映画レビュー

映画「ラスト5イヤーズ」 レビューbyとも

2018/04/18

イメージ画像

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

原題 THE LAST FIVE YEARS
初公開年 2014年
ジャンル ミュージカル
監督 リチャード・ラグラヴェネーズ
主なキャスト アナ・ケンドリック、ジェレミー・ジョーダン

 

あらすじ

男(ジェイミー)は、女(キャシー)に出会った時から別れるまでの物語。
女は、別れた時から出会いまで、時間をさかのぼる物語。
そういう手法の映画。

 

原案

ジェイソン・ロバート・ブラウンのミュージカル作品に基づき、脚色されて作られた。

 

今まで私が観た、リチャード・ラグラヴェネーズ監督の監督作品

  • 『マディソン郡の橋 』(1995)

スポンサーリンク

記事下広告1

感想と評価

手法はおもしろい

ジェイミー(ジェレミー・ジョーダン)は時間が進み、キャシー(アナ・ケンドリック)は時間が戻る。

でも、正直混乱してくる。

手法はおもしろい。
しかし、ほんとうに物語を見せようと思ったら、この手法はよくない。
なぜ、この手法にしたのかなぁ。
女は過去を見がちで、男は未来を見がちということなのか。

 

共感

男性が見ても、女性が見ても共感できるセリフがあると思います。
しかし、時間交差の手法が2人の気持ちを共感しにくくしている。

幸せな2人のシーンの次は、ケンカしているシーン、次はまた幸せな2人。
どう、2人の気持ちを共感しろと・・・。
これがとても残念。

 

歌声は素敵

ジェイミー役のジェレミー・ジョーダン、キャシー役のアナ・ケンドリック、共にブロードウェイ出身者。
2人の実力は本物。
いい歌声で歌ってくれています。

かといって、サントラCDが欲しくなるほど、曲は好きになれなかった。

 

飽きてくる

約90分、ほぼ歌です。
ミュージカルですが、ダンスも少ししかなく、見ているのが辛くなってくる。
ミュージカルが好きで好きでたまらない人にとってはいいと思います。
しかし、歌もセリフもダンスも見たい私には、合いませんでした。

また、結末がすぐにわかるので、「この後どうなっていくのか」という期待や不安を抱きません。
引き込まれる要素がほしかったです。

 

総合★★☆☆☆
脚本★★☆☆☆
演出★★★☆☆
映像★★★☆☆

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-映画レビュー
-,