ゲームレビュー

A系ヲタク彼女 感想・レビュー byみなと

2019/01/24

A系ヲタク彼女

今回レビューするのは、『A系ヲタク彼女』。
Nintendo Switch向けに配信された、恋愛アドベンチャーゲームです。

元々は携帯電話用ゲーム(iモードなど)として2009年に配信された作品の移植版。
スマホでも配信されていたようですが2019年現在は配信が終了しています。

そんな今作が、家庭用ゲーム機用に!

ちなみに「A系」は、「秋葉系」って意味のようです。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『A系ヲタク彼女』概要
発売日 2019年1月10日
発売元 ワーカービー
開発元 Elements
ハード Nintendo Switch
ジャンル ほのもえ恋愛アドベンチャー
プレイ人数 1人
プレイモード 携帯モード(TVモード、テーブルモードでもプレイができるが一部動作しないため未推奨)
CERO B(12才以上対象)
通常価格 980円(税込)
公式サイト A系ヲタク彼女(ワーカービー公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 Copyright (c) 2009-2018 Elements AllRights Reserved. / published by Worker Bee Inc.

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

ゲーム内容

オタク趣味の生徒たちが所属する「メディア・アート部(MA部)」。
主人公は、そこに在籍するただ1人の男子。
初期の名前は「葛城裕也」ですが、変更できます。(途中変更不可)

同じ部に所属する同級生や部長、計4人がヒロインです。
ボイスは、ありません。

部員が5人というわけではなく、グラフィックは用意されていませんが、他にも部員がいます。

A系ヲタク彼女

 

好感度

ヒロインたちと会話し、選択肢から言葉を選び、好感度を上げていく、オーソドックスなシステムを採用しています。

目的のヒロインがいる場所は簡単に分かるので、攻略難度は低めです。
ただし、選択肢を間違えると好感度は上がりません(下がる場合もあり)。

ちなみに好感度は、OPTION(ZRボタン)の中にある「部員の好感度」で確認することができます。

A系ヲタク彼女

 

タイムリミット

攻略期間は、月曜日から日曜日までの一週間。

ただし攻略にかかれない日もあるため、実質期間は5日間ほど。

この期間内に、特定のヒロインと親密になるのが目的になります。

 

セーブ

セーブは、1日の終わりにのみできます。

セーブスロットは、1アカウントにつき8個用意されています。

 

良い点

ほんわかカワイイ

メインビジュアルでも分かる通り、今作は全体的に優しくて可愛らしい絵です。
「萌え」に寄りすぎていない点も、良いです。

シナリオ的にも殺伐とした部分は少なく、おだやかな気持ちになれます。

BGMも今作に合った雰囲気で、軽やかでカワイイ曲が多いです。

A系ヲタク彼女

 

サクッと楽しめる

攻略期間は一週間(実質5日)。
1人攻略するのに、プレイ時間は1時間くらいです。

これは恋愛アドベンチャーとしては、もの凄く早いと思います。

サクッと駆け足で恋愛できます。

 

不満点

本番までが短すぎる

ゲームプレイがサクッと終わるのは良いのですが・・・。
シナリオ的には「短すぎる」と感じました。

あまりシナリオのネタバレは言えませんが、校内対抗の発表会が週末。
その準備の期間が、ほんのわずか。

MA部に限らず、本番までの準備期間があまりにも短く現実味がありません

一般的な学校祭に当てはめてみても、せめて2週間くらいは用意してあげないと可哀想・・・。
せめて10日。
それに合わせ、ボリュームの調整があると、なお良かったです。

 

その他の不満点

  • バックログがない
  • 既読スキップがない
  • 芹香だけ、やたら攻略が難しい

 

気になった点

オタクっぽさって?

「オタクな女の子との恋愛が楽しめる。」
というイメージで購入した今作ですが、思ったほど「オタクっぽさ」を感じませんでした。

もちろん、アニメやゲームの話もしますが、比較的みんな「普通の女の子」という感じです。

まぁ、ゲーマー女子と結婚した私にとっては、「オタクといえど実はフツーに女の子」なのは、非常にうなずける点です。
おそらく今作のコンセプト的にも、そこがポイントな気もします。

ですが、もう少しそれぞれの「好きなジャンルへのオタクっぷり」が見たかったです。

 

ボイスについて

今作にはボイスはついていません。

価格のことを考えると、ボイス付きは難しいかもしれませんが、個人的には「なくても問題ない」と感じました。

ビジュアルと文面だけでも、個性は出ています。

まぁ、声優さんの演技がつくのも捨てがたいんですが。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 5時間

 

総評

全員クリアして、ギャラリーをコンプリートしました。
お気に入りは、郁美先輩かな。

A系ヲタク彼女

システムやボリュームに物足りなさはありますが、元々が10年前の携帯電話用ゲームなら、仕方がない気がします。
ただ、ベタ移植であるなら(動画撮影機能が付いたとはいえ)、980円は少し高いかな。

芹香以外は攻略難易度も低いですし、気軽にサクッと恋愛アドベンチャーが楽しめます。

みんな可愛らしいですし、暖かくホンワカした気分になりますよ。

通常価格は、980円(税込)です。

全体評価   ★★★☆☆

シナリオ   ★★★☆☆
操作性    ★★☆☆☆
システム   ★★☆☆☆
キャラクター ★★★★☆
ビジュアル  ★★☆☆☆
音  楽   ★★★★☆

妻からもちょっと言わせてもらいます

ゲーマー女子の芹香ちゃんから攻略を始めました。
「これだ」と思える選択肢を選んだつもりでしたが、さすがにそこはツンデレ。
迎えたのは、バッドエンド でした。

再び挑戦するも、またもやバッドエンド。

A系ヲタク彼女

誰もいない!!

悔しくて、トライ&エラーでメモりながら正解のルートを導き出し、エンディングへと向かいました。
大変でしたが、ツンデレ芹香ちゃんの「デレ」がかわいかったので、よしとします。

ちなみに郁美先輩も半ポイント足りなくバッドエンド。
再挑戦して、エンディングを迎えましたが、私、女心わかってないのかも。

気になったことといえば「1週間という短い期間で恋愛に発展するものだろうか」ということ。

それまでまったくなにも思ってなかった相手に対し、1週間のふれあいの中で愛が芽生えるものだろうかと。
片想いならまだしも、両想いですからね。

ちょっと現実味がないなと感じつつも、そんな恋愛ができたなら、それは絶対運命の人。
「運命の2人が恋に発展する物語」と考えたなら、とても納得できますし、ロマンチックです。

 

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , , ,