ゲームの旅路

2022/5/15

『ソルト&サクリファイス』開始 / 『ウイングスパン』はバグだらけ 【ゲゲ語り】vol.108

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『アルセウス』『ライザ』『WINGSPAN』『ソルトアンドサクリファイス』です。

Déraciné(デラシネ)

ゲームレビュー

2022/5/14

Déraciné(デラシネ) 感想・レビュー byとも / 優しさと愛があふれる反面、ダークな一面も!?

フロムソフトウェアが手掛けたPSVR専用ソフト『Déraciné(デラシネ)』のレビュー・感想です。プレイヤーは妖精となり、子どもたちのお願いを聞くことに・・・。

ゲーム情報 特別企画

2022/5/12

みなとも対談【Indie World 2022.5.11】感想 ~私たちが感じたこと~

22年5月11日に配信された「インディーワールド」で紹介された全タイトルをリスト化。その中から気になるタイトルをピックアップして夫婦で語ります。

ゲーム情報

2022/5/11

「インディーワールド」が11日23時に放送 / 『あつ森』フロッキードール第3弾が発売 みなとも Game News Pick Up 22年5月4日~10日

22年5月4日~10日の間のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!「Indie World 2022.5.11」は11日午後11時頃。『カービィ』の一番くじがカワイイ。など。

ゲーム情報

2022/5/10

『春ゆきてレトロチカ』『Salt and Sacrifice』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年5月5日~5月18日

22年5月5日~5月18日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『Trek to Yomi』『錬金術師シミュレーター』などなど。

ゲームの旅路

2022/5/9

フロムゲーを2つトロコン / 『アルセウス』開始 【ゲゲ語り】vol.107

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『トランシルビィ』『黄昏ニ眠ル街』『Déraciné』など。

私たちのお気に入り 週刊アトラス

2022/5/8

【アイロンビーズで作ってみた】だいそうじょう『真・女神転生シリーズ』

アイロンビーズ(パーラービーズ)で作成した、『真・女神転生シリーズ』のキャラクターを図案と共に公開します。今回は風鈴(ウインドチャイム)に挑戦!

トランシルビィ タイトル

ゲームレビュー

2022/5/7

トランシルビィ 感想・レビュー byみなと / 心地よいアクションと音楽が楽しいSF和メトロイドヴァニア

かわいいシルビィと謎の大陸を冒険!スキップモアが贈る爽やか探索アクション『トランシルビィ(Transiruby)』の感想・レビューです。

ゲームレビュー

フー・イズ・ゾンビ 感想・レビュー byとも / 選別は楽しいが、飽きは早い!?

2022年3月3日

評価:3

フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)

人間か、ゾンビか―。

避難所の審査官となり、避難所に来た人を受け入れるのか否かをわけていくゲーム『フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)』。

主な良かった点

  • 選別が楽しい!
  • よくよく見ないと間違える

主な不満点

  • 周回プレイがキツイ
  • デッサンがひどい
それでは詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

概要

『フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)』概要 (クリックすると展開します)

22年3月1日時点の情報です。

発売日 2022年2月24日
発売元 シーエフケー
開発元 CINDYZ STUDIO
ハード Nintendo Switch
ジャンル シミュレーション※
プレイ人数 1人
IARC 7+(7才以上対象)
通常価格(税込) ダウンロードソフト 990円
公式サイト フー・イズ・ゾンビ(任天堂公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©2022 CINDYZ STUDIO All rights reserved. Published by CFK.

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

※任天堂のHPに記載している今作のジャンルは「アドベンチャー、パズル」と記載していますが、「シミュレーション」だと思います。

画像はクリックすると拡大します。

 

 

ゲーム内容

避難所に来た人を選別する

老若男女、そしてゾンビが避難所にやってきます。

しかし人間なら誰しもが避難所に入れる、ということではありません。
感染している可能性がある人間を拒否したり、危険な人間も拒否します。

見た目で即刻アウトのゾンビもいれば、よくよく見ないとわからないゾンビもいます。
また質問の答えしだいではアウトにしないといけない人間もいます。

フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)

フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)

その日その日によって、どのような人がアウト(OUT)で、どのような人がパス(PASS)できるのか状況が変わります。

冊子(図鑑)には「INFO」と「ZOMBIE LIST」があり、わかりやすく選別条件をみることができます。

フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)

フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)

基本的には「Day30」でエンディングを迎えます。

 

▼成功と失敗とゲームオーバー

  • 拒否すべき人を拒否した
  • 受け入れるべき人を受け入れた

という場合、成功となり、生存者数が1人増えます。

 

  • 拒否すべき人を受け入れてしまった
  • 受け入れるべき人を拒否してしまった

という場合、失敗となり、生存者数が3人減ります。

フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)

目標人数を達成できない、または生存者数が0になるとゲームオーバーです。

 

▼ボーナス

監査官が来る日に目標人数を達成すると、ボーナスで生存者数が増えます。

フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)

 

▼エンディング分岐

設問がいくつかあります。
その時、どの選択をしたのかでエンディングが分岐していきます。

エンディングは9つあります。

フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)

 

▼スキップ機能

一度でも30日間をクリアするとスキップ機能が追加されます。(審査室のみ)
このスキップ機能は既読スキップではありません。
ご注意ください。

フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)

 

 

Survival Mode(サバイバルモード)

目標人数を達成できない、または生存者数が0になるまで、日数と名声(選別できた総人数)がカウントアップされていきます。

フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)

 

ショップ(四角い箱)では名声の数でアイテムを買うことができます。

フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)

サバイバルモードでは、ストーリーモードに出てこない選別条件が登場します。

 

 

良い点

選別が楽しい!

受け入れ拒否だった人も、数日たてば受け入れてよいことになり、状況が日によって違います。
また同じ発音から始まる地名もあり、ちゃんと覚えていないと間違えやすいです。(途中で冊子を見ることはできる)

このように状況に応じて、拒否するのか否かを覚えて実行するのが楽しかったです。

もう少し複雑になってもよかったとは思いますが。

 

よくよく見ないと間違える

足の一部だけ、腕の一部だけなど、よくよく見ないとわからない部分が変色していたり、欠損していたりします。

適当にプレイしていると間違えるので、集中してチェックしないといけません。

これを見つけるのが意外と楽しかったです。
観察力が鍛えられます。

 

 

不満点

周回プレイがキツイ

1周目を終え、他のエンディング目当てに周回プレイを楽しんでいました。

しかし周回プレイをすればするほど、とても長く感じ、だんだん飽きてしまいました。

9つのうち、6つのエンディングを観ました。
しかし、もう少し簡単に周回プレイができるような配慮があると良かったです。

 

デッサンがひどい

さまざまなエンディングを観ていると、END時の絵のデッサンがひどいことに気がつきました。

ネタバレするので、画像は出せませんが画力がほしかったです。

 

セリフのバリエーションは少なめ

しばらくストーリーを進むと武器を持った人が登場するようになります。
武器は使用用途によって受け入れたり、拒否したりします。
なのでまずは質問をして会話します。

しかし、それまで穏やかに話していた人が、武器について聞くと人が変わります。

フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)

フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)

危険人物として拒否をするのですが、あまりの豹変ぶりに引きます。

 

実はこれ、セリフの数が少ないせいなのです。

狂暴な性格の持ち主なのに、狂暴のセリフが武器についての時のみなので、豹変してしまうのです。

子どもも、大人と同じセリフを言うので、落ち着きはらった子どもしか登場しません。

このバリエーションのなさが「飽き」につながった可能性もあります。
もっとセリフにバリエーションがほしかったです。

 

 

気になった点

避難所に来た人の発言が気になる

雨の日にお話をしたら、「いい天気ですよね?」。

怪しすぎて拒否をしたら、同僚に怒られました。

フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロードソフト
プレイ時間 約6時間(記事作成時点)

 

 

『フー・イズ・ゾンビ(Who Is Zombie)』の総合評価・レビュー

体験版をプレイしておもしろそうだと思い購入したのですが、飽きが早かったように思います。

とりあえず「Day30」をクリアして、その後サバイバルモードに移行すれば、飽きずにプレイができたかもしれません。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽

 

オススメ!
ゾンビーズマンション
ゾンビーズマンション 感想・レビュー byとも / 効率を考えてエレベーターを動かす異色作

エレベーターを操作して、住人を脱出せよ。新感覚のゾンビゲームがニンテンドースイッチに登場しました。基本ゾンビが怖いと思っている、ともは、無事プレイができたのか!?

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , , ,

© 2022 ゲーマー夫婦 みなとも =夫婦で運営するゲームブログ= Powered by AFFINGER5