週刊アトラス

2020/9/27

【TGS2020】裏ネタあり!アトラス特番「TGSだよ、目がテン!」情報まとめ【週刊アトラス】

「東京ゲームショウ2020」の中で放送された26日の「アトラス特番」を観ました!おもしろメンバーによる濃い話、聞けましたよ。

ウルトラマンZ 第14話感想

ウルトラマン

2020/9/26

ウルトラマンZ 第14話 感想夫婦対談 / 笑いと感動と迫力と驚きの四次元的神回!

『ウルトラマンZ(ゼット)』第14話「四次元狂騒曲」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

ウルトラマン 私たちのお気に入り

2020/9/26

ウルトラかいじゅう絵本 全巻感想・レビュー / ウルトラマンファン目線でツッコミまくる!?

登場ウルトラマンはもちろん、登場怪獣やモブキャラクター的な怪獣までご紹介。ちょっと変わった感想記事です。

ゲーム情報

2020/9/23

『P5R』のボードカードゲームが登場 / 3DSシリーズが生産終了 みなとも Game News Pick Up 20年9月16日~22日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!『メガテン3』の新グッズも魅力的。TGSタイムスケジュールのおさらいも。

ゲーム情報

2020/9/21

『Ori and the Will of the Wisps』『原神』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年9月17日~9月30日

20年9月17日~9月30日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『World for Two』『Into the Breach』などなど。

ゲームの旅路

2020/9/21

妻、『ツシマ』開始 / 『3Dコレクション』は『サンシャイン』から ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.22

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『あつ森』『龍が如く7』『カルドセプトリボルト』です。

Ghost of Tsushima(ゴーストオブツシマ)

ゲームレビュー

2020/9/20

ゴースト オブ ツシマ 感想・レビュー byみなと / 圧倒的迫力で魅せるオープンワールド時代劇

『Ghost of Tsushima』をクリア!「洋ゲーだし、日本のこと勘違いしたゲームでしょ?」いいえ!違います。「和」へのリスペクトにあふれた傑作でした!

ウルトラマンZ 第13話感想

ウルトラマン

2020/9/26

ウルトラマンZ 第13話 感想夫婦対談 / カネゴン大暴れ!ギャグ回に見せかけた重要なおさらい回

『ウルトラマンZ(ゼット)』第13話「メダルいただきます!」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

ゲーム情報

2020/9/18

観た!PS5ショウケース / ニンテンドーダイレクトmini

PS5とSwitchのタイトルラインナップ。夫婦で特に気になった・ピックアップしたい情報を語っていきます!

レゴシティアンダーカバー

ゲームレビュー

2020/9/17

レゴシティ アンダーカバー 感想・レビュー byとも / レゴブロックの完成度は高いが、ゲームとしての完成度はイマイチ

レゴブロックでできた世界を警察官が事件解決に奔走。宇宙飛行士になったり、現場作業員になったり、ドロボウにまで変身します!ただそこまでやる必要ある?と思うくらい犯罪に手を染めます。それってどうなの?

コラム

映画コラム 第2章「ミュージカル」 byとも

2016年12月20日

映画好きの私が、気づいたこと、みんなに伝えたいことをコラムとしてまとめています。
今回は「ミュージカル」を考察していきます。
ミュージカルを知ってもらうために、私なりの考えで、簡単に書いていきます。

コラムは続きものですので、まだ読んでいない方は、まずはこちらを。
→ 映画コラム 第1章「疑問に縛られて」 byとも

スポンサーリンク

ミュージカルが嫌い

ミュージカルが嫌いな方ってけっこういます。
まぁ、気持ちはわからなくもないです。
私が「1つの表現形式」だと気づいて鑑賞ができるようになったのは、10年ほど前ですからね。

 

ミュージカルとは

そもそも、ミュージカルとはなんでしょう。
Wikipediaで調べてみました。

ミュージカルは、音楽、歌、台詞およびダンスを結合させた演劇形式。
ユーモア、ペーソス、愛、怒りといったさまざまな感情的要素と物語を組み合わせ、全体として言葉、音楽、動き、その他エンターテイメントの各種技術を統合したものである。

wikipedia「ミュージカル」より引用

つまり、ミュージカルは「セリフ、感情、ストーリーを、歌や身体、音楽で表現する」ということ。
ミュージカルに出演するキャストは、演技はもちろんのこと、歌やダンスもこなさなければならず、かなりの技術を要します。

 

ミュージカルのルール

ミュージカルには、
「セリフ、感情、ストーリーを、歌や身体、音楽で表現する『場面(シーン)』が入らなくてはならない」
という「ルール」があると思ってください。

サッカーで例えるなら・・・

例えば、サッカーを知らない人がサッカー観戦に来て、

「なんで足で蹴ってボールを運ぶの?手を使えばいいじゃない」

と発言したら、なんと思いますか?

「ルールも知らないで、なんで観戦に来てるんだ」と思いませんか?
そして「そういうルールなんだよ」と教えてあげませんか?

ミュージカルも同じです。
そういう「ルール」なんです。

 

ミュージカルに対する評価

先ほどの、サッカーを知らない人がサッカーについて、こう発言します。

「手を使えばいい場面でも手を使わず、わざわざ、足で蹴ってボールを運ぶ。このサッカーってのはおかしいと思う」

と発言したら、どう思いますか?
サッカーファンのみならず、サッカーを知っている人からも大ブーイングです。

 

では、ミュージカルを知らない人がミュージカルについて、こう発言します。

「セリフを言えばいい場面でも、わざわざ、歌ってセリフを言う。このミュージカルってのはおかしいと思う」

と発言したら、どう思いますか?
ミュージカルファンは大ブーイングですが、ミュージカルを知らない人からは、賛同を得てしまう。

サッカーの「ルール」を知らない人よりも、ミュージカルの「ルール」を知らない人の方が多いので、こういうことになってしまう。
サッカーの件と発言する意味は同じなのに。

 

「ルール」が嫌いなのだから

ミュージカル映画のレビューを「映画自体の評価」ではなく、「ミュージカルのルールの評価」で、映画を低評価をしている人をたまに見かけます。
「ミュージカルのルール」が嫌いなのだから、どんなミュージカル映画を見ても評価は変わらないのに、ミュージカル映画を見ては低評価。
ストレスを抱えてまで観る必要ないのに。

 

まとめ

ミュージカルを好きになってほしい、とは思っていません。
ルールを知っていても、苦手な人はいますから。
ただ、「ルール」だということも知らずに、ミュージカルを攻撃するのは、違うと思うのです。

関連記事はこちら
→ 映画コラム 第1章「疑問に縛られて」 byとも
→ 映画コラム 第3章「映画レビューの低評価を考察」 byとも

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

1+

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-コラム
-

© 2020 ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= Powered by AFFINGER5