ゲームの旅路

DARK SOULSⅢ(ダークソウル3) 冒険の軌跡 第2章 byみなと

2017/07/18

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

2017年4月20日の発売日に購入し、先日エンディングに到達した『DARK SOULSⅢ(ダークソウル3)~THE FIRE FADES EDITION~』。

みなとがどのようなプレイスタイルで、どのようにエリアを進んでいったか、「冒険の軌跡」として書きつづっています。
各エリアの攻略難度・各ボスの苦戦度も「5つ★」で表現してみました。

あくまで、
「俺はこんな感じで冒険しましたよー」
っていう記録です。
プレイ日記ってわけではありません。

第2章の今回は、「冷たい谷のイルシール」~「大書庫」

なお、記事の性質上多少のネタバレはありますので、未プレイの方はご注意くださいませ。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2017年4月20日(オリジナル版は2016年3月24日)
発売元 フロム・ソフトウェア
開発元 フロム・ソフトウェア
ハード プレイステーション4
ジャンル アクションRPG
CERO D(17才以上対象)
公式サイト DARK SOULSⅢ 公式サイト
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
PSストアのページ DARK SOULS Ⅲ THE FIRE FADES EDITION(PS4)

 

エリア攻略の合間に

大誤算

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

「火継ぎの祭祀場」の老婆から、20,000ソウルで購入したカギ。
ダークソウル1』でも似たようなカギがあり、そちらは「新しいエリア」へ繋がるカギでした。

「このカギで、新エリア開通か!?」
と意気込んで購入しましたが、祭祀場の裏の塔に入れるようになっただけでした。
いくつかアイテムやイベントはありましたが、新エリアは見受けられず落胆しました。

この塔で手に入るアイテムを火防女に渡すと、「暗い穴」を癒すことができます。

この「暗い穴」、いつ自分の身にほどこされたか分かっていませんでした。
いつのまにか発生していて、なにやら「呪い」の数値が増えていて、見た目もグールみたいに・・・。

「癒した方がいいのか?なにかのイベントのトリガーかな?」
と思い、大量のソウルを支払い癒してもらったのですが、これが大誤算でした。

「暗い穴」を癒すことで、NPC「ロンドールのユリア」と決別。
彼女とのイベントが進められなくなりました。
彼女だけならまだ良いのですが、「ユリアが少しでも関わるイベントは全て、進行不可・発生しない」状態になってしまったのです。
このおかげで3人くらいのNPCイベントが進まなくなり、とりかえしのつかない事態に。

もちろん、ゲーム進行自体が不可能になったわけではないので、そのまま進めることにしましたが、ミスったなぁ・・・。

 

主力呪術をゲット

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

「燻りの湖」で手に入れた呪術書のおかげで、念願の「混沌の火の玉」を使えるようになりました。

やっぱシヴァだし、「混沌」は欲しいよね。

強力なファイアーボールと、その後に発生する溶岩だまりの追加ダメージが魅力の呪術です。
燃費は悪いですが、今後の俺の主力として大活躍しました。

 

冷たい谷のイルシール~大書庫

10.冷たい谷のイルシール

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

「地下墓」を抜けると、息をのむほど美しい「冷たい谷のイルシール」でした。
ここの見せ方、凄くスキ。

エリア自体は美しいですが、いきなり強力な獣をけしかけてくるあたり、非常に厳しい性格の谷です。
道中の敵もバリエーション豊かで、強い。

中盤の山場です。
攻略も長くなりがち。

やたら気持ち悪い敵が地下水道にひしめいていたりして、「混沌の火の玉」が大活躍でした。

攻略難度:★★★★☆

 

ボス:法王サリヴァーン

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

「法王」のくせに、バリバリの二刀流剣士。
激しい連撃になすすべなく倒されまくりでした。

今回もNPCの協力を頼りに、撃破しました。

苦戦度:★★★★☆

 

11.アノール・ロンド

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

ダークソウル1』でも同名のエリアがある、懐かしの「アノール・ロンド」。
「法王サリヴァーン」の先のエリアをしばらく進むと到達しました。

過去の荘厳な雰囲気はまだありましたが、ずいぶんボロく寂しくなっていました。
エリア自体も短め。
もっと「右側」とか探索したかったなぁ。

攻略難度:★★★☆☆

 

ボス:神喰らいのエルドリッチ

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

『ダークソウル1』で「オーンスタイン」&「スモウ」と戦った場所が、今やエルドリッチのナワバリなのですね。
魔法や弓矢を主体とする戦い方で、なんの攻撃をしてくるか瞬時に把握する必要があります。
矢の雨にさえ気をつければ、近接攻撃で戦ったほうがいい感じでした。

それにしても「神喰らい」か・・・。
「アノール・ロンド」といえば、『ダークソウル1』では「暗月の神グウィンドリン」のいた所。
今作で彼の姿は無い。
エルドリッチの装飾品はグウィンドリンのものに似ている。
こいつ、まさか・・・。

苦戦度:★★★★☆

 

12.イルシールの地下牢

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

美しいイルシール市街から一転、暗く不穏な地下牢へ。
デモンズソウル』に登場した「塔のラトリア」を思い出させる、とても恐ろしいエリアでした。

ここに登場する「獄吏(ごくり)」という敵。
目が合うだけでこちらのHPをゴリゴリ減らしてしまう、凶悪な能力を持っています。
ゼロにはならないものの、減らされた状態で攻撃をくらうと非常に危険。
下層ではこの獄吏が集団で徘徊していて、かなりの恐怖。

ここの遺体は、アイテムを取った時に悲鳴を上げるものがいて、その悲鳴を聞きつけて敵が寄ってくるため心臓に悪い。
獄吏集団が一斉に押し寄せてきた時はどうしようかと思いました。

