ゲーム情報

2022/1/25

『アルセウス』『ミクとり』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年1月20日~2月2日

22年1月20日~2月2日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『COGEN』『Stela』などなど。

ゲームの旅路

2022/1/23

『ロックマンCC』を堪能 / 『HADES』にドハマり 【ゲゲ語り】vol.92

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『ピクロスS7』『7年後で待ってる』など。

私たちのお気に入り 週刊アトラス

2022/1/23

「女神転生 悪魔召喚録」ワンコインフィギュアシリーズ紹介 ~大天使篇~【週刊アトラス】

コトブキヤで発売していた『女神転生シリーズ』のワンコインフィギュア。私たちが持っているフィギュアの中から「大天使悪魔・キャラ」を紹介します。

笑顔を信じるものたちへ

ウルトラマン

2022/1/22

ウルトラマントリガー 第25話(最終回) 感想夫婦対談 / みんなを笑顔に。真のトリガー誕生!

『ウルトラマントリガー』最終回「笑顔を信じるものたちへ ~PULL THE TRIGGER~」の感想を、夫婦対談形式でお届け。『ティガ』未視聴の夫婦による感想記事です。

7年後で待ってる

ゲームレビュー

2022/1/20

7年後で待ってる 感想・レビュー byみなと / 何度も驚く感動ボクセルアドベンチャー

個人製作のインディーアドベンチャーゲーム『7年後で待ってる』の感想・レビューです。後半、かなり泣きました。

ゲーム情報

2022/1/19

『星のカービィ ディスカバリー』の発売日が3月25日に決定 みなとも Game News Pick Up 22年1月12日~18日

22年1月12日~18日の間のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!カービィは30周年特設サイトも登場。『Horizon』の新作も特別企画がスタート。など。

ゲーム情報

2022/1/17

『カンパニーマン』『RPGolf』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年1月13日~1月26日

22年1月13日~1月26日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『オーシャンホーン2』などなど。

ゲームの旅路

2022/1/17

『デススト』トロコン / 『アンデッドパーティ』をクリア 【ゲゲ語り】vol.91

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『ピクロスS7』『デススト』『アンデッドパーティ』『7年後で待ってる』です。

コラム

ゲームの「流血表現」について語る【みなとも対談コラム】

2018年7月8日

はじめに

あるテーマについて、夫婦で語り合ってみるコラムです。
私たちの予測不能な掛け合いをお楽しみいただければ。と思います。

今回は、ゲーム内における「流血表現」について。
夫婦で、どのような意見が出るのか。行ってみましょう。

なお、画像がありますが、どの画像も「流血表現」がないものを使用していますので、ご安心を。

 

画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したものです。

スポンサーリンク

流血表現について

血が苦手

さてさて、このテーマを提案したのはともなんだけど・・・。
どうしてこの話にしようと思ったの?

昔から流血表現って苦手なんだよね。
でも、みなとは平気でしょ?
それが不思議だったんだよね。なんで平気なの?

なんでって理由を聞かれても・・・。
「ゲーム内」だから平気なんだと思う。
現実で流血沙汰になるのは勘弁だし。

そっかぁ。
私はゲーム内でも現実でも、どっちも苦手だなぁ。
昔、割れたガラスで切って、血がドバドバ出た時は、怖くて動けなくて、ただ泣くことしかできなかったよ。

それは、自分の血ね。
俺だって、自分の流血は怖いよ。
現実じゃなくて、ゲーム内でも苦手な理由は?

ゲーム内なんだけれど、自分が本当に人を切りつけているような感じに思えてくるんだよね。
でも、流血がないと「これはゲーム内」って感覚になるから、プレイができるんだよね。

あーなるほど。
それは、リアルなグラフィックのゲームに限らず?
例えば、ドット絵とかでも流血表現があるのは苦手?

うーん。ドット絵でもリアリティがあるゲームでも、流血の「量」によるかな。
ドバーって感じならちょっとイヤかな。
逆にサラーって感じなら大丈夫。

色は?
赤以外の血が出るやつ。
あぁ、例えば『デトロイト』の青い血は?

Detroit: Become Human

あぁ、アンドロイドが撃たれたりしたら、ドバーって出てたね。
でも、平気だったな。
アンドロイドだからかな。

じゃあさ、「人間以外なら平気」ってこと?
例えばモンスターを斬りつけたら、緑の血がドバーって。

うーん。ちょっとイヤかも・・・。
あれ?法則性がないぞ。
でも、モンスターによるかも。
見た目が気持ち悪いモンスターなら、もうその存在自体で「うわー」ってなるもん。

そこまでいくと「流血表現」とは別の問題だねぇ。
多分ね、「アンドロイドだから平気」じゃなくて、「自分が流血させた」って状況がダメなんじゃないかな?

なるほど。
それは気づかなかった。

『デトロイト』が、例えばアクションゲームでさ。
自分が別のアンドロイドを攻撃して、その結果の「流血」だったら、キツかったんだと思う。

そうかもねぇ。

んー、じゃあさ。
自分で操作しない、「ゲーム以外」の「流血表現」ならどう?
平気?

