ゲームレビュー

Severed|セヴァード レビューbyみなと

Severed

カナダの開発会社が手掛ける、1人称視点のアクションRPG。
片腕の女戦士・サーシャが、奇怪な世界を冒険します。

Severed(セヴァード)は、「切断」。
タッチスクリーンをなぞること(スワイプ)で斬撃が発生し、敵を斬り刻むことができます。

今作は、17年5月にPS Plusのフリープレイとして配信されました。
現在は有料ですが、PS VITA用のダウンロードソフトです。

他に、WiiUや3DS、iOSアプリとしても配信されています。
気になる方は、自分の環境に合った機種を選べますね。

ズバズバと敵を斬る爽快感はクセになる!?

関連記事はこちら
→ 2017年5月のPS Plus フリープレイタイトルの紹介

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2016年10月6日
発売元 Drinkbox Studios
開発元 Drinkbox Studios
ハード PS VITA
ジャンル アクションRPG
プレイ人数 1人
CERO C(15才以上対象)
公式サイト(PSのソフトウェアカタログ) Severed(セヴァード)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
PSストアのページ Severed(PS VITA)

 

ゲーム内容

主人公・サーシャが目覚めると、片腕と家族の行方がわかりません。
故郷によく似た場所ですが、どこか様子がおかしい・・・。

家族と片腕を探しに、サーシャの孤独な戦いが始まります。

移動画面

Severed

移動は1人称視点でおこないます。

左スティックの左右で方向転換し、前へ倒すことで前進。
同様に「□ボタン」で左へ、「○ボタン」で右へ方向転換し、△で前進。という操作方法もあります。

区画ごとに移動します。

Severed

左上のミニマップをタップすると、マップ画面が見られます。
ここで、エリアの探索状況や、未踏の区画、未解決のシークレットなどを確認できます。

 

戦闘画面

Severed

エリア内で浮遊している炎に触れると、戦闘開始です。

Severed

戦闘はタッチ操作です。
方向転換する際は移動時と同じ操作です。

攻撃は、画面を指でなぞるスワイプでおこないます。
なぞった軌跡が、そのまま斬撃になります。

ズバズバと攻撃のスピードや方向など、思いのままです。
敵ごとに有効な斬り方が異なりますので、よく見て、冷静に対処しましょう。

敵の下にあるアイコンは、その敵の状態を表しています。

  • 黄色いゲージは、攻撃行動をとるまでの時間です。
    黄色いゲージがマックスになり、赤くなると攻撃してきます。
    黄色いゲージがマックスになる前に攻撃をするか、赤くなった後の攻撃を弾かないと、サーシャはダメージを受けます。
    攻撃のキャンセル方法は、敵により異なります。
     
  • 赤いゲージは、その敵の体力です。

このアイコンの状況・敵の状態を見極めるのが、勝利のカギ!

連続で攻撃を重ねると、画面左上の「フォーカスゲージ」が上昇します。
敵を倒した時に「フォーカスゲージ」が満タンだと、最後に「部位切断」が可能になります。
時間内に指示通りにスワイプする、いわゆる「QTE」です。

「フォーカスゲージ」は、戦闘終了後にリセットされます。

一度倒した敵は、復活しません(1部をのぞく)。
出現する敵も、その場その場で固定となります。

そのため、敵を一掃すればそのエリアは探索し放題となります。

 

成長システム

Severed

敵を倒した時に手に入れた「部位(パーツ)」を使い、サーシャの能力を強化していきます。
道中で手に入れた「ゾウモツ」を、お目当ての部位に変異させることもできます。

基本的に敵の数・種類は決まっているので、稼ぎプレイはできません。

お金や経験値といったものはありません。
部位を切断できなければ、バトルで得られるものはないです。

道中謎を解いたりすることで「ハートの欠片」「脳の欠片」を入手します。
一定数入手することで、サーシャのHP・MPの上限が成長します。

ボスを倒したり、アイテムを手に入れたりすることで、行動範囲・解ける謎が広がります。

 

良い点

ズバズバと抜群の爽快感

Severed

画面をなぞった軌跡が斬撃になる。
斬撃のレキンレイヴ』のような、気持ちのいいバッサリ感!

「部位を切断してトドメ」というのも、死闘っぽくていい。

 

凝った作りの敵たち

Severed

敵の種類は少なめだけど、ひとつひとつ凝った作り。

例えば上の画像の敵の場合、左上と右下に盾があるので、盾がない方向に斬撃を放つ必要がある。
この盾は一定のリズムで回転する。

四方向に盾を装着したタイプもいて、
「どうすれば攻撃が通るか?」
というのを考えるのも、おもしろい。

敵が複数体出た時には、その行動パターンや有効な手段をすばやく判断し、方向転換をしながら的確に戦う必要がある。
とっても忙しいし、場合によっては難しいけど、上手く処理できた時の達成感は格別!

画面右のアイコンは、MPを使う特殊攻撃。
ストーリー進行で増えていく。
敵の動きを止めたり、敵の強化を奪ったり、これらも活用して難敵をさばいていこう。

 

適度な難易度の謎解き

Severed

エリア内には仕掛けがたくさん。

マップで「?」として記されているところは、なんらかの隠し要素がある。
壁の怪しいところをタッチしたり、所定の行動をとったりすると、隠し通路が現れたりする。

直感的に解ける謎ばかりで、ほとんどの「?」は、その場で解決できる。

冒険のテンポを損なわず、そこそこ歯ごたえがあり、ちょうどいいバランス。

 

不満点

移動がめんどう

Severed

エリア内の隠し要素は、そこを探索開始した時点では解けないものもある。
ボスを倒したり、特定のアイテムを手に入れてからでないと通れない場所がある。

ストーリー進行には必要はないが、「ハートの欠片」「脳の欠片」を集めるには必要だし、真エンディングやトロフィーのためにも隅々まで探索したい。

けど、今作には「ワープ」がない。

後回しにした場所は、通る手段を手に入れてから再度来る必要がある。
徒歩で。

道中の扉は開けてあるし、敵は出ないけど、かなりめんどう。

手間を減らすために、隅々まで探索するのは全部のアイテムを手に入れてからにした方がいい。
具体的には、「足に関するアイテム」を手に入れてから。

 

奇抜すぎるグラフィック

Severed

あまり生々しくない描き方ではあるけど、今作のグラフィックデザインは、かなり奇抜。

部位の切断や、臓物、脳など、そこそこスプラッタだし、敵もグロテスク。
展開もダークで精神的にクるものがある。

人を選ぶ・・・というか、あまり日本人向けではないんじゃないかな。
少なくとも、万人に受けるようなデザインではない。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 7時間
トロフィー 状況 100%
トロコン 難易度 簡単 

 

総評

その奇抜すぎるグラフィックデザインで、第一印象はあまり良くはありませんでした。
けれど、プレイして操作に慣れてくると、思い通りに敵を斬り倒せるようになり、どんどんおもしろくなってきました。

登場人物は非常に少なく、ドラマらしいドラマもありませんが、その言動は不思議で、妙に心に残ります。
普段プレイしているゲームとは、また一味違った体験ができました。

移動はめんどうですが、全体的にサクサク進みます。
クリア・トロコンまで約7時間。

息抜きや、トロフィー稼ぎにも最適です。

PSストアのページはこちら→ Severed (PS VITA)

全体評価   ★★★★☆

シナリオ   ★★★☆☆
操作性    ★★★★☆
システム   ★★★★★
キャラクター ★★★☆☆
ビジュアル  ★★☆☆☆
音  楽   ★★★☆☆

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , ,