ゲームレビュー

LATE SHIFT(レイト・シフト) 感想・レビューbyとも

2020/02/15

レイトシフト

まるでサスペンス映画!
しかし、あくまでもゲームです。

プレイヤーは選択肢を選び、主人公の命運を決めていきます。

Switch版をクリアしました!
ファーストレビューの記事に加筆しました。
ネタバレなしです。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『LATE SHIFT(レイト・シフト)』概要

20年2月15日時点の情報です。

発売日 Switch版 2019年6月20日
PS4版 2019年6月20日
発売元 CIRCLE Ent. 、Wales Interactive
開発元 Ctrl Movie
ハード Nintendo Switch、プレイステーション4
ジャンル アドベンチャー
プレイ人数 1人
CERO D(17才以上対象)
通常価格(税込) ダウンロードソフト
Switch版 1,510円
PS4版 1,507円
公式サイト レイト・シフト(海外公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 © 2006-2019 CIRCLE Ent. All Rights Reserved.

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

ゲーム内容

今作は、映画そのままの実写映像を観ながら進めるゲームです。

様々な場面で選択肢が出ます。
プレイヤーは時間内に選択肢を選んで、主人公マットの命運を決めていきます。

レイトシフト

 

システムまとめ

今作のシステムをまとめてみました。
参考にしてください。

  • メニュー画面を開くと一時停止になりますが、静止した映像は見られません。
    なので、選択肢をじっくり見て選ぶことはできません。
     
  • 早送り、巻き戻し機能はありません。
     
  • 既読スキップ機能はありません。
     
  • バックログ機能はありません。
     
  • チャプター選択画面はありません。
     
  • 選択画面で時間内に選択しなかった場合は、選択肢が自動決定される時もあれば、「黙っている」という選択になることもあります。
     
  • チャプターごとにオートセーブされているようです。
    しかし、チャプターの位置はわからない仕様です。
     
  • クリア後は「新しいゲーム」を選択することで、最初から始めることができます。
    途中から始めることはできません。

 

中国人役を日本人が演じている

日本人の安部春香さんが中国人メイリーン役を演じています。

てっきり、中国人かと思っていました。

安部春香さんの演技にもご注目を。

レイトシフト

レイトシフト

 

 

良い点

映画を操る感覚

本物の映画のストーリーを自分の選択で操るという不思議な体験を味わいました。

ささいな選択で、物語が大きく変わることもあり、いろんな選択を楽しんでいました。

サスペンス系で、とても真相が気になるストーリーでした。

レイトシフト

レイトシフト

 

 

不満点

誤字多め

英語では当然聞き取れないので、字幕を付けていますが、この字幕に誤字があります。

誤訳だったり、入力間違いだったりします。

例を挙げると、以下の画像の通りです。

レイトシフト

「ケイサル」ではなく、「ケイサツ」が正解

レイトシフト

マットが突然、おねえ言葉に

 

ヒントがほしい

2周目をプレイしたにも関わらず、1周目と同じエンディングにたどり着いてしまいました。

どこの選択をどうすればいいのか

というヒントはありません。
2周目以降でいいので「ヒントを見る」という選択が出て、他のエンディングにたどり着けるような配慮がほしかったです。

また「どのエンディングに達したのか」という表示もないため、どういうルートだったのかもわからないまま。

PS4版ならばトロフィー情報でわかったのかもしれませんが、Switch版にも「エンディング後のルート名表示」がほしかったです。

レイトシフト

ちなみに「アンロックされた結末」は6つになっていますが、主な結末のパターンは3つ。
なぜ6つになっているのか、わかりません。
おそらく「結末」だけでなく、「過程」も含まれていると思います。

 

チャプター選択も、早送り機能もない

チャプター選択がないため、エンディング後は最初からプレイしなければなりません。

選択で分岐するシステム上、チャプター選択ができなかったのかもしれませんが、繰り返しプレイするタイプのゲームなので、せめて「選択画面までの早送り機能」があるとプレイしやすかったと思います。

何度同じ場面を見たことか。

 

 

気になった点

字幕が早い

通常、映画の字幕は「視聴者が限られた時間の中で読み切れるような配慮」がされた翻訳をしています。

しかし、今作はそんなことは一切お構いなしに、セリフの通りに翻訳しています。
ですから、長セリフの場面では字幕の字数も多く、表示された時間内に読み切ることができませんでした。

幸い、スクリーンショット機能が活用しやすいSwitch版を購入したため、スクリーンショット機能を活用して、読めなかった字幕を確認していました。

これがずっと続くのかと不安になりましたが、次第に長セリフも少なくなり、快調にゲームを楽しむことができました。

冒頭15分ほどは「字幕が早い!」と感じるかと思います。

上記のツイートに「一時停止機能がない」とありますが、メニュー画面を開けば動画は止まります。
「一時停止して選択肢をじっくり見て選んだり、静止させて字幕をじっくり読んだりはできない」という意味です。
誤解された方がいましたら、申し訳ありませんでした。

 

字幕の欄が邪魔している

ケガをしている手が本当は映るはずなのですが、字幕表示の欄のせいで、見えなくなっています。

これは字幕表示欄のことを考えずに撮影してしまったカメラワークのせい。

ちょっと残念でした。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 約9時間

 

 

総評

実際に海外の映画館でスマホと連動して上映された今作。
それを、ほぼそのままゲーム機でプレイできるようにした印象です。

プレイヤーが快適にプレイできる工夫がないところが残念ですが、「実写×ゲーム」という珍しい組み合わせで、心から楽しんだのも事実です。

人を選びそうな作品でした。

全体評価   ★★★☆☆

シナリオ   ★★★☆☆
操作性    ★★★☆☆
システム   ★★☆☆☆
キャラクター ★★★★★
ビジュアル  ★★★★★
音  楽   ★★★☆☆

 

夫からもちょっと言わせてくれ

非常に珍しいタイプのゲームで、ワクワクしながら買いました。

実際プレイした感想は、ともとほとんど変わりません。

試みは良い。
が、ゲームとしては至らないところが多い。

という印象です。

今作はイギリスで実際の劇場で上映していたそうです。
スマホで選択肢を選び、リアルタイムで分岐したのだとか。
・・・グッドエンドに行けたことあるんだろうか?

と思うくらい、グッドエンドの条件が厳しいです。
正解のルートを通らないと、バッドエンドになってしまいます。

 

あと、どのエンディングに到達したのかよく分かりません。
うちはSwitch版を購入しましたが、これから購入を考えている人は、PS4版をオススメします。

PS4版なら、トロフィー情報でエンディングの種類が大体わかります。
プラチナトロフィーもあるので、トロフィーコレクターなら要チェックですよ。

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , ,