私たちのお気に入り

「魔人」 フィギュア紹介

2019/09/01

はじめに

今年からの新企画として、我が家にあるゲームやサブカルチャーの関連品を紹介する「コレクション紹介」を開始します。

今回は、『真・女神転生』シリーズの強力な悪魔、「魔人」のフィギュアを紹介します。

「魔人」は作品によって異なりますが、低確率またはイベントで戦闘になる敵キャラで、超強い!
何らかの固有スキルを持っていることが多く、そのスキルも超強い!
最近の作品では、撃破すると合体で作れるようになります。

 

17年1月9日現在、我が家にある「魔人」フィギュアは3体。
「マザーハーロット」、「マタドール」、「アリス」。
それでは、1体ずつ紹介していきます。

この記事は、みなとがお伝えします。

スポンサーリンク

記事下広告1

魔人 マザーハーロット

魔人 マザーハーロット

 

出典・解説

初出は『真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス』。
「マザーハーロット」はアトラスが付けた名称で、『ヨハネの黙示録』に記された名は「バビロンの大淫婦」。
七つの頭、十の角を持つ赤い獣にまたがります。

『メガテン』シリーズでは「魔人」。
『ペルソナ』シリーズでは、「女帝」のアルカナ。
いずれも最強クラスのレベルと能力を持っています。

 

これはフリューから出た、プライズフィギュア。
ゲームセンターの景品ですが、うちはフィギュアショップで購入しました。

 

写真集

見下ろされてみた。

魔人 マザーハーロット

横から。

魔人 マザーハーロット

後ろ。
尻尾もしっかり造形されています。

魔人 マザーハーロット

金杯から出る怪しい煙も再現。
「バビロンの杯!」。

魔人 マザーハーロット

ペディキュアもちゃんと塗ってるオシャレさん。

魔人 マザーハーロット

 

 

魔人 マタドール

魔人 マタドール

 

出典・解説

初出は『真・女神転生Ⅱ』。
特別な伝承はありませんが、死と血を求める闘牛士が死神のような存在になったモノ。

『ペルソナ』シリーズにも、「死神」のアルカナのペルソナとして登場します。

『真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス』では、ストーリー上、必ず遭遇することになる魔人。
異常に強く、そこで挫折するプレーヤーもいたとか。

 

これはコトブキヤのワンコインフィギュア。
ワンコインとは思えない丁寧な作り。
が、うちのマタドールは自力で立てないので、寝かせて撮影。

 

写真集

「赤のカポーテ!」

魔人 マタドール

細かく装飾されている衣装。

魔人 マタドール

魔人 マタドール

 

 

魔人 アリス

魔人 アリス

 

出典・解説

初出は『真・女神転生』。
ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』、『鏡の国のアリス』のアリスがモチーフ・・・だと思います。
物語上では、2人の悪魔の寵愛を受けた、名もなき「死んだ女の子」かと。
その後「魔人」としての力を得て、様々な作品に登場することに。

作品によっては、「死神」のアルカナや、「屍鬼」の種族で登場することもあります。
相手を即死させるスキルを所持していたり、魔法に特化した能力値であることが多いです。

 

これもコトブキヤのワンコインフィギュア。
赤い瞳がとても怖く、つねに見られている感じ・・・。

このデザインは結構昔のもので、最近の作品では採用されていません。

 

写真集

様々な方向から。
可愛らしい容姿ですが、禍々しい雰囲気は健在。

魔人 アリス

魔人 アリス

魔人 アリス

「死んでくれる?」。

魔人 アリス

 

 

 

まとめ

まずは『メガテン』シリーズから、「魔人」のフィギュアを3体紹介させていただきました。
思い入れの強いシリーズだけに、関連商品も沢山所持しています。
また随時紹介していきますので、お付き合いくださいませ。

関連記事はこちら
→ 「 フィギュア 」 一覧

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-私たちのお気に入り
-, , , ,