ちなみに、ボスはいませんでした。

攻略難度:★★★★☆

 

13.罪の都

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

「地下牢」の先。
ガーゴイルが派手にお出迎えしてくれる廃都は、「ファランの城塞」よりも毒々しいエリアでした。

異形めいた敵も多数出てきて、なかなか精神的にもキツイ攻略でした。
「猛毒沼」という、浸かっていると猛毒におかされてしまう場所もありました。

攻略難度:★★★☆☆

 

ボス:巨人ヨーム

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

NPC「カタリナのジークバルト」と、なにやら因縁のあるボス、ヨーム。
オッチャンとのイベントをちゃんと進めていると、ヨーム戦で共闘してくれました。

「巨人」というだけあって、その巨体での強力な攻撃にビビりましたが、オッチャンの得物「ストームルーラー」による攻撃で簡単にひるみます。
俺はそこをすかさず叩き、ヨームの注意をひくことに専念しました。

苦戦度:★☆☆☆☆

オッチャンのおかげで、驚くほど簡単に勝てました。
多分、1人だともっと苦戦していたと思う・・・。

 

14.ロスリックの高壁

ヨーム戦の直後、ワープで強制的に「ロスリックの高壁」へ転送されました。
物語上、とても重要な地「ロスリック城」へ入城する前の試練に挑みます。

 

ボス:冷たい谷の踊り子

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

冷たい谷からのさらなる刺客。
「踊り子」の名の通り、剣舞による華麗な攻撃が特徴的なボスでした。

かなり真剣勝負・ガチ勝負になる、キツくも楽しいボス戦でした。

苦戦度:★★★★☆

 

15.妖王の庭

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

「ロスリック城」に入り、意気揚々と攻略を進めようと進んでいると、なぜか着いたエリア。
ほとんどが「猛毒沼」で、寄生生物やナメクジもうろついていて、雰囲気は最悪。

ただ、とっても狭いエリア。
「お庭」や「中庭」ってレベル。

攻略難度:★★☆☆☆

 

ボス:妖王オスロエス

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

趣味の悪い庭の主。
対峙した時、しゃべり出してビックリしました。
このシリーズのボスは大体、言葉を交わすことなく殺し合いになりますからね。
ただ、言っている事は意味不明・・・。

ボスとしての強さは、そこそこ。
きちんと距離をとって呪術を当てれば、そう難しくはありませんでした。

苦戦度:★★☆☆☆

 

16.ロスリック城

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

ついに到達した「ロスリック城」。
騎士と僧侶の連携攻撃や、遠距離攻撃、2体の竜によるファイアブレス。
寄生生物も登場し、「ロスリックの高壁」をパワーアップさせたようなエリアでした。

上空になんか飛んでいるし、クライマックス感も高い。

攻略難度:★★★☆☆

 

ボス:竜狩りの鎧

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

重い一撃。
距離を取っても素早く接近してくる。
盾も簡単に崩される。
・・・強い。

しかも足場が狭く、吹っ飛ばされて落下死することもしばしば。

途中から「上空を飛んでるナンカ」も援護攻撃してくるし、実に大変でした。
NPCの協力も得て、なんとか撃破。

苦戦度:★★★★☆

 

17.大書庫

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

蝋のプールに頭を突っ込むと、自分の頭を蝋まみれにできる。

「ロスリック城」の後半のエリア。
むしろ、ここからが「ロスリック城」の本番でした。

開始早々に登場する「結晶の古老」。
狭い狭い本棚。
本から飛び出る手、手、手!
そして、蝋(ろう)頭の賢者たち。

書庫の中を通り、屋根を通り、やられながらもじっくり進んでいきました。

後半に登場する3人組のNPCが非常に手ごわくて、逃げまどいながらなんとか撃退しました。

とても難しかったけど、好きなエリアです。

攻略難度:★★★★★

 

ボス:兄王子ローリアン/王子ロスリック

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

前半戦は、vsローリアン。
剣による強力な攻撃にくわえ、ワープも駆使する強敵。
が、前半戦で苦戦することはありませんでした。

問題は、後半戦。
後半戦は、vsローリアン&ロスリック。
弟のロスリックが兄ローリアンの背中におぶさり、魔法による援護攻撃をかさねてきます。
(戸愚呂兄弟の逆バージョンだね)

兄を倒しても、弟が蘇生してしまうため、厄介極まりない!
なんとか弟を優先的に攻撃するようにしないと、戦闘がドンドン長引いてしまいます。

何度も何度も敗れ、やっとのことで倒した時は、本気のガッツポーズが出ましたよ。

苦戦度:★★★★★

 

まとめ

「大書庫」を終え、ついにラスボスへの切符を手にしました。
が、ストーリー進行には関わらない、まだ行っていないエリアが残っています。

次回はそれらのエリアと DLC を含め、ラストまで書きつづっていきます。

もう少しだけ、お付き合いくださいね。

関連記事はこちら
→ DARK SOULSⅢ(ダークソウル3)~THE FIRE FADES EDITION~ セット内容紹介
→ ダークソウル3完全版、やってみた byみなと
→ DARK SOULSⅢ(ダークソウル3) 冒険の軌跡 第1章 byみなと
 DARK SOULSⅢ(ダークソウル3) 冒険の軌跡 第3章 byみなと
→ 『DARK SOULSⅢ(ダークソウル3)~THE FIRE FADES EDITION~』 レビューbyみなと

PSストアのページはこちら
→ DARK SOULS Ⅲ THE FIRE FADES EDITION(PS4)

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます



-ゲームの旅路
-, ,