ゲームレビュー

蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック 感想・レビュー byみなと

蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック

インティ・クリエイツが贈る2Dアクション『ガンヴォルト』シリーズの2作が1本になった、
蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック』の感想・レビューです。

『蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト』と、『蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト 爪(ソウ)』が収録されています。

19年9月26日発売の『白き鋼鉄のX』は、今作のスピンオフにあたります。

スイッチ版をプレイしました。
爽快でカッコイイ2Dアクションが遊びたいなら、コレ!
インティクリエイツは、『ロックマンゼロ』を手掛けた会社。
手触りの良さはお墨付きです。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック』概要

19年9月26日時点の情報です。

発売日 3DS版 2016年8月25日
Switch版 2017年8月31日
発売元 インティ・クリエイツ
開発元 インティ・クリエイツ
ハード Nintendo Switch、ニンテンドー3DSシリーズ
ジャンル ライトノベル2Dアクション
プレイ人数 1人
CERO B(12才以上対象)
通常価格(税込) 【3DS版】ダウンロード版・パッケージ版 各5,184円
【Switch版】ダウンロード版4,900円 パッケージ版5,400円
公式サイト 蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©INTI CREATES CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

ゲーム内容

ボスが待つ2Dステージを進み、敵を倒したり仕掛けを解いたりしながら攻略する横スクロールアクションです。

近未来の世界で、超能力や射撃で戦う『ロックマン』に近いゲームシステムです。

蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック

手動セーブです。

 

蒼き雷霆 ガンヴォルト

蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック

主人公は「ガンヴォルト」。
ショットで撃った相手をロックオンし、電撃燐で大ダメージを与えるスタイル。

 

蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪

蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック

主人公は「ガンヴォルト」と「アキュラ」。
スタート画面で切り替えて、別々のストーリーを追います。

アキュラは、ダッシュアタックで敵にぶつかることでロックオンし、ショットでダメージを与えるスタイル。
倒した敵の能力を使うこともできます。

 

 

良い点

カッコいいドット絵

蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック

全体的に丁寧でカッコいいドット絵が光ります。

主人公のデザインはどちらもスタイリッシュで、動きやエフェクトも凝っています。

画面的に「見づらい」と思ったシーンも少ないので、見やすさも考慮した画作りを心掛けているのではと感じました。

蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック

カットインなどでは綺麗なグラフィックが用意されていて、こちらもカッコいいです。

 

爽快なアクション

「ただ射撃するだけではダメ。」

独特なバトルシステムではありましたが、コツをつかむと簡単に爽快なアクションを味わえました。

「気を付けていれば、ほぼ無敵の状態で攻略できるモード」にもでき、アクション初心者でも楽しめる作りです。

 

歌が良い

蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック

ガンヴォルトの場合、モルフォが。
アキュラの場合、ロロが。

攻略中条件を満たすと歌ってくれます。

歌を聴きながらの攻略はテンションが上がりますし、非常に良いシステムだと思いました。

 

クエストの自動達成(『爪』)

『蒼き雷霆 ガンヴォルト』とは違い、『蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪』では、クエストは受注手続きをする必要もなく、上限もありません。
条件を満たせば、自動的に達成扱いになります。

 

報酬を受け取るのにクエスト画面に行く必要がありますが、『蒼き雷霆 ガンヴォルト』より、かなり便利になりました。

『蒼き雷霆 ガンヴォルト』では不便でしたので、そちらは「不満点」に。

 

 

不満点

クエストが3個しか受けられない(『ガンヴォルト』)

蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック

『蒼き雷霆 ガンヴォルト』では、「同時に受けられるクエストが3件まで」と制限がありました。

「条件は満たしているのに、受注していないから未達成」という状態になりがちでした。
同じステージを何度もクリアする必要があり、不満でした。

『爪』では、その点は解消されました。

 

アキュラが合わない

蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック

『爪』での主人公の1人・アキュラ。

彼のアクションの操作性も、彼自身の性格も、俺には合いませんでした。

ダッシュの挙動が難しく、無駄撃ちをかなりしました。
敵から手に入れた技も使いどころがよく分からず、持て余しがちでした。

ガンヴォルトの操作はとても楽しかっただけに、残念です。

 

 

気になった点

中二病全開な言葉たち

蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック

  • 蒼き雷霆(アームドブルー)
  • 第七波動(セブンス)
  • 変身(アームドフェノメノン)

などなど、ルビが必要な言葉がいくつも出てきます。

セリフ回しも、どこかカッコつけている感じがして、いわゆる「中二病」っぽい雰囲気のある作品です。

苦手な方は、ご注意を。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード版
プレイ時間 『ガンヴォルト』16時間30分
『ガンヴォルト爪』14時間

 

 

総評

遊びやすく、スタイリッシュな2Dアクションでした。

『ロックマン』好きは楽しめると思いますし、アクションが苦手でもクリア自体はそれほど難しくはありません。

続き物なので当然ですが、システム的にも『蒼き雷霆 ガンヴォルト』→『蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪』の順にプレイするのがオススメ。

アキュラは苦手でしたが・・・。
これは人によるかと思います。

全体評価   ★★★★☆

シナリオ   ★★★☆☆
操作性    ★★★★☆
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★★☆
ビジュアル  ★★★★☆
音  楽   ★★★★☆

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-,