ゲームの旅路

2022/5/15

『ソルト&サクリファイス』開始 / 『ウイングスパン』はバグだらけ 【ゲゲ語り】vol.108

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『アルセウス』『ライザ』『WINGSPAN』『ソルトアンドサクリファイス』です。

Déraciné(デラシネ)

ゲームレビュー

2022/5/14

Déraciné(デラシネ) 感想・レビュー byとも / 優しさと愛があふれる反面、ダークな一面も!?

フロムソフトウェアが手掛けたPSVR専用ソフト『Déraciné(デラシネ)』のレビュー・感想です。プレイヤーは妖精となり、子どもたちのお願いを聞くことに・・・。

ゲーム情報 特別企画

2022/5/12

みなとも対談【Indie World 2022.5.11】感想 ~私たちが感じたこと~

22年5月11日に配信された「インディーワールド」で紹介された全タイトルをリスト化。その中から気になるタイトルをピックアップして夫婦で語ります。

ゲーム情報

2022/5/11

「インディーワールド」が11日23時に放送 / 『あつ森』フロッキードール第3弾が発売 みなとも Game News Pick Up 22年5月4日~10日

22年5月4日~10日の間のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!「Indie World 2022.5.11」は11日午後11時頃。『カービィ』の一番くじがカワイイ。など。

ゲーム情報

2022/5/10

『春ゆきてレトロチカ』『Salt and Sacrifice』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年5月5日~5月18日

22年5月5日~5月18日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『Trek to Yomi』『錬金術師シミュレーター』などなど。

ゲームの旅路

2022/5/9

フロムゲーを2つトロコン / 『アルセウス』開始 【ゲゲ語り】vol.107

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『トランシルビィ』『黄昏ニ眠ル街』『Déraciné』など。

私たちのお気に入り 週刊アトラス

2022/5/8

【アイロンビーズで作ってみた】だいそうじょう『真・女神転生シリーズ』

アイロンビーズ(パーラービーズ)で作成した、『真・女神転生シリーズ』のキャラクターを図案と共に公開します。今回は風鈴(ウインドチャイム)に挑戦!

トランシルビィ タイトル

ゲームレビュー

2022/5/7

トランシルビィ 感想・レビュー byみなと / 心地よいアクションと音楽が楽しいSF和メトロイドヴァニア

かわいいシルビィと謎の大陸を冒険!スキップモアが贈る爽やか探索アクション『トランシルビィ(Transiruby)』の感想・レビューです。

映画レビュー

映画「おみおくりの作法」 レビューbyとも

2017年9月4日

イメージ画像

映画イメージ

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

原題 Still Life
初公開年 2013年
ジャンル ドラマ
監督 ウベルト・パゾリーニ
主なキャスト エディ・マーサン、ジョアンヌ・フロガット、カレン・ドルーリー、アンドリュー・バカン
Amazonビデオのページ おみおくりの作法(字幕版) 
おみおくりの作法(吹替版) 

 

あらすじ

ロンドン市ケニントン地区の民生係のジョン・メイ(エディ・マーサン)。
孤独死した人の身内を探したり、葬儀を行なったりするのが彼の仕事。
真面目な彼なりの死者の弔い方で、死者を想う。

しかし、とあるできごとがきっかけとなり、死者の身内を探す旅に出ることになる。

スポンサーリンク

感想と評価

「孤独死」という名の社会問題

全国的な大きなニュースでも、地元の小さなニュースでも話題になるのが「孤独死」。
布団の上でとか、コタツの中でとか、お風呂の中でとか、自分の家なのに様々な場所で、1人息絶える。
そして、気づかれないまま何日も経過して、見るも無残な姿に変わり果てていく。
想像しただけでも、悲しく、痛ましく、憐れに思います。

そんな人物を弔うのが、この映画の主人公ジョン・メイ(エディ・マーサン)。
亡くなった方の遺品を探し、身内の情報に繋がるものや、亡くなった方の人物像がわかるものを探していきます。
そして、身内の方に葬儀に参加するよう呼び掛けたり、誰も参列者がいなければ、ジョン・メイ自らが出席。
ジョン・メイが葬儀に「華」を添えていきます。

ジョン・メイの死者への接し方がとてもわかり、ジョン・メイが愛おしく感じます。

こういう職業、日本にもあるのでしょうか。

 

ジョン・メイという人物

主人公のジョン・メイは、まじめ一筋。
おしゃべりでもなく、黙々と死者の為に仕事をこなす。

1つ1つの動作や話し方、接し方、全てにおいて、彼のキャラクターが見えます。
このジョン・メイという人物を演じたエディ・マーサンの演技力に驚きながら、見ていました。

「まじめ一筋」だったジョン・メイが変わっていく様子も、おもしろかったです。

 

この映画に向いていない人

ジョン・メイという人物や、ジョン・メイの心情を理解できない人にとっては、この映画はただツライものだと思います。
また、常日頃から映画を「ハッピーエンド」と「バットエンド」で区切ることしかできない人も、向いていないと思います。

 

ネタバレと評価

以下ネタバレの為、評価を先に。

総合 ★★★★★
脚本 ★★★★☆
演出 ★★★★★
映像 ★★★★☆

Amazonビデオのページはこちら
 おみおくりの作法(字幕版) 
→ おみおくりの作法(吹替版)

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

▼アルバム

ジョン・メイという人物がわかるアイテムの1つとして、「死者のアルバム」があります。
「死者のアルバム」とだけ聞くと、ジョン・メイが猟奇殺人者みたいですが、そんな人物ではありません。

あれは、ジョン・メイらしい死者の弔い方の1つ。

要らなくなった死者の写真をそのまま捨てるのも、しのびない。
かといって、職場に残しておいても、きっと捨てられてしまう。
じゃあ、自分のものにして、後生大事にしよう。

という感じですかね。

 

▼ラスト

ラスト10分くらいはただただ驚きながら見ていました。
いや、ちょっとは予想していたのです。
「こんな結末かなぁ。でもそれじゃ普通だなぁ」と。

しかし、まず見事に裏切られ、予想していた普通のできごとよりも、よりよい展開になり、驚きと悲しみの入り混じった、なんとも言えない感情で見ていました。
そしてそして、大号泣するのでした。

 

▼対比

ラストの「対比」はすごかったです。
でも、あの光景の素晴らしさをうまく言葉にできない!
自分にボキャブラリーがないことがこんなにも悔しいことはありません。

そうそう。
「対比」と言えば、ジョン・メイとピルジャーの弔い方の対比がすごかったですね。
ピルジャーのあれは、ひどい。
灰混ざってるし・・・。

でもピルジャーのあの行為って、「行政」って感じがとてもします。
あれが普通の対応で、ジョン・メイが特別なのかもしれません。

 

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-映画レビュー
-, ,

© 2022 ゲーマー夫婦 みなとも =夫婦で運営するゲームブログ= Powered by AFFINGER5