ゲームレビュー

FRAMED Collection(フレームド コレクション) 感想・レビュー byとも

2019/02/11

FRAMED Collection

パズルゲーム『FRAMED』と『FRAMED2』がセットになった『FRAMED Collection』をレビューします。

今作の主人公はスパイたち。
アニメーション漫画のコマ(フレーム)を動かすことによって、警官や追手から逃げることができます。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『FRAMED Collection』概要
発売日 2018年5月31日
発売元 Fellow Traveller
開発元 Loveshack Entertainment
ハード Nintendo Switch
ジャンル パズル
プレイ人数 1人
対応コントローラー Proコントローラー
プレイモード TVモード、テーブルモード、携帯モード
CERO B(12才以上対象)
通常価格 1,100円(税込)
公式サイト FRAMED Collection(任天堂公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 © 2012-2018 Loveshack Entertainment

 

ゲーム内容

コマを移動させることで、物語が進行していきます。

FRAMED Collection

進行していくと、コマの移動だけでなく、回転も必要になってきます。

FRAMED Collection

さらに、通常ならば使い切りのコマですが、再利用して使用するステージもあります。

コマを移動させ、警官や追手から逃げましょう。

 

プレイする順番

難易度的にも、ストーリー的にも、『FRAMED』→『FRAMED2』の順番がオススメです。

 

良い点

コマを移動させて進行する、新感覚パズル

コマを移動することによって、スパイ達はそのコマに合った動きをします。

警官に捕まったり、警官を倒したり、落っこちたり・・・。
コマを動かすことにより、どんな行動を取るのか、といった楽しみがありました。

なので、成功ルートだけでなく、失敗のルートをわざわざ選んだりもしました。
寄り道もこの作品の醍醐味でした。

また、さっくりと終わるステージもあれば、かなり悩むステージもあり、大変楽しめました。

FRAMED Collection

 

スタイリッシュな見た目と、かっこいいBGM

ノワール調で、文字や会話もありません。
とてもスタイリッシュで、かっこいいです。

また、オリジナルBGMのジャズが、これまたかっこいいです。
世界観にピッタリでした。

FRAMED Collection

 

心に刺さる素敵な演出

プレイした時に、感動してほしいので、ネタバレはしませんが、素敵な演出がところどころ用意されています。

おお!っとなる演出がよかったです。

 

不満点

一時停止ボタン

私は、ボタン操作ではなく、タッチ操作でプレイをしていました。
何度もコマを使用するステージでは、コマの移動中は進行が止まりますが、コマを移動させると、すぐに開始してしまいます。

それを予防するために、一時停止するのですが、一時停止ボタンはYボタンのみ。
タッチ操作で、一時停止ができません。
一応、コマを移動させる間は一時停止しますが、画面を触り続けなくてはなりません。

コマの移動、再生、早送りはタッチ操作でおこなっていたのに、一時停止だけボタン操作で、スマートではありませんでした。

画面の再生マークが一時停止マークになるとか、ダブルタップで一時停止になるとよかったです。

 

気になった点

ストーリー

『FRAMED2』のストーリーの方が単純明快です。

けれど『FRAMED』の方は

どういうこと?

と何度も様々な場面を見返してしまいました。

会話がない分、そこは想像力を働かせる必要があります。

私は自分なりにストーリーを解釈しましたが、人によっては分からないままかもしれません。

 

スパイの進行がアメコミ式

スパイたちがコマの中を進む方向は、左から右。

単純なコマの配置なら、とてもわかりやすいのですが、回転の ギミック が入ってくると、複雑に感じます。
どのルートを通るのかわからなくなるのです。

なぜだろうと考えてみると、日本の漫画のコマの進みとは逆なんです。

日本の漫画は、右から左。
けれど、アメリカの漫画は左から右。

アメリカンコミックに慣れている方なら、問題ないのでしょうが、慣れていない私は、実際に動かすまで、進行がわからないことがありました。

例として、コマの進行順に番号を付けてみました。(どちらも正解ルートではありません)

上記のコマなら、わかりやすいですが、動かすと複雑に。

小さくていいので、進行の番号が表示されると見やすかったのですが、スタイリッシュさを考えると、それは不要。

悩ましいです。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 4時間

 

総評

セールで偶然発見した、今作。

「漫画のコマを動かすパズル」という斬新なシステムは、驚きとユーモアたっぷりで、おもしろいです。

ノワール調のグラフィックや、カッコいいジャズBGMもステキです。

少し分かりづらいところや操作しづらいところもありますが、頭の体操にもなりますよ。

 

通常価格は、1,100円(税込)です。

全体評価   ★★★☆☆

シナリオ   ★★★☆☆
操作性    ★★★☆☆
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★★☆
ビジュアル  ★★★★★
音  楽   ★★★★☆

夫からもちょっと言わせてくれ

■19年2月11日追記

漫画のコマ(フレーム)を入れ替えることで、進行に変化が生まれ、スパイを逃がすことができる。

とても斬新でおもしろいシステムでした。

ジャズBGMがとてもスタイリッシュで、黒を基調にした絵柄もクール。
セリフが一切ないのも、想像が掻き立てられ刺激的でした。

ゲーム自体は非常に短いので、人によっては物足りないかもしれませんが・・・。
値段相当だとは思います。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , ,