ゲームレビュー

初プレイの方のために Detroit: Become Human(デトロイト) 感想・レビュー byみなと

2019/08/22

Detroit: Become Human

2018年5月25日に発売された、『デトロイト ビカム ヒューマン』。
トロコン 達成しました!

今作を気になって当ブログに来たあなた。
どんなゲームなのか、いろいろ調べたいところだと思いますが・・・。

今作の魅力を最大限楽しむために、伝えておきたいことがある!

そう思い、初プレイの方のためにアドバイスとレビューをしたいと思います。
ネタバレはいたしません。
購入を迷っている方や、これから始める方に、特に読んでいただきたいです!

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『Detroit: Become Human』概要

19年7月9日時点の情報です。

発売日 2018年5月25日
発売元 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
開発元 クアンティック・ドリーム
ハード プレイステーション4
ジャンル オープンシナリオ・アドベンチャー
プレイ人数 1人
CERO D(17才以上対象)
通常価格(税込) パッケージ版・ダウンロード版 各4,212円
公式サイト Detroit: Become Human
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 © 2018 Sony Interactive Entertainment Europe. Detroit: Become Human™ “Detroit: Become Human” is a trademark of Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Quantic Dream.

 

 

ゲーム内容

主なゲーム内容・操作方法は、今作の体験版の感想記事で取り扱っています。
そちらをご一読ください。
→ Detroit: Become Human(デトロイト ビカム ヒューマン)体験版 内容・感想・レビュー byみなと

 

 

これからプレイする方に

今作には、「オススメのプレイ方法」というものがあります。
といっても、「正解」を指し示す方法ではありません。

俺が思う、「今作を最大限楽しむための方法」です。

少なくとも最初の1周目は、次のことを頭に入れてプレイしていただきたいです。

 

攻略情報は見ない

うちがこれを言うのも変かもしれませんが、今作に限っては「ネット等で攻略情報を検索しない・見ない」という点に気をつけてほしいです。

シナリオを進めているとどうしても、「重大な決断」に迫られることがあります。
中には、時間制限があり、即座に判断しなくてはならない場面もあります。

でも、「何が正解か」とか「どのルートに行けるか」等の情報を見ない方が楽しめます

今作にはゲームオーバーがありません。
どのような選択をし、どのような結果になっても、物語は進んでいきます。

また、「トロフィー情報」も調べない方が良いでしょう。
今作は全て隠しトロフィーです。
トロフィー自体がネタバレですので、ご注意を。

 

戻らずに、プレイし通す

Detroit: Become Human

メインメニューの「チャプター」では、プレイ済みのチャプターに戻ってプレイし直すことができます。
ですが、最初のプレイでは「戻らずにプレイし続ける」のが、オススメです。

上でも述べたように、どのような選択をしても物語は進んでいきます。
そして、選んだ選択や取った行動は、後々のストーリーや、各主人公の行動に影響が出てきます。

「間違った選択をした」と感じても、予想外の展開に繋がる布石になるかもしれません。

「戻りたい」「やり直したい」と思うことも多々あると思いますが、まずはプレイしきってしまいましょう。
あなた自身が紡いだ物語を、体験できますよ。

 

雑誌を読む

Detroit: Become Human

ゲーム中のいたるところで見つける「雑誌」。
これには、アンドロイドが一般化された2038年の現状が、克明に記されています。

「アンドロイド」という題材で起こりうる様々な可能性・問題を最大限シミュレーションした上で考えられたと思われる、今作の舞台。
その世界の様相を、この雑誌たちで学ぶことができます。

加えて、「2038年」という時代。
2018年の現代でも問題になっている事柄が、「20年後どうなっているか」も垣間見ることができます。
このあたりも、よく練られていますし、考えさせられます。

雑誌を見つけたら、できるだけ読むようにしましょう。
興味をそそられる記事があると思います。

 

たまにメインメニューに戻る

Detroit: Become Human

通しでプレイすると、ロードも少なく快適にプレイできますが、たまにはメインメニューのお姉さんに会いに行くといいでしょう。

「ボーナス」の「ギャラリー」で、キャラクター情報を閲覧するのも良いと思います。
思いがけない発見があるかもしれません。

メインメニューのお姉さんも、いつも同じセリフを言うわけではありません。
シナリオの進行状況によっては、意外な反応をすることも・・・。

その話し方や表情も、非常に凝って描写されていますし、必見ですよ。

 

以上が、これからプレイを始める方に、特に読んでもらいたい部分です。
次に今作の「良い点」「不満点」を挙げます。

 

 

良い点

プレイする人の数だけ、異なるストーリー

今作には、非常に多くの選択肢が用意されています。

上でも書いたように、その選択は後々思いがけない影響を及ぼすことがあります。
ストーリーの大筋はある程度決まっていますが、細かいところで会話や行動の展開が変わっていきます。
最終的な着地点も、さまざま。

妻・ともも今作をプレイしましたが、俺が取った行動と違う部分が、とても多くの違いを生み出しています。
「あの時取った行動が、別の主人公に影響を与える」こともあり、その展開の細かさ・多さに驚かされます。

 

あまりにも美しいグラフィック

Detroit: Become Human

体験版でも驚いたグラフィックですが、本当に「美しい」です。
非常に丁寧に描かれたディティールや、光の当たり方など、息をのむほどです。

Detroit: Become Human

雨上がりで濡れた道路やタイルの汚れなども、かなり力を入れて表現しているのがわかります。

Detroit: Become Human

特筆すべきは、人物のグラフィックですね。
シワやシミなども描かれていて、実物にかなり近くなっています。

人間とアンドロイドとは顔の整い方が異なりますし、細かな差異にかなり注力してデザインされていると感じました。

Detroit: Become Human

こちらは「油絵」。
油絵独特の、ゴツゴツした描写がわかります。

 

デザインセンスが高い

Detroit: Become Human

ハイレベルなグラフィックに相乗して映える、デザインセンスの高さ。

服飾デザインや小物に至るまで、とても凝っていて目を見張るデザインです。
最先端の技術で作られた建築物や車両なども、近未来的でオシャレ。

逆に、開発が行き届いていなかったり、貧困に苦しむ家庭などとの対比もできています。

 

練り込まれた設定

Detroit: Become Human

舞台は西暦2038年。
アンドロイドが一般的になった社会。

そこそこ新しい型の家事用アンドロイドが、7999ドルで買える。
日本円にすると、大体80万円くらいですかね。
ローンも組めるようで、自家用車と同じくらいの感覚で買えますね。

企業の受付や、肉体労働にもアンドロイドは大活躍。

Detroit: Become Human

アンドロイドの普及で、失業率が増加。
エネルギーに関する利権など、社会問題も色々聞こえてきます。

非常に練り込まれて考えさせる設定ですし、もしかしたら起こりうる未来かもしれません。
他人事ではないですよね。

 

圧倒的な没入感・心に刺さるストーリー

プレイしていると、段々「自分がアンドロイドになった」ような感覚になります。
それほど没入感は高く、とても引き込まれます。

ストーリー展開も、心に刺さるものがあり、先がとても気になります。

以前とった行動や、出会った人物、得た情報などが、次のシナリオに影響をおよぼすこともあります。
10人が今作をプレイして、全く同じ展開で最後までいくことは、おそらくないのではないでしょうか。

それほど様々な分岐と選択肢が用意されています。
まさに、「これはあなたの物語」ですね。

 

カーラ 可愛い

Detroit: Become Human

主人公のひとり、カーラ。
彼女がとても可愛いのです。

家事用アンドロイドなのです。

スポンサーリンク

記事下広告1

 

不満点

マインドパレス中に動けない

Detroit: Become Human

動かせるものや、手がかりなどがわかる「マインドパレス」というモード。

いろいろ調べるのに便利ですが、「マインドパレス中は時間が止まる」というシステム上、この状態では動けません。
『バットマン』や『ウィッチャー』など、同様のシステムを採用しているゲームに慣れているためか、この状態で動けないのは結構不便ですね。

「時間を止めて周りを見れる」という特性があるので仕方がないですが・・・。

 

QTEが多め

Detroit: Become Human

様々な行動を起こす時に、頻繁に「指定のボタンを押したりスティックを動かす」、いわゆる「QTE」が入ります。
失敗したら再入力するだけなのでペナルティは今のところありませんが、少し多すぎるかなと。

没入感を高めるのに一役かっている気もしますが、もうちょっと減らしても良いかと思いました。

ちなみに難易度を「CASUAL」にすれば、操作自体は簡単になるようです。

 

ロードが長い

Detroit: Become Human

ゲームの再開(コンティニュー)時に、ロードが挟まります。
これだけ作り込んでいれば仕方がないかもしれませんが、かなり長いです。

80秒近くかかることもあります。

 

アクションボタンの暴発

Detroit: Become Human

プレイ中、さまざまな行動をするときに使用する、アクションボタン。
その多くは、右スティックの操作でおこないます。

が、カメラ操作も右スティック。
アクション操作をしたいのに、カメラが動く。
カメラを動かしたいのに、アクション操作が作動してしまう。
そういうことが、たまにあります。

スティック操作は、ムービーシーンのQTEだけで良かったかと思います。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア パッケージ版
プレイ時間 1周クリアまで、約15時間
トロフィー 状況(みなと 44%(18年5月28日時点)
トロコン 難易度 不明。ただしプラチナの取得率は、18年5月28日現在、0.1%

 

 

総評

いかがでしたか?
参考になりましたか?

  • 美麗なグラフィック
  • 凝ったデザイン
  • 没入感の高いシナリオ
  • 練り込まれた設定

この辺りを楽しみたい人には、今作はとてもオススメ。
あ、少しだけホラーな要素もありますが、「アンドロイド」であることを忘れなければ大丈夫かと・・・。

自分の行動や選択で物語が細かく分岐しますし、まさに「プレイする映画」のようなゲームです。
その物語は、プレイするあなた次第です。

きっと、貴重な体験を得られることと思います。

関連記事はこちら
→ プレイ済みでも必見!Detroit: Become Human デジタルデラックスエディションのここがスゴイ!
→ Detroit: Become Human(デトロイト ビカム ヒューマン)レビュー byとも
→ ネタバレあり! Detroit: Become Human(デトロイト) 感想・考察 夫婦対談

全体評価   ★★★★★

シナリオ   ★★★★★
操作性    ★★★☆☆
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★★★
ビジュアル  ★★★★★
音  楽   ★★★☆☆

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , , ,