ゲームレビュー

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル レビューbyみなと

2016年10月25日

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル

今作は、ネットを中心に非常に大きな波乱を巻き起こした作品である。
とはいえ、できるだけ世論に流されず、冷静で公平なレビューを心がけようと思う。

あらかじめ断っておくが、俺はネット対戦をほとんどしない。
また、格闘ゲーム自体、プレイすることが少ない。
ただのジョジョ好きゲーマーだ。
ジョジョは全巻持っているし、3部の格ゲー『ジョジョの奇妙な冒険』はクリア済み。

スポンサーリンク

概要

発売日 2013年8月29日
発売元 バンダイナムコゲームス
開発元 サイバーコネクトツー
ハード プレイステーション3
ジャンル スタイリッシュ対戦格闘ジョジョアクション
CERO B(12才以上対象)
公式サイト ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル
画像の出典 画像は全て上記サイトより引用
権利表記 ©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社 ©BANDAI NAMCO Games Inc.

 

購入に至るまでの話

俺は今作を発売日に購入している。
発表された当初から、ずっと楽しみにしていた作品なのだ。

3部の格ゲーをプレイして、「全ての部から主要キャラが参戦する、ジョジョのオールスターゲームがやりたい」と、常日頃から思っていた。
今作の発表は、まさに「夢が叶った瞬間」だった。
その後、公式PVの公開で胸が躍り、参戦キャラの情報を心待ちにし、総合スレかなんかもよく見ていた。
随分とワクワクして、発売を待っていたものだ。

 

良い点

再現度の高いグラフィック・モーション

今作最大の魅力と言っていい、キャラクターの再現度。
ジョジョは各部でタッチがかなり変わるのだが、それをきちんとモデリングにも再現されている。
それでいて、別の部のキャラクターと並び立っても違和感がないよう考えられており、素晴らしいの一言。

モーション(動き)も凝っていて、原作でのポーズや動きを上手く使っている。
特に、投げ技や、ゲージを使う必殺技はとても見栄えが良く、カッコいい。

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル

 

イメージ通りの声優陣

キャラクターの声を演じる声優陣は、豪華でイメージを損なわない実力者揃い。
特に、徐倫(沢城みゆき)や億泰(高木渉)は、もの凄くイメージ通り。
発表当時は「ん?」と思った人も、プレイしていると馴染む。
操作キャラ以外のキャラにも、豪華な声優をあてており、気合が入っている。

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル

 

豊富な衣装・セリフ

キャラクターのコスチュームは相当数用意されている。
原作で登場した衣装はもとより、単行本のカバー絵や原作での扉絵など、一度しか登場していないような衣装もある。

セリフも豊富で、挑発や勝利時のセリフをカスタマイズでき、それもきちんと声優がしゃべる。

獲得方法が大変ではあるが、どちらも収集した時の達成感・楽しみがある。

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル

 

不満点

「ゲーム」としての調整の甘さ

上で述べたとおり、声や衣装を含め、キャラクターとしての再現度はかなり高い。
が、「ゲーム」として見た際、その調整の甘さ・粗さは無視できない。

  • 原作をはしょりまくり、かつ文章ばかりの「ストーリーモード」
  • 案内キャラのコメントが邪魔
  • 修正を繰り返す破目になった戦闘バランス
  • 中途半端で不便な「ギャラリーモード」

など、時間さえあれば何とかなったんじゃないかという問題点が多い。

 

邪魔な「シチュエーションフィニッシュ」

ステージ毎に仕込まれた「ステージ ギミック 」と「シチュエーションフィニッシュ」がある。
前者は、おもしろい。戦略的だし、原作再現も良い。
後者は、邪魔。
無理やり取ってつけた感が強い。
せっかくカッコ良く必殺技で勝負を決めても、条件が合えば発生してしまい、しょうもない演出が入る。
杜王町はまだおもしろいが、杜王町のシチュエーションフィニッシュがやりたくて、他のステージも仕方なく作りましたか?

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル

 

参戦キャラの偏り

DLC を含めた、各部の参戦キャラは以下の通り。

  • 第1部 3キャラ
  • 第2部 6キャラ
  • 第3部 9キャラ
  • 第4部 8キャラ
  • 第5部 6キャラ
  • 第6部 4キャラ
  • 第7部 3キャラ
  • 第8部 1キャラ
  • その他 1キャラ

そもそも話数の少ない第1部や、連載中の第8部は仕方ないが、第6部・第7部の不遇さよ。
人気の部とはいえ、第3部・第4部の多さも気になる。
格ゲーの1作目で40キャラを超えるのは、かなり多い方になるそうだが、第6部・第7部好きとしては悲しいところ。
ウェザーとディエゴが使えないのは、ホント納得いかない。

 

物議をかもした「キャンペーンモード」

ソーシャルゲームのようなスタミナ制で、スタミナを消費することで敵を探索し、戦闘をし、結果次第でカスタマイズ要素を獲得する。
上で述べた衣装やセリフの獲得には、このモードをこなす必要がある。

  • このモードの存在自体、発売直前まで伏せられていたこと
     
  • スタミナの回復や、ねらった敵を出現させることに、課金要素があること
     
  • 「このモードは、エネルギーが溜まっている分だけ、無料で遊べちまうんだ!」というナビゲーションのセリフ内容
     
  • オフラインではプレイできない

この辺りが、非難を浴びる要因かと。
そもそも繰り返しプレイするほど、おもしろいモードでもないのだが。

とはいえ、探索中の各ミニイベントは、原作キャラをふんだんに使った凝ったもの。
獲得できる衣装は、もちろんとても良い。
購入していない DLC キャラと出会えば、戦うことも可能。
調整を繰り返された現在は、スタミナ回復も早く、ねらった敵も出やすい、遊びやすいモードになっている。

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル

 

プレイ状況

ソフトウェア パッケージ版
プレイ時間 覚えていない
購入した追加コンテンツ 「バオー」以外の DLC キャラクター
シリーズのプレイ状況(みなと
※『ジョジョの奇妙な冒険』を題材にしたゲーム
3部対戦型格闘ゲーム「ジョジョの奇妙な冒険」(PS)
トロフィー 状況 100%
トロコン 難易度 とても簡単

 

総評

クソゲークソゲーと言われまくっている今作。
まぁ実際、発売直後はそう言われても仕方ないかと。
期待度が高く、発売日に買った人ほど、そんな評価になりがちかな。

しかし、ユーザーからの不満・バッシングを真摯に受け止めたのであろう、製作陣。
発売から度重なるパッチによる調整のため、現在は随分改善されている。

各部の主要ジョジョキャラたちが、高クオリティのモデリングで再現され、操作できる。
俺にとっては、これだけでも結構な満足度。
対戦も基本的には家族とだし、ワイワイ楽しくプレイした。
・・・キャンペーンモードは確かに面倒くさいが、マシになったし。

値は崩れに崩れ、今なら1,000円以下で手に入る。
パッチをあてれば、十分楽しめるゲームである。
ジョジョ好きなら特に、そのビジュアルに感動できるかと思う。
ネット接続が必須ではあるが・・・。

余談だが、某雑誌のクロスレビューで、今作は満点を獲得した。
いくらなんでも、満点はない。
クロスレビューがいかに信じられないものか、浮き彫りになった、できごとである。

今作の素材を使用した新作『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』が発売中である。
こちらは未プレイ。

総合評価   ★★★☆☆

シナリオ   ★☆☆☆☆
操 作 性  ★★☆☆☆
システム   ★★☆☆☆
キャラクター ★★★★★
ビジュアル  ★★★★★
音   楽  ★★★★☆  

妻からもちょっと言わせてもらいます

今作の製作発表時から、夫はウキウキしていました。
そして、私にこういうのです。
「ジョジョ全巻読んでほしい」

実は、ジョジョは名前と作風くらいしか知らなく、読もうとも思ったことがなかった作品でした。
つまり、ゲームも発売されるし、原作を知って、一緒に楽しもうという夫からのお願い。
お願いされてから、しばらく経ってから、しぶしぶ読み始めました。
第一部は、筋肉ムキムキで正直好きになれない、作風。
我慢しながら、それでも、少しずつ魅力を感じ始めました。
そして、第二部、第三部とハマっていき、第八部まで、100巻以上を一気に読んでいきました。
まったく、読む手を止められませんでした。
そして、ゲーム発売日を、夫と一緒にワクワクしながら待っていたのでした。

確かに不満点はあるゲームですが、原作の再現度が素晴らしく、感動しながらプレイしていました。
格ゲーは苦手で、いつもは適当ボタンなのですが、できるだけ、ちゃんとしたボタンでプレイしていました。
だって、かっこいい技や、必殺技が見たいじゃないですか。
がんばりましたよ。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

1+

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!
入力していただいたコメントは、管理人が承認するまで画面には反映されません。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , ,

© 2020 ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= Powered by AFFINGER5