週刊アトラス

2021/10/23

日めくり悪魔動画 感想夫婦対談 / 全悪魔リスト付き『真・女神転生Ⅴ』【週刊アトラス】

「日めくり悪魔」で紹介された悪魔動画を夫婦で対談。短い動画ですが、あんなことやこんなことに気づいちゃいました。悪魔一覧も掲載。随時更新していきます。

ゲーム情報

2021/10/21

PS5がグッドデザイン金賞 / 『ELDEN RING』ネットワークテスト参加者募集中 みなとも Game News Pick Up 21年10月13日~20日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。『あつ森』次回更新は11月5日で、驚きの大型アップデート。など。

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚

ゲームレビュー

2021/10/21

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 感想・レビュー byとも / ファンは絶対プレイしよう!最高のバトル演出に酔いしれる!

アニメ版をも超える素晴らしい仕上がりで感動。ファンはもちろん、『鬼滅の刃』初心者でも楽しめます。

特別企画

2021/10/20

『スマブラSP』サウンド全曲一覧 / アレンジ担当逆引きリスト ・ 新アレンジリストあり

『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』のコレクション内で聴けるミュージックは約1000曲。「アレンジ編集担当の一覧があったら便利だな。」ふと思い立ち、「シリーズごと」「アレンジ編集担当ごと」「新アレンジ」の一覧を作成しました。全曲コンプリートしています。追加楽曲もすべて追記しました。

ゲーム情報

2021/10/19

『Skul』『謎の古代遺跡』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」21年10月14日~10月27日

21年10月14日~10月27日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『The Good Life』などなど。

ゲームの旅路

2021/10/21

『鬼滅』開始 / 『Dicey Dungeons』クリア ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.78

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『デススト』『モンキーボール』『ヒノカミ血風譚』など。

私たちのお気に入り 週刊アトラス

2021/10/17

「女神転生 悪魔召喚録」ワンコインフィギュアシリーズ紹介 ~マスコットキャラ篇~【週刊アトラス】

コトブキヤで発売していた『女神転生シリーズ』のワンコインフィギュア。私たちが持っているフィギュアの中から「マスコットキャラ的なフィギュア」を紹介します。

ウルトラマン

2021/10/16

ウルトラマントリガー 第13話 感想夫婦対談 / ネタ回かと思いきや総集編!パロディ満載で話も進む

『ウルトラマントリガー』第13話「狙われた隊長~マルゥル探偵の事件簿~」の感想を、夫婦対談形式でお届け。『ティガ』未視聴の夫婦による感想記事です。

ゲームレビュー

Batman: Arkham Asylum(バットマン:アーカム・アサイラム) 感想・レビュー byみなと / 初作から完成度の高いバットマン体験

アーカムアサイラム

今日のレビューは、『Batman: Arkham Asylum(バットマン:アーカム・アサイラム)』です。

『バットマンアーカムシリーズ』の初作であり、「今までで最も高い評価を得たスーパーヒーローゲーム」として、ギネスに登録されている作品です。
今回は、

  • アーカム・アサイラム
  • アーカム・シティ
  • アーカム・ナイト

のアーカム三部作がセットになったダウンロード版『バットマン:アーカム・コレクション』に収録されているバージョンをプレイしました。

実はこのシリーズ(『バットマン アーカムVR』を除く)は、今作『アサイラム』以外はすべてプレイ済み。
「最初の作品を、最後にプレイした感想」となります。

主な良かった点

  • 変わらぬジョーカーの魅力
  • 完成されたゲームシステム

主な不満点

  • 奇声を上げる敵
それでは詳しく書いていきます。
プレイしたのはPS4リマスター版です。

スポンサーリンク

概要

『Batman: Arkham Asylum』概要 (クリックすると展開します)

21年8月25日時点の情報です。

発売日 オリジナル版:2010年1月14日
リマスター版:2016年10月18日
発売元 ワーナー・ブラザーズ
開発元 Rocksteady Studios
ハード プレイステーション4(リマスター版)、プレイステーション3、Xboxシリーズ
ジャンル アクションアドベンチャー
プレイ人数 1人
CERO C(15才以上対象)
通常価格(税込) 【リターントゥアーカム】
パッケージ版 6,578円・ダウンロード版 6,028円
【アーカム・コレクション】
ダウンロード版 7,920円
公式サイト バットマン:リターン・トゥ・アーカム(ワーナー公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 TM & © WBEI. TM & © DC COMICS.

 

 

ゲーム内容

『バットマン:アーカム・アサイラム』は、DCコミックのヒーロー・バットマンを操作し、ヴィラン(悪役)たちからアーカムアサイラム(精神病院)を開放することが目的です。

次作(『アーカム・シティ』)以降のようなオープンワールドゲームではなく、区切られたエリアを行き来して攻略していきます。
ストーリー進行で増えるガジェットを使うことで、行けなかったエリアや取れなかったアイテムも取れるようになります。

3D作品ではありますが、メトロイドヴァニア に近いゲームデザインとも言えます。

 

コンバットとプレデター

バットマンのバトルは大きく分けて、

複数の敵集団を殴り倒す「コンバット」と、武装した敵集団をこっそり倒す「プレデター」の2種類です。

アーカムアサイラム

コンバットは基本的には「□」と「△」だけで戦うことができ、簡単操作でスムーズな肉弾戦ができます。

大量に敵がいても、複数人が同時に襲い掛かってくるわけではありません。
見た目よりずっと戦闘の難易度は低いです。

 

アーカムアサイラム

プレデターはいわゆる「ステルス戦」で、武装した敵を1人ずつ静かに倒していきます。

バットマンは部屋の上部にある足場に乗れるので、そこから部屋を見渡して敵を見定めるのが基本戦略です。

後のシリーズ作品に比べると取れる手段は少ないですが、コンバットもプレデターも基本システムはこの段階で完成されています。

「痕跡を追跡する」とった探偵的要素も、少しですがあります。

 

リドラーチャレンジ

アーカムアサイラム

ゲーム内収集要素として、「リドラーチャレンジ」というものが用意されています。

  • エリアに隠されたリドラートロフィーを拾う
  • 特定のオブジェクトをスキャンする
  • インタビューテープなどの資料を集める
  • ジョーカーのおもちゃ(歯)を破壊する

といったチャレンジです。

これもまたシリーズ恒例要素。
ただし、「ガジェットを使ったパズル要素」みたいなものはありません。

アーカムアサイラム

 

 

良い点

変わらぬジョーカーの魅力

アーカムアサイラム

バットマンの宿敵、ジョーカー。

今回もそのエキセントリックなヴィランっぷりを堪能できます。

というか今作が一作目ですので、今後もキャラクターがブレてないってことですね。
もちろん漫画原作があるのでそこに沿ったキャラクター性なのですが、声優のマーク・ハミルさんの演技もあいまって、完璧で最高のジョーカーが楽しめます。

 

完成されたゲームシステム

  • コンバット
  • プレデター
  • リドラーチャレンジ

など、シリーズの根幹をなすシステムは今作の時点でしっかり完成されていました。

さすがに後作のようなバリエーションの豊かさはありませんが、とにかくカッコよく、遊びがいのある「バットマン体験」を味わえます。

クリア時間は20時間ほどなので、比較的手軽に濃密なゲームができる点も良いですね。
リドラーはむしろ小難しいパズルがない分、今作の方が楽しめるかも?

 

キャラクターの丁寧な掘り下げ

アーカムアサイラム

登場ヴィランは多くはありませんが、インタビューテープによって、その人となりがよくわかるようになっています。

どのヴィランもその狂気性や個性が強いですし、インタビューテープはフルボイス。
なかなか聞きごたえのあるインタビューテープです。

インタビューテープ以外にも、登場していないヴィランの存在を匂わせるオブジェクトなどもあります。
『バットマン』の世界をおさらいするのにも、ちょうど良い作品です。

 

 

不満点

奇声を上げる敵

アーカムアサイラム

ゲームをある程度進めると、屋外に奇声を上げながら迫ってくる敵が発生するようになります。

特に強いわけではありませんが、奇声に驚きますし不気味だしで、苦手です。
この要素は必要でしょうか。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード版
プレイ時間 約21時間
シリーズのプレイ状況(みなと
※記事作成時点
Batman: Arkham City(PS3)
Batman: Arkham Origins(PS3)
Batman: Arkham Origins BLACKGATE(PS VITA)
Batman: Arkham Knight(PS4)
トロフィー 状況(記事作成時現在) 72%
トロコン 難易度 かなり難しい

 

 

総評

さすがに後作に比べるとできないことも多く、物足りなさは感じます。
グラップリングで空を飛べないのは、かなり残念。
ヴィランも少ないですし。

ただ、それは今作が1作目ですので、当然のこと。

むしろ1作目からシリーズの魅力的なシステムが、ほぼそろっているのはスゴイと思いました。
キャラクターゲームとして最高評価を得られたのも、うなずけます。

今回はHDリマスターでしたので、画質的にも十分なキレイさでした。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽

『バットマン』関連記事はこちら

created by Rinker
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , ,

© 2021 ゲーマー夫婦 みなとも =夫婦で運営するゲームブログ= Powered by AFFINGER5