのさまざまなギミックもあり、「ポータル」という独自システムを軸に、バリエーション豊かなパズルを楽しめました。

ちなみにクリア後には「上級者モード」も用意されていますし、「少ない歩数」や「少ないポータル数」でクリアを目指したり、やり込みできる要素もあります。

 

研究施設の怪しさとユーモア

Portal1 バックヤード

ネタバレにならない範囲で書きますが、パズルの舞台になる研究施設は、ただパズルを進めるだけのゲームとはちょっと違いました。

キレイで整然とされたステージですが、ちょっとバックヤードを除くとサビだらけだったり。
聞こえてくる機械音声も妙なことを言ったり、比較的序盤でも研究施設の異質さに気づくかと思います。

銃撃してくるタレットは、転倒させると「いたい!」って言います。
パズル達成のご褒美はケーキらしいですし、不思議なユーモアも感じられる作品でした。

Portal1 エンドロール

エンドロールもセンスとユーモアにあふれています。
セリフがそのまま歌になっているんです。

 

オーディオコメンタリー

Portal1 開発者の解説

スタート画面で「開発者による解説」を選択すると、各ステージに↑のような吹き出しマークが現れます。

これを調べると、開発者が音声で「このステージはどういった狙いなのか、どういったところに気を付けたのか」などの開発秘話を語ってくれます。

DVDなどの特典でよくある「オーディオコメンタリー」みたいな要素ですね。

「ポータルの機能が理解しやすいように部屋の構造を吟味した」といった興味深い話が多く、とてもおもしろかったです。

Portal1 オーディオコメンタリー

 

 

不満点

酔いやすい

一人称視点に慣れていないからかもしれませんが、今作は酔いやすいと感じました。
特に「落下中にポータルに入った時の上下感覚の変化」が大きいです。

高所からポータルに入ると、その落下の勢いのままもうひとつのポータルから出ます。
そのテクニックを使ったパズルが多く出るのですが、ポータル間を移動する際に自分にとっての「下」が変化するので、それに合わせてカメラも大きく動いてしまいます。

ポータルを設置した向きによっても変わりますし、どっちがどっちやらわからなくなり、酔ってしまいます。
プレイしているうちにある程度慣れましたが、酔いやすい人にはオススメできません。

「ワープ後即座に狙い直してポータルガンを撃つ」といった解き方が必要な場面もあり、大変でした。

上級問題で、それができずに解けていないところもあります。

 

アクション技術を求められる

上でも述べたように、即座にポータルガンを撃って解く「アクション技術やエイム(照準)技術を求められるパズル」が、そこそこ登場します。

解き方はわかっているのに、腕が悪いために解けないという情けない事態に。
失敗を重ねながらもエンディングまでは行きましたが、やり込みまでできる気がしません。

エイムが得意な人にとっては問題のないところでしょうが、個人的には「パズル」にそこまでアクション技術を求めてほしくなかったです。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロードソフト
プレイ時間 約10時間
シリーズのプレイ状況(みなと
※記事作成時点
なし

 

 

『Portal』の総合評価・レビュー

Portal1 入り口

「名作パズル」として名高い『Portal』。
気にはなっていましたが、プレイする手段がなく諦めていたタイトルでした。

それがこのたびNintendo Switchでリマスター。
念願かなってプレイしてみると、評判にも納得の良質なパズルでした。

パズルの難易度は高く、一人称視点ですし人を選ぶとは思いますが、パズル好きにはオススメしたいです。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽
次作レビュー
Portal2 タイトル
ポータル2 感想・レビュー byみなと / 「どこでもドア体験」は、よりドラマチックに!【Portal:コンパニオンコレクション】

パズルのバリエーションも、ボリュームもアップ!展開にも引き込まれる上質一人称パズルアクション『Portal2』の感想・レビューです。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , , ,