ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略

Nintendo Switch『キャットクエスト』 レビュー&解説byとも

2017/11/15

2017年11月9日配信の『キャットクエスト』のレビュー&解説をします。

元はスマホのアプリゲームだった『キャットクエスト』が、ニンテンドースイッチに登場!
オープンワールドで、広いフィールドを駆けまわります。

では、行ってみるニャ。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2017年11月9日
発売元 フライハイワークス
開発元 The Gentlebros
ハード Nintendo Switch
ジャンル アクションRPG
プレイ人数 1人
対応コントローラー Proコントローラー
プレイモード TVモード、テーブルモード、携帯モード
CERO A(全年齢対象)
公式サイト キャットクエスト
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの

 

ゲーム内容 ~操作方法等~

設定

▼言語設定

まず初めに起動すると、言語設定から設定することになります。(一度設定したら、次回からは省略)
オシャレな設定画面です。

 

▼設定画面

「-」ボタンを押すと、設定画面になります。
ここでできるのは、BGMとSEの音量調節と、言語設定のみ。

キーコンフィングは設定できません。

 

操作方法

  • 決定、宝箱を開ける
    「A」
     
  • 入る、会話、調べる
    「X」
     
  • 回避、戻る
    「B」
     
  • 物理攻撃
    「Y」
     
  • 魔法攻撃(プレイヤーが割り当て)
    「R」「L」「ZR」「ZL」
     
  • 設定画面
    「-」
      
  • 装備品、魔法装備画面
    「+」
     
  • 地図拡大、地図縮小
    右スティック上下
     
  • とある移動(メインクエストを進行するとできるようになる)
    左スティック押しこみ

 

ゲーム内容 ~基本情報~

スピリー

主人公は無口。
代わりに話すのが、守護ネコ精霊のスピリー。

スピリーは戦闘はしません。
住人と話したりするだけです。

 

体力とマナとガード

▼体力

主人公にゲージが表示されていますが、上にあるゲージは体力。
宿屋で寝たり、呪文(魔法)で回復することができます。

 

▼マナ

下にあるゲージはマナ。
他のRPGでは、MPやSPと呼ばれている、呪文(魔法)の容量を表しています。
呪文(魔法)を使用すると減りますが、敵を物理攻撃することで回復していきます。

 

▼ガード

装備品によって、「ガード」の数値があります。
体力の数値の箇所が、銀色になっています。
弱い敵相手だと、攻撃されても、ガード数値が減るだけで、体力は温存されたままです。

なお、放置していると「ガード」の数値は復活していきます

 

敵の攻撃範囲・弱点・強敵

敵の赤い範囲は、攻撃範囲を示しています。
攻撃される前に、この攻撃範囲から離れると、攻撃をかわすことができます。(Bボタンで回避)

なお、魔法の攻撃範囲は、例えばこんな感じ。

そして、敵によって、物理攻撃が弱点の場合と、魔法攻撃が弱点の場合があります。

この敵の場合、物理攻撃では1しか効かない

呪文で攻撃すると14効いた

 

今の自分のレベルよりも、敵の方がかなり強い場合、敵にドクロマークの表示が付きます。

 

報酬

敵を倒すと、青いのと黄色い丸いものが出現します。
青いのは、経験値(NP)。
黄色いのは、金貨。

なお、メインクエストやサブクエストをクリアしても報酬が発生します。

 

クエストボード

街にあるクエストボード。
「?」が表示されていると、未クリアのサブクエストがあるということ。

「x」ボタンを押すと、サブクエストが表示されます。

サブクエストを選んで、決定ボタンを押すと、サブクエストを受けるかどうかを聞かれます。

ニッコリマークがクエストを受け付ける。
目をつぶっているのが、クエストを受け付けないという意味。

メインクエストを一時保留して、サブクエストを受けることができます。

 

ショップなど

▼宿屋 / 体力とマナの回復とセーブ

宿屋で寝ると、体力とマナの回復ができます。
そして、セーブもされます。

ちなみに無料です。

その場で、ゴロンと寝ます。

 

▼魔法の寺院

魔法の寺院に行くと、新しい呪文(魔法)を買うことができます。
そして、金貨で呪文を強化することができます。
呪文の最大レベルは10です。

新しい呪文(魔法)は、魔法の寺院に1か所につき、1つあるので、魔法の寺院を見つけたら、買いに行きましょう。

 

▼キットの鍛冶屋

宝箱が2種類あります。
それぞれ、金貨を払うと、ランダムで装備がゲットできます。
1つは50コイン、もう1つは5000コインが必要です。

すでに持っている装備をゲットした場合は、装備が強化されます。(ダンジョン内でゲットした装備も、その場で強化されます)
なので「装備を売る」というシステムはありません。

ちなみに、装備をゲットした時点でセーブされてしまうので、中身が目当てものじゃなくてロードし直しても、意味はありません。

 

装備と呪文(魔法)

「装備」は、頭、服、武器の3種類を選ぶことになります。

「L」「R」ボタンで、「呪文」に切り替えると、今度は使用する魔法をどこのボタンに割り当てるかの画面になります。
なお、呪文の数の方が多いです。
その内の4つしか装備ができません。

 

ダンジョン / 鍵付き宝箱

モンスターを一掃すると、そのダンジョンはクリアになります。
(メインクエスト、サブクエストでのイベントを除く)

出口は、光が漏れている場所から。

そして、場所によっては、鍵付きの宝箱があります。

開けるには、ある程度メインクエストを進めて、とある場所を尋ねる必要があります。

また、透明な道の先に宝箱がある場合もあるので、注意が必要です。

 

ゲームオーバー

ゲームオーバーになると、セーブしていた宿屋からのスタートになります。
しかし、ゲットした宝箱はゲットしたことになっています。

 

地図

右スティックを上か下に倒すことで、俯瞰になります。

同じ操作をすることで、元に戻ります。

俯瞰のまま、カメラを動かしたり、主人公を移動することはできません。
また、ダンジョン内でのカメラの俯瞰は無効です。

 

バグとバグ対処法

進行中に、フリーズしました。

対処法は、いったん、タイトル画面に出て、言語設定を選びます。
その後、日本語以外にして、再スタート。
イベントが終わったら、元に戻してOKです。
(もしかしたら、イベント途中で、元に戻しても大丈夫だったかも・・・)

なお、近日中に修正パッチが配布されるそうです。

またPROコントローラーを使った際に起こるバグも報告されているそうです。
詳しくは、公式サイトにて
→ http://flyhighworks.heteml.jp/games/catquest/

 

[17年11月15日追記]

こちらのサブイベント中でも上記と同じバグが起きました。
対処方法は、上記と同じでした。

 

また、とある洞窟にて、体力のメーターだけが遠くに表示されているバグも発見しました。

敵は全員倒したので、この洞窟はクリアになっているのですが・・・。
ちょっと怖い。

 

良い点

サクサク

最初は勝手がわからず、突っ走っていってゲームオーバーなんてことがありました。
しかし「経験値を得ては、セーブしに行く」を繰り返して、強くなっていく方法をやったり、サブクエストをしていたりすると、どんどん、経験値が増え、けっこうサクサクに成長することができました。

サブクエストの受注もサクサク。
行く場所もわかりやすく、比較的ノンストレスでした。

 

サブクエストが楽しい

サブクエストが楽しかったです。
クエストによって、物語が二転三転したりして、続きが気になるクエストも多かったです。

 

書かれている地名や名称 / 行くべき場所

画像の通り、いたるところに地名や名称が書かれています。
ものすごく、斬新なアイディアで、わかりやすかったです。

また、行くべき場所・方向を矢印で示してくれるので、かなり助かりました。

 

ランダム宝箱

鍛冶屋で手に入る、装備。
ランダムなので、なにがゲットできるか、毎回ワクワクしながら、お金を払っていました。

 

かわいい

主人公がかわいい。
ぴょこぴょこ走る姿も、かわいいです。

 

不満点

俯瞰での地図

今いる場所から、ある程度の場所からの俯瞰で見るので、全体地図を把握できない。
かといって、俯瞰にしたまま、カメラは動かせられない。
俯瞰にしたまま移動もできないので、遠くの場所を把握したい場合は、わざわざ自分が移動しなければならず、ちょっと面倒でした。

それができないのであれば、クエストやダンジョン未攻略の「!」マークだけでも、地図に大きく載せてくれれば、とても便利だったのにと思います。
(吹き出しとか使って、分かりやすく)

 

宝箱を開ける時

宝箱があった場合、まず「X」ボタンで調べる。
その後「A」ボタンで開封します。

この「A」ボタンでの動作って必要だったのかなぁ。

「X」ボタンで調べるで、自動開封の方が、スムーズだったのにと思います。

 

メインストーリーが難解

「えっと、結局、こうだったのかなぁ?」という自己解釈で落ち着いたのですが、ちょっと難解でした。
でもよくよく、考えると、不明な点もいくつかあって・・・。

メインクエストをクリア後も、サブクエストが残っているので、それらをプレイすれば、解決するのかもしれません。

 

装備画面

まず、ソート機能がないので、どれが強いのか、自分で1つずつ確認しなければなりません。
また、装備の種類ごとに並び替えは可能ですが、数が多くなってくると、次のページへまたぐので、検索もしにくいし、選びにくかったです。

レベル順にソート機能があってもよいかなと思ったのですが、「レベル1でも強い」というものがあるので、「オススメ装備」で、今持っているもので最強になる、自動装備機能があったらよかったです。

 

気になった点

移動

初期の頃は、移動は苦ではありませんでした。
しかし、移動範囲が大きくなってくると、さすがに移動が面倒になってきました。
早く走れるわけではないので、ひたすら我慢して、移動していました。

しかし、とあるメインイベントを進めることによって、その移動速度が速くなって、移動は快適になりました。
ただ、その快適になったのは、レベルが55くらいになっていた時。
もしかすると、レベル45くらいで、快適になっていたのかもしれませんが、そんな快適になるなどと知る由もないので、サブクエストをずっと進めていました。

なので、これからプレイする方は、とにかく、メインクエストを進めるべき・・・と言いたいところですが、サブクエストをしないとレベルが上がらないので、メインクエストとサブクエストを上手に進めていくのがいいと思います。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 5時間30分(クリア時)

 

総評

雰囲気が気に入って、発売を楽しみにしていた1本。
予想通り、楽しく、あっという間に過ぎていきました。
そして、止めどきがわからず、ずーっとプレイしていました。

クエストが好きならば、オススメです。

全体評価   ★★★★☆

シナリオ   ★★☆☆☆
操作性    ★★★☆☆
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★★☆
ビジュアル  ★★★★☆
音  楽   ★★★★☆

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー, 解説・操作方法・攻略
-, , ,