ゲームの旅路

2022/5/15

『ソルト&サクリファイス』開始 / 『ウイングスパン』はバグだらけ 【ゲゲ語り】vol.108

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『アルセウス』『ライザ』『WINGSPAN』『ソルトアンドサクリファイス』です。

Déraciné(デラシネ)

ゲームレビュー

2022/5/14

Déraciné(デラシネ) 感想・レビュー byとも / 優しさと愛があふれる反面、ダークな一面も!?

フロムソフトウェアが手掛けたPSVR専用ソフト『Déraciné(デラシネ)』のレビュー・感想です。プレイヤーは妖精となり、子どもたちのお願いを聞くことに・・・。

ゲーム情報 特別企画

2022/5/12

みなとも対談【Indie World 2022.5.11】感想 ~私たちが感じたこと~

22年5月11日に配信された「インディーワールド」で紹介された全タイトルをリスト化。その中から気になるタイトルをピックアップして夫婦で語ります。

ゲーム情報

2022/5/11

「インディーワールド」が11日23時に放送 / 『あつ森』フロッキードール第3弾が発売 みなとも Game News Pick Up 22年5月4日~10日

22年5月4日~10日の間のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!「Indie World 2022.5.11」は11日午後11時頃。『カービィ』の一番くじがカワイイ。など。

ゲーム情報

2022/5/10

『春ゆきてレトロチカ』『Salt and Sacrifice』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年5月5日~5月18日

22年5月5日~5月18日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『Trek to Yomi』『錬金術師シミュレーター』などなど。

ゲームの旅路

2022/5/9

フロムゲーを2つトロコン / 『アルセウス』開始 【ゲゲ語り】vol.107

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『トランシルビィ』『黄昏ニ眠ル街』『Déraciné』など。

私たちのお気に入り 週刊アトラス

2022/5/8

【アイロンビーズで作ってみた】だいそうじょう『真・女神転生シリーズ』

アイロンビーズ(パーラービーズ)で作成した、『真・女神転生シリーズ』のキャラクターを図案と共に公開します。今回は風鈴(ウインドチャイム)に挑戦!

トランシルビィ タイトル

ゲームレビュー

2022/5/7

トランシルビィ 感想・レビュー byみなと / 心地よいアクションと音楽が楽しいSF和メトロイドヴァニア

かわいいシルビィと謎の大陸を冒険!スキップモアが贈る爽やか探索アクション『トランシルビィ(Transiruby)』の感想・レビューです。

ゲームレビュー

Observation(オブザーベーション) 感想・レビュー byみなと / まるで実写!冷たく静かで恐ろしい宇宙の謎

2021年10月2日

評価:4

Observation

今日のレビューは、宇宙ステーションを舞台にした一人称視点のアドベンチャー『Observation(オブザーベーション)』です。

スコットランドに拠点を置く「No Code」という開発社が制作した作品です。
映画『2001年宇宙の旅』や『惑星ソラリス』に近い雰囲気の、宇宙サスペンスが繰り広げられます。

主な良かった点

  • 徹底した舞台設定
  • ハイクオリティなグラフィック

主な不満点

  • SPHEREの操作性
  • ヒントがわかりづらい
それでは詳しく書いていきます。
ストーリーのネタバレはありません。
プレイしたのはPS4版です。

スポンサーリンク

概要

『Observation』概要 (クリックすると展開します)

21年10月1日時点の情報です。

発売日 2019年9月5日
発売元 Devolver Digital
開発元 No Code
ハード プレイステーション4、Xboxシリーズ
ジャンル アドベンチャー
プレイ人数 1人
CERO B(12才以上対象)
IARC 16+(16才以上対象)
通常価格(税込) PS4版:2,628円
Xbox One版:2,900円
公式サイト Observation(PS公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 Copyright 2019 No Code. All Rights Reserved

 

 

ゲーム内容

プレイヤーはAI「S.A.M.」

Observation

国際宇宙ステーション「Observation」に搭載された人工知能・S.A.M.が、プレイヤーとなります。

とある事故が起こり、データを失ったS.A.M.。
乗組員も行方不明。

唯一コンタクトが取れる乗組員のエマ・フィッシャーと協力して、事故の原因やステーションの不具合を解明していきます。

端末の修理や操作は、基本的にはパズルのような形で解いていきます。
同じ部屋内にヒントがあったり、エマがヒントを教えてくれることもあります。

 

操作するのはカメラとSPHERE

Observation

この画像はゆがんでいる演出のところです

 

実体のないAIがプレイヤーのため、視点は常に一人称。
ゲーム画面は主に、ステーション内に設置されたカメラを通したものになります。

カメラを動かしたり、切り替えたり、ズームしたりして、ステーション内のシステムを確認・操作します。

 

物語が進むと「SPHERE(スフィア)」という球体に視点を移動させることができます。

SPHEREは無重力であれば空気噴射で移動が可能な機械で、このSPHEREを使わないと行けない場所や見られないエリアなどがあります。
逆にSPHEREではアクセスできないシステムもありますし、ゲームが進行しないと開けない端末などもあります。

 

 

良い点

徹底した舞台設定

Observation

宇宙ステーションを舞台にしたミステリー。
プレイヤーはAIで、カメラを通して攻略していくーーー。

この構造は見事に完成されており、終始感心してプレイしていました

アクシデントの謎や、そこに至る謎、そこからさらに広がる謎の見せ方や展開のしかたも上手く、引き込まれます。

ステーションの造りや、船員のプロフィールなども丁寧に設定されているので、非常にリアリティがありました

 

ハイクオリティなグラフィック

Observation

静かで冷たい宇宙の雰囲気が、120%表現されていました。
謎めいていて、恐怖すら感じる未知の宇宙が、とても丁寧に作られています。

宇宙ステーション内のグラフィックは非常に精巧で、無機質。
雑多なステーションの描写も完璧で、まさに実写のような作品でした

「実写映画そのもの」と言っていいくらいです。
実際、ストーリーの流れや展開も映画そのものでした。

さすがに人物の顔は少しCG感が出ますが、顔を映す場面も多くありませんし、気になりません。

 

多様なパズル要素

Observation

ステーション内の機械を動かしたり、エマの指示をこなしたりするために、端末を操作するシーンは多いです。

  • 手にいれた回路図に従って回路を引く
  • サーチした情報を基にパスコードを解く
  • 接続部の信号を的確につなげる

などなど、操作する端末や状況によって、さまざまなパズルを解くことになります。

同じルールのパズルを解くよりも、より「複雑な宇宙ステーションに干渉している感」が出ていたと思います。

 

 

不満点

SPHEREの操作性

Observation

宇宙ステーション内を自由に移動できる球体、SPHERE。
多くの場面でSPHEREを操作しますが、その操作性はイマイチでした。

まず、勝手に回転してしまいます。
方向転換をするだけで水平感覚が崩れ、どちらが上か分からない状態になります

「Lボタン・Rボタン」で回転が可能なので、水平状態は維持して回転したい時だけ「LR」で回転。
という操作方法だったらよかったのに。と思いました。

物にぶつかるとすぐにノイズが走るのも不満ですし、暗い所に行くとなにも見えなくなる点も良くありませんでした。

エマが照明代わりにSPHEREを使っていた場面もあったのに、自主的にライトを出せないのは、なぜ?

 

ヒントがわかりづらい

今作のパズルは多様で、パズルの難しさもバラバラです。

中にはかなり難しいものもあり、解放がわからず、ステーション内を右往左往することもしばしば。

ある英単語がわからないと解けないようなパズルもありました。
制限時間があるようなものは少ないですが、かなり時間を食ってしまったものも。
もう少しわかりやすいヒントがあるとありがたかったです。

 

 

気になった点

対象年齢について

Observation

今作の対象年齢は「CERO」と「IARC」とで違います。

PS4はCERO表記で、12歳以上対象。
XboxシリーズはIARC表記で、16歳以上対象です。

実を言うと終盤のあるシーンは、そこそこ衝撃的。
対象年齢は16歳以上の方が妥当だと思います。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロードソフト
プレイ時間 15時間
トロフィー 状況(記事作成時現在) 61%
トロコン 難易度 難しい

 

 

『Observation(オブザーベーション)』の総合評価・レビュー

高クオリティのグラフィックと、冷たい宇宙の雰囲気が融合した作品です。
「宇宙ステーションを舞台にしたミステリー」というジャンルでは、完璧に近い空気づくりかと思います。

残念ながら操作性はいまいちですが、こういったSFが好きな人には、ぜひプレイしてみてほしい作品です。

ちなみに作中で重要になる「六角形」と「六角形の嵐」。
ネタバレになるので詳しく言えませんが、実際にもそういった現象は存在するらしいです。
このように実在の現象に絡めた環境づくりも、リアリティがあって良いですね。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽
オススメ
Returnal(リターナル)
Returnal(リターナル) 感想・レビュー byみなと / 超難度だけど楽しい弾幕ローグライク

PS5のスペックを存分に活かしたローグライクTPS『リターナル』。真エンドに到達したので感想・レビューをお届けします。想像の5倍難しく、5倍楽しい!ですが、不満もチラホラ。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , , , ,

© 2022 ゲーマー夫婦 みなとも =夫婦で運営するゲームブログ= Powered by AFFINGER5