週刊アトラス

2020/9/27

【TGS2020】裏ネタあり!アトラス特番「TGSだよ、目がテン!」情報まとめ【週刊アトラス】

「東京ゲームショウ2020」の中で放送された26日の「アトラス特番」を観ました!おもしろメンバーによる濃い話、聞けましたよ。

ウルトラマンZ 第14話感想

ウルトラマン

2020/9/26

ウルトラマンZ 第14話 感想夫婦対談 / 笑いと感動と迫力と驚きの四次元的神回!

『ウルトラマンZ(ゼット)』第14話「四次元狂騒曲」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

ウルトラマン 私たちのお気に入り

2020/9/26

ウルトラかいじゅう絵本 全巻感想・レビュー / ウルトラマンファン目線でツッコミまくる!?

登場ウルトラマンはもちろん、登場怪獣やモブキャラクター的な怪獣までご紹介。ちょっと変わった感想記事です。

ゲーム情報

2020/9/23

『P5R』のボードカードゲームが登場 / 3DSシリーズが生産終了 みなとも Game News Pick Up 20年9月16日~22日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!『メガテン3』の新グッズも魅力的。TGSタイムスケジュールのおさらいも。

ゲーム情報

2020/9/21

『Ori and the Will of the Wisps』『原神』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年9月17日~9月30日

20年9月17日~9月30日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『World for Two』『Into the Breach』などなど。

ゲームの旅路

2020/9/21

妻、『ツシマ』開始 / 『3Dコレクション』は『サンシャイン』から ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.22

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『あつ森』『龍が如く7』『カルドセプトリボルト』です。

Ghost of Tsushima(ゴーストオブツシマ)

ゲームレビュー

2020/9/20

ゴースト オブ ツシマ 感想・レビュー byみなと / 圧倒的迫力で魅せるオープンワールド時代劇

『Ghost of Tsushima』をクリア!「洋ゲーだし、日本のこと勘違いしたゲームでしょ?」いいえ!違います。「和」へのリスペクトにあふれた傑作でした!

ウルトラマンZ 第13話感想

ウルトラマン

2020/9/26

ウルトラマンZ 第13話 感想夫婦対談 / カネゴン大暴れ!ギャグ回に見せかけた重要なおさらい回

『ウルトラマンZ(ゼット)』第13話「メダルいただきます!」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

ゲーム情報

2020/9/18

観た!PS5ショウケース / ニンテンドーダイレクトmini

PS5とSwitchのタイトルラインナップ。夫婦で特に気になった・ピックアップしたい情報を語っていきます!

レゴシティアンダーカバー

ゲームレビュー

2020/9/17

レゴシティ アンダーカバー 感想・レビュー byとも / レゴブロックの完成度は高いが、ゲームとしての完成度はイマイチ

レゴブロックでできた世界を警察官が事件解決に奔走。宇宙飛行士になったり、現場作業員になったり、ドロボウにまで変身します!ただそこまでやる必要ある?と思うくらい犯罪に手を染めます。それってどうなの?

ゲームレビュー

スーパーマリオ64(64DS) 感想・レビュー byみなと / 3Dゲームに革命を起こした不朽の名作

2017年2月15日

評価:5

スーパーマリオ64

「3Dマリオ」の元祖。
ニンテンドー64と同時発売(ローンチタイトル)の不朽の名作、N64『スーパーマリオ64』をレビューします。
2004年12月2日発売のニンテンドーDSソフト、『スーパーマリオ64DS』についても少し触れます。

『マリオ』シリーズ初の3Dアクションであり、今作ならではの様々なアクションが誕生。
スタートからゴールまで一本道であった従来のシリーズとは異なり、ステージに隠された「パワースター」を取ることでステージクリアとなる、「箱庭型」のアクションゲームです。

「パワースター」はステージ中に複数用意されていて、取り方、取る順番もある程度自由。
「パワースター」を集めた数によって挑めるステージが増えていき、ゲームクリアには最低70枚の「パワースター」が必要。

ゲーム内の「パワースター」は全部で120枚。(DS版は150枚)

スポンサーリンク

概要

『スーパーマリオ64』概要 (クリックすると展開します)

20年9月3日時点の情報です。

発売日 64版:1996年6月23日
DS版:2004年11月21日
発売元 任天堂
開発元 任天堂
ハード ニンテンドウ64、ニンテンドーDSシリーズ
ジャンル 3Dアクション
プレイ人数 64版:1人
DS版:1~4人
CERO A(全年齢対象)
公式サイト スーパーマリオ64
スーパーマリオ64(WiiUバーチャルコンソール)
画像の出典 画像は全て上記サイトより引用
権利表記 ©1996,1997 Nintendo

 

 

良い点

動かしているだけで楽しい

みなとにとって、今作がニンテンドー64で初めてプレイしたゲームであり、初めて動かした「3Dアクション」。
そのため、今作の全てが新鮮でした。

  • 「3Dスティック」でグリグリ走るマリオ
  • 三段跳び、バック宙、幅跳びなど、多彩なジャンプアクション
  • 壁キック、崖つかまり、木のぼりなど、「高さ」を活かしたアクション
  • パンチ、キック、スライディングなどの格闘能力

最近のマリオではお馴染みのアクションもあれば、今作以降あまり見ないアクションもあり、「3Dアクション」の実験的要素を数多く盛り込んでいると思われます。

とにかく、動かしているだけで楽しい。

最初のステージを置いておいて、ピーチ城内外を意味なく走り回っていました。

DS版では、ルイージ、ヨッシー、ワリオが操作キャラに加わり、それぞれ違う個性を発揮しています。

スーパーマリオ64

 

箱庭ステージの「自由さ」

「1つの結果に対し、様々な手段を選べる自由」

これはかなり好きな要素です。

例えば「ボスの場所に辿り着く」という結果に対し、

  • 普通に道なりに進んでも良い
  • 大砲でひとっ飛びしても良い
  • ワープを駆使しても良い

他のマリオでもある程度攻略の自由さはありますが、今作は段違い。

時間制限も、基本的にはありません。

思わぬ行動が思わぬショートカットになったり、失敗してもアクションテクニックで無理矢理きりぬけたり、独特の「おおらかさ」があります。

スーパーマリオ64

 

新しいアイデアがいっぱい

初の「3Dマリオ」ということもあり、これまでにない仕掛けやアイデアを沢山盛り込んでいます。

  • カメラを持った「ジュゲム」が常にいる
  • 「絵」に入ることでステージスタート
  • 甲羅に「乗って」サーフィン
  • スティックをグルグルして、クッパを振り回す
  • 目玉の敵は、周りをグルグル回り、目を回して倒す
  • コインを100枚集めると「パワースター」ゲット
  • 赤コインを8枚集めると「パワースター」ゲット
  • 「透ける能力」と「すり抜けられる壁」
  • 水位を変えて攻略するステージ
  • 何もかも大きい場所と、何もかも小さい場所を行き来して攻略するステージ
  • 「絵」への入り方で、中の様子が変わるステージ
  • 空飛ぶじゅうたんに乗って進むステージ

まだまだ沢山!

どれも挑戦的で、新鮮で、発想もとても「自由」。
ちなみに、マリオが初めて「掛け声」を発するようになったのも今作からです。

スーパーマリオ64

 

ミニゲームも充実

まず、ソフト起動後すぐにできる「顔いじり」。

「ミニゲーム」と言っていいかわかりませんが、3Dのマリオの顔を、好きなように引っ張って遊べます。
引っ張った状態で固定もできて、かなり酷い顔にもできる。
固定を解除するとゴムのように戻るのもおもしろい。

本編内にも「スライダー」で遊べるステージがあり、競争や タイムアタック もできます。
ルートを間違えたりコインを取り逃したら、連続ジャンプキックで少しずつ戻れるという裏技っぽいテクニックもあります。

DS版では、本編と独立したミニゲームが多数収録されており、ハマるものも多いです。
DS版のミニゲームの多くは、次作『Newスーパーマリオブラザーズ』にも収録されています。

 

 

不満点

時間制限の「変身」

マリオと言えば「変身」。
今作にも「羽マリオ」「メタルマリオ」「透明マリオ」の3種が用意されています。

各変身は、その変身アイテムを出現させるステージをクリアする必要があります。

変身アイテムはブロックに入っていて、ブロックを壊すと変身アイテム「帽子」が現れ、「帽子」を取ると該当する姿に一定時間変身します。
時間が切れたら元のマリオに戻り、変身ブロックも元に戻る。

一つ一つの能力は強力だし、時間制限内に攻略する緊張感はありますが、「能力を持ち越して、別のステージを攻略」といった楽しみはありません。

「ファイアマリオ」になりたかったなぁ。

 

羽マリオの操作が難しい

上述した「羽マリオ」。

大砲か三段跳びで飛びあがると飛行モードに移行するのですが、この操作が難しい。

思うように方向転換できず、思うように上昇せず、何度墜落したことか・・・。
この「変身」を手に入れるステージは、最初から「羽マリオ」状態で空に投げ出され、訳もわからぬままよく落っこちました。

 

おなじみのキャラクターがいない

まず、「ルイージ」がいません。

DS版で華々しい復活を遂げますが(扱いは悪い)、やはりいないのはさびしいです。

敵キャラも、新キャラが多数出ている代わりに、今までの敵キャラは少なめ。
ハンマーブロスや、ゲッソー、メットやカロンもいない。

ノコノコは一応いますが、一部ステージのみの登場で、希少。

ハナチャンはボスキャラとしてのみ登場。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア パッケージ版
プレイ時間 不明。何周しているかもわからないくらい
購入した関連本 スーパーマリオ64 (ワンダーライフスペシャル―任天堂公式ガイドブック)
所持しているサウンドトラック 30周年記念盤 スーパーマリオブラザーズ ミュージック
シリーズのプレイ状況(みなと
※「3Dマリオ」に限定
スーパーマリオ64DS(DS)
スーパーマリオギャラクシー2(Wii)
スーパーマリオ 3Dランド(3DS)
スーパーマリオ 3Dワールド(WiiU)

 

総評

64版は、本当に何度も何度もプレイしました。

120枚の「パワースター」を集めては消し、集めては消し・・・。
DS版は150枚コンプリートを一度したきりで、ミニゲームばかりプレイしました。

64版をプレイしていた当時、周りでは今作についての様々なデマが飛び交っていました。

  • 「ピーチ城の地下には、さらに下があり、隠しステージがある」
  • 「『たかいたかいマウンテン』の大砲を使うと、青い「パワースター」が取れる」
  • 「ゲーム開始直後に、壁キックで城の屋上に行くとルイージに会える」

などなど、当時はネットもあまりなく、こんなようなウワサが絶えませんでした。

試してみたけど、なんにもなんなかったね!

現在でも最速クリアタイムが更新されるなど、未だに人気がある今作。

「名作過ぎて、他がダメ」などとも言われますが、そうは思わない。
今作のシステムは確かに革命的ですが、アラはあるし、DS版で改善された部分も多いです。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽
最新記事
【TGS2020】裏ネタあり!アトラス特番「TGSだよ、目がテン!」情報まとめ【週刊アトラス】

「東京ゲームショウ2020」の中で放送された26日の「アトラス特番」を観ました!おもしろメンバーによる濃い話、聞けましたよ。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

0

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , ,

© 2020 ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= Powered by AFFINGER5