漫画とか、映画とか?
漫画はカラーじゃないから、平気な方。
初めて『寄生獣』を読んだ時は、大量殺戮シーンで、「うわー」って思ったけれど、他のシーンではなんとか大丈夫だったよ。
でも、それは大量の血はもちろんだけれど、内蔵が飛び出ているのがイヤだったかも。

映画は、グロテスクなものは怖いからそもそも見ていないんだよね。
アクション映画とかには、流血シーンがあるけど、すぐに場面が変わるし、大丈夫な方。
でも『ブレイド』はきつかった記憶があるなぁ。

なかなか懐かしいタイトルが出てくるね。
『寄生獣』については、論文書けるくらい語れるぜ!

あはは。じゃあ、今度のテーマは『寄生獣』でいく?
でもゲーム関係ないや。

ゲーム関係ないなぁ。
『寄生獣』がゲーム化すればいいのに。
まぁ、考えとこう。
・・・って脱線したな。
「流血表現」に限れば、映像作品や漫画なら平気ってことだよね?

そうだね。
あまりにもひどくなければね。

 

 

具体的には?

じゃ、ちょっと突っ込んだ話にするけど。
具体的に、どのゲームの「流血表現」が苦手だった?

流血表現がオフにできるゲームは、即座にオフにして始めちゃうからなぁ。
でもオフにできないゲームだと『ウィッチャー3』かな。
人間相手でも、モンスター相手でもイヤだったなぁ。

ウィッチャー3

『ウィッチャー3』は「欠損表現」もあるからね。
結局『ウィッチャー3』を続けることができなかったのも、その「流血表現」が原因だよね。

そうだねぇ。あとはモンスターの見た目問題かな。
けっこう、グロテスクな見た目や声で、怖くてね。
プレイしてた時は、妊娠中で、「妊娠しているから怖く感じるのかな」って思ったけれど、出産後もダメだったもんなぁ。

今プレイ中の『龍が如く0』も「流血表現」があるけど、それは平気?

比較的平気。
ポタポタ血が落ちるとか、血だまりができるとかあるけれど。
その程度なら。
あと、刃物で刺すヒートアクションは夜だとよくわからなかったから平気だったんだけど、昼間は鮮明にわかったから、最近マイルドに変更したよ。

けっこう線引きが難しいな・・・。
ゼノブレイドクロス』は、モンスターの部位破壊する時にドバッと体液が出るけど、あれは大丈夫だったの?

あー、あれは血っぽくないから大丈夫。

ふむふむ。

アドベンチャーゲーム、いわゆる「ノベルゲーム」の方の、絵と文だけの「流血表現」はどうだろう?

シュタインズゲート』で不意に訪れた「流血表現」はびっくりして、イヤだったな。
どうして、流血になったか。その過程も大事かも。

うんうん。
単に「流血表現」が苦手なんじゃなくて、「残虐表現」が苦手なのかも。
仮に血が出なかったとしても、首が飛んだりするのはイヤでしょ?

イヤです!!

 

 

対策は?

じゃあ、まぁ、結局どうすりゃいいか。
ってとこなんだけど、オプションで「OFF」とか「マイルド」にできると助かるよね。

そうだねぇ。
まぁ、程度によるけれど、その設定があるとかなり助かるよ。

あとは、「流血表現」とか「残虐表現」がどの程度なのか、事前情報があると良いか。

うんうん。
でも最近、CEROが「Z」のゲームは注意した方がいいってわかったよ。
実は、「Z」指定って、残虐表現が含まれてるって最近知ったよ。
てっきりエロ表現だと・・・。

むしろエロ表現で「Z」指定はないんだよねぇ、国内のは。
あっても良いと思うんだけど・・・、ってこれはまた別の話題だね。

「Z」指定でも、『アサシンクリード』は大丈夫なんだよね。
あれは、「流血表現」オフにできるし。

アサシンクリード ブラザーフッド

うん。『アサクリ』は最初からオフにしてたからね。

だから「Z」指定だとしても、プレイできないとは限らないわけで。
なかなか難しいね。
結局、開けてみなくちゃ分からないってことかな?

そうだねぇ。
公式サイトに「流血表現はオフ可」ってあると親切だけど・・・書いてあるもんなのかな。

そこまでじっくり公式サイト見てないかも。
今度から、その辺も注意して見るようにしようかな。
分かっている範囲では、レビュー記事にも記載しておきたいね。

おお!そうだね。
「流血表現」は、ただ漠然と「イヤ」としか思ってなかったけれど、今回の対談で、自分がどんな表現が苦手なのかがわかったよ。
ありがとうね。

どういたしまして~。

 

 

おわりに

初めての対談コラムはいかがでしたでしょうか?

今後も、このような対談コラムを続けて行きたいと考えています。
話し合ってほしいテーマがあれば、コメント欄で、教えてくださいね。

 

最新記事
『アルセウス』『ミクとり』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年1月20日~2月2日

22年1月20日~2月2日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『COGEN』『Stela』などなど。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-コラム
-, ,

© 2022 ゲーマー夫婦 みなとも =夫婦で運営するゲームブログ= Powered by AFFINGER5