ゲームレビュー

返校~Detention~ 感想・レビュー byとも

2019/08/29

育児休業をしていたともです。
昨日のニンダイの記事で、完全復活を遂げました!
まだ赤子は小さいので、書ける時に書くというスタンスですが、無理をしない程度にバリバリ行こうと思います。

 

さて、久しぶりのゲームレビューはホラーゲーム『返校~Detention~』
1960年代の白色テロ下の台湾を舞台に、台湾のメーカーである赤燭遊戯(英語表記:Red Candle Games)さんが作りました。

「返校」とは、日本語で「学校に戻る」。
「Detention」は、日本語で「拘留」という意味。

ちなみに「返校」は本来「Fǎn xiào」と読むようですが、「へんこう」でいいのかな?

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『返校~Detention~』概要

19年8月3日時点の情報です。

発売日 2018年3月1日
発売元 PLAYISM
開発元 赤燭遊戯(Red Candle Games)
ハード Nintendo Switch
ジャンル ホラーアドベンチャー 
プレイ人数 1人
CERO D(17才以上対象)
通常価格(税込) ダウンロードソフト 1,296円
公式サイト 返校-Detention-公式サイト
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©Red Candle Games Co.,LTD. 2015-2018. Licensed to and published by Coconuts Games Limited and Active Gaming Media Inc.

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

ゲーム内容・攻略のヒント

ゲーム内容・攻略のヒントについては、こちらの記事でまとめています。
→ 返校~Detention~ ゲーム内容・解説・攻略のヒント

 

 

良い点

優秀なストーリー

最初は、なにもかも意味がわかりませんでした。
しかし、だんだんと彼らのこと、彼らの身の回りの状況、彼らの生きた時代、などが見えてくると、どんどんストーリーに引き込まれていきました。

ただ人によっては、「彼らの気持ち」がわからず、「なぜ?」という疑問ばかり湧いてしまうと、楽しめないかもしれません。
「彼らの気持ち」を考えながら、ゲームを進めると楽しめると思います。

 

適度な仕掛けや謎解き

ストーリーを見せたいので、あまり難しい仕掛けや謎解きはありません。
謎解きにつまづいたとしても、よく観察したり、場所を移動したりしていけば自力でも解けると思います。

という私は、2つほど解けなくて調べてしまいました。
調べたら、簡単な話だったという・・・。

なお仕掛けや謎解きは、おもしろいものも多く、満足でした。

 

適度な怖さ

「怖すぎて、ゲームが進められない」というわけではありません。
幽霊や雰囲気、音楽、効果音等に、ゾゾゾとする感じでしょうか。
しかし不気味さ、不快さ、得体の知れなさが恐怖を増幅させます。

適度な怖さで、プレイがしやすかったです。

 

分岐点のやり直しがしやすい

このゲームのエンディングは2つで、分岐箇所は四章。
4つの質問を全て正解し、最後にアイテムを拾うとTRUEエンド
質問の答えを間違ったり、最後のアイテムを拾わないとBADエンド

で、分岐のきっかけは全て四章なので、もう1つのエンディングを見たい場合は四章からやり直せばOK

なんて親切。

 

その他の良い点

  • 死んでもペナルティがない
    幽霊に殺されるとセーブポイントまで戻されてしまいますが、獲得したアイテムは持った状態のままなので、ストレスがなく進められました。
     
  • ビジュアルが素敵
    ネタバレになるので詳しくは言えませんが、「ハッ!」とする場面もあり、効果的でした。

 

 

不満点

ロード時間が長い

場所が変わるたびに、ロードが入るのですが、これが長い。
短く終わる箇所もあるのですが、10秒以上待たされる時もあります。

ロード中には紙飛行機が折られる演出が入ります

 

 

気になった点

人によって好みが分かれる

良い点でも述べたように、このゲームが重視しているポイントは「ストーリー>怖さ」なので、怖さを求めている人にとっては、物足りないと思います。

私は怖さよりもストーリーを求めていたので、このゲームは気に入りましたが・・・。

 

黒電話の使い方

ゲーム中に黒電話が出てきます。
私は黒電話の使い方を知っていますが「知らない方が多いのでは?」とちょっと気になりました。

ちなみに使い方は、受話器(数字の上に、横に設置されている耳と口に当てるもの)を取る。
次に電話番号の数字に指を入れ、時計回りに止まるまで移動させる。
それを電話番号の最初から最後まで行う。

このゲームだと、受話器を取り、数字をタッチすると、自動的に時計回りに移動してくれます。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 4時間30分

 

 

総評

私は、基本的にはホラーゲームは苦手なのですが、唯一プレイできるホラーゲーム『クロックタワー』(PS)と同じ横スクロールだったので、このゲームに挑戦しました。
そして、なんとか無事にクリアできました。

TVモードでプレイしていたのですが、あまりの怖さにテーブルモードにして、プレイしていました。
大画面よりも、怖さが半減しましたよ。

 

気になった点でも書いたように、人を選ぶゲームだと思います。
このレビューを見て、プレイしたいと感じたならば「買い」だと思います。
あっ、購入後、当ブログに文句は言わないでくださいね。
個人的意見ですので。

ゲーム内容・攻略のヒント記事はこちら
→ 返校~Detention~ ゲーム内容・解説・攻略のヒント

全体評価   ★★★★☆

シナリオ   ★★★★☆
操作性    ★★★★☆
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★★☆
ビジュアル  ★★★★☆
音  楽   ★★★★☆

 

夫からもちょっと言わせてくれ

ともレビューでも書いてある通り、『クロックタワー』に近いシステムです。
謎解きも手ごろな難度で、詰まるところはあまりないと思います。

特に良い点は、宗教観や時代背景を絡めたストーリー。
戦時中の学校のあれこれは、日本でも似たような時代もありましたし、他人事ではありません。
明確に答えを「ドーン」と語るタイプのシナリオではないので、プレイヤーそれぞれが物語を考察できる点も良いです。

 

「恐怖演出」は後半になるにつれ少なくなり、代わりに「考えさせられる描写」が増えていきます。
個人的には、もっと全体に「恐怖」を満遍なく散りばめると、メリハリが効いて良かったかなと思いました。
まぁ、シナリオ的に難しいかもしれませんが。

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , , ,