ゲームレビュー

Subnautica サブノーティカ 感想・レビュー byみなと / 建築にハマる!ディープなオープンワールドアドベンチャー

2021年8月7日

評価:4.5

Subnautica

今日のレビューは『Subnautica(サブノーティカ)』。

海外 インディーズ スタジオが贈る、海洋オープンワールドアドベンチャーです。

主な良かった点

  • 手探りのサバイバル
  • ずっと住んでいたくなる魅力的な海
  • ストーリーはあっさりとしていながら、深い

主な不満点

  • バグが多い
  • 地図がほしかった
それでは詳しく書いていきます。
プレイしたのはPS5版です。

スポンサーリンク

概要

『Subnautica サブノーティカ』概要 (クリックすると展開します)

21年8月3日時点の情報です。

発売日 Switch:2021年5月13日
PS5:2021年5月14日
PS4:2020年3月19日
Xbox One:2018年12月4日
発売元 Switch:Unknown Worlds Entertainment
PS5:PLAYISM
PS4:PLAYISM
Xbox One:Unknown Worlds Entertainment
開発元 Unknown Worlds Entertainment
ハード Nintendo Switch、プレイステーション5、プレイステーション4、Xboxシリーズ
ジャンル アドベンチャー
プレイ人数 1人
CERO A(全年齢対象)
通常価格(税込) Switch:ダウンロード版 3,520円
PS5:ダウンロード版 3,000円
PS4:パッケージ版 4,708円  ダウンロード版 3,000円
Xbox One:ダウンロード版 3,500円
公式サイト Subnautica(PLAYISM公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©Unknown Worlds Entertainment, Inc. All rights reserved. And Gearbox Publishing
Licensed to and published by Active Gaming Media, Inc.
Subnautica is developed by Unknown Worlds Entertainment, Inc. and Panic Button, LLC.
CYCLOPS® is a registered trademark of OceanGate, Inc. and is used under license.

 

 

ゲーム内容

主人公は、海洋惑星に不時着したあなた自身。
今作は、1人称視点で進行していきます。

Subnautica

ストーリー的には、この惑星から脱出することでエンドロールを迎えます。
エンドロールを迎えた後も、脱出前の状態から再開し、続けて遊ぶこともできます。

 

難易度設定

Subnautica

難易度は、

  • サバイバル
    通常の難易度。
    空腹、水分、酸素、体力を気にする必要あり。
  • フリーダム
    イージーモード。
    空腹にもならないし、水分も気にしなくてOK。
  • ハードコア
    サバイバルの難易度に加え、死んだらセーブデータ消失。
    セーブ自体も「セーブして終了」しかできない。
  • クリエイティブ
    制限なく、データ入手する必要もなく、なんでも作れるモード。
    酸素も空腹も関係なく、死亡もしない。

の4パターン。

全編「サバイバル」でプレイしました。
ちなみに「クリエイティブ」で始めると、オープニングがスキップされました。

 

ゲームの目的

Subnautica

ゲームとしての最終的な目的は「脱出」です。

ですが、それまでの過程では「サバイバル」「クリエイト」「調査」の比重が大きくなります。

サバイバル

  • 海中を探索して食料を確保する
  • 酸素や敵性生物に注意しながら探索する

クリエイト

  • 調査やサバイバルに有効な装備品や食料などを作成する
  • 建造物や乗り物などを作成し、より快適に進行できるようにする

調査

  • 海中や壊れた船などから、素材やレシピなどを見つけ出す
  • 原生生物や鉱物などを調べて、惑星の生態を知る

これらは、それぞれ影響しあっています。
調査が進めば作れる物も増え、行動範囲が広がり、安全に食糧確保などもできるようになります。

この過程を楽しむのが、今作最大の目的かもしれません。

 

 

良い点

手探りのサバイバル

Subnautica

大したチュートリアルもなく、いきなり大海原に放り出される今作。
自由度の高いオープンワールドゲームではよくありますが、今作は輪をかけて放任主義です。

開始早々、空腹で死にましたからね・・・。

ですが周りを泳いでみたり、最序盤の拠点である脱出ポッドの内部をしっかり調べてみたり、潜って入り組んだところに入ってみたりすると、だんだん今作の進め方がわかってきました。

作れるアイテムも、最後まで大活躍したものやまったく使わなかったものもあります。
おそらく、プレイする人によって活躍する道具や攻略の仕方が変わる作品なのだと思います。

この手探り感は、かなり人を選ぶように思いますが、ハマれば非常に楽しいものです。
一応注意点として、暗い海底はかなりの怖さです。
海底や巨大生物に恐怖心がある人は、ご注意を。

 

ずっと住んでいたくなる魅力的な海

探索・調査が進むと、いずれ海底拠点を建築できるようになります。

こうなると、もう今作は沼のよう。

Subnautica

置き場所がなくて困っていた荷物は、

Subnautica

拠点内の棚に入れて、スッキリ。

Subnautica

大きな水槽で卵の孵化を楽しみに待つ。

 

建造できる施設のレシピを手に入れれば、探索に役立つ装置や鑑賞が楽しい窓や通路なども作れます。

建てた建造物は簡単に分解でき、素材を失ったりしないのも良い点。
そのおかげで、なっとくのいく配置になるよう何度でも試行錯誤できちゃいます。

カッコイイ拠点ができたら妻・ともに見せてみたのですが、

見て見て、ここに水槽作った。
あっちには窓もあって海底のようすが見られるよ。
こっちは全面ガラス張りのドームで、ここにベッドを置いたから寝る時に海中にいる気分になれるんだよ。
もう脱出しなくてイイんじゃない?
ここに住みなよ。

と言われる始末。
そのくらいハマる、楽しい建築です。

 

ストーリーはあっさりとしていながら、深い

Subnautica

メインのストーリー自体は、あまり長い話ではありません。
ネタバレを無視して書けば、おそらく100文字以内に主な内容は伝えることができてしまいます。

ですが、その過程で訪れる場所や出会う生物。
調べて分かる生体や惑星の秘密など、非常に深く作り込まれた世界設定を感じることができます。

なかなか考えさせられる出来事もあり、終盤では感動もしました。

プレイ時間の大半は探索でしたが、ストーリー部分も無視できない魅力です。

 

 

不満点

バグが多い

Subnautica

今作には、大小合わせてかなりのバグがあります。
これだけ作り込まれたオープンワールドゲームなので、多少は仕方ない気もしますが致命的なものもあるのでご注意を。

遭遇しやすいのは、ロード時のバグでしょうか。

PS5版以外ではどうなるか分かりませんが、ゲーム再開時の↑の読み込み画像中。
実は画面にでていないのにゲームは動いていることがあります。

うっかり海中でセーブしていた場合、ロード後に酸欠になっていたり襲われていたり・・・。

海中に行ける乗り物の中でセーブした場合、ロード時になぜか乗り物の中で泳いでいることもありました。
その場合、一度乗り物から出て入りなおすと直ります。

 

Subnautica

乗り物の付属品が浮いていたり、魚が拠点内に入り込んでしまったり、地面にめり込んだビーコンが回収できなくなったり・・・。

進行できなくなるようなバグには遭遇しませんでしたが、ちょっと多いですよね。

 

地図がほしかった

手探りのサバイバル感を楽しむ作品ではありますが、できれば地図はほしかったです。

今作の海底はかなり入り組んだ地形をしていて、ビーコンで位置を発信していたとしてもそこにたどり着くにはルートが難しい場合も多いです。

せめて「通った場所はマッピングされる」という機能でもあれば良かったと思います。

やたらハイテクな道具や施設が作られるのに、マップを表示する機能が作られないのは不自然なのでは?
方向音痴な人が今作をプレイすると、難易度は跳ね上がるかと思います。

 

 

ワンポイントアドバイス

非常に魅力的ではありますが、かなりとんがった作品の『サブノーティカ』。

せっかく始めても「なんだかよく分からん」で辞めてしまうケースもあるかと思いますので、ここで軽くワンポイントアドバイスを書いておきます。

まぁそれでも合わない人もいますので(うちの妻とか)、あくまで参考程度としてください。

まずは慣れる

「1人称視点×海中」ということで、人によってはかなり酔いやすい作品です。
まずは近海を適度に泳ぎ、慣れていくことが必要です。

キーコンフィグはかなり細かく、スティックの動作も設定できますので、自分に合った設定に変えてみましょう。

浮上や潜水は「Lボタン」や「Rボタン」で。
「上や下を向いて泳ぐ」より酔いづらいです。

 

たくさん拾って、たくさん捨てる

ゲーム開始時は、何が食べられるのか、何が材料になるのか、何もわからない状態です。

とにかくゲットできるものはどんどん手に入れ、持った状態で製造機(ファブリケーター)を起動してみましょう。
その時点で使い道のない物は、思い切って外に捨ててしまっても大丈夫です。

捨てたものはその場に落ちっぱなしになっていることがほとんどですし、またすぐ手に入るものばかりです。

ちなみに魚が速くて捕まえられない人は、暗くなるまで待ってみましょう。
動きがにぶくなっている魚もいるので、昼間よりは捕まえやすいかと思います。

 

セーブはできるだけ脱出ポッドや拠点で

上でも書いたように、今作ではロード時にバグが起こることが多いです。
もし海中を泳いでいる時にセーブした場合、ロード時に溺れてしまうこともあり得ます。

セーブはできるだけ、脱出ポッド内や作成した拠点でおこなうようにしましょう。

乗り物内でも良いですが、周りはできるだけ安全で、水圧も大丈夫な場所でセーブするようにしましょう。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード版
プレイ時間 73時間
シリーズのプレイ状況
※記事作成時点
なし
トロフィー 状況(記事作成時現在) 100%
トロコン 難易度 普通

 

 

総評

探索の自由度が高く、美しい海洋を冒険するのも魅力の今作。

1人称視点が平気で、海洋や海底や巨大生物に抵抗がなければ、ぜひオススメしたい作品です。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽
オススメ!
ABZU
ABZÛ(ABZU / アブズ) 感想・レビュー byみなと / 圧倒的な映像美で魅せる海の旅

息をのむほどの美しい水の世界に泳ぎだそう。PS4『ABZU』の感想・レビューです。開発者は「海のロマン」をわかっている。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , , ,

© 2021 ゲーマー夫婦 みなとも =夫婦で運営するゲームブログ= Powered by AFFINGER5