週刊アトラス

2020/9/27

【TGS2020】裏ネタあり!アトラス特番「TGSだよ、目がテン!」情報まとめ【週刊アトラス】

「東京ゲームショウ2020」の中で放送された26日の「アトラス特番」を観ました!おもしろメンバーによる濃い話、聞けましたよ。

ウルトラマンZ 第14話感想

ウルトラマン

2020/9/26

ウルトラマンZ 第14話 感想夫婦対談 / 笑いと感動と迫力と驚きの四次元的神回!

『ウルトラマンZ(ゼット)』第14話「四次元狂騒曲」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

ウルトラマン 私たちのお気に入り

2020/9/26

ウルトラかいじゅう絵本 全巻感想・レビュー / ウルトラマンファン目線でツッコミまくる!?

登場ウルトラマンはもちろん、登場怪獣やモブキャラクター的な怪獣までご紹介。ちょっと変わった感想記事です。

ゲーム情報

2020/9/23

『P5R』のボードカードゲームが登場 / 3DSシリーズが生産終了 みなとも Game News Pick Up 20年9月16日~22日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!『メガテン3』の新グッズも魅力的。TGSタイムスケジュールのおさらいも。

ゲーム情報

2020/9/21

『Ori and the Will of the Wisps』『原神』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年9月17日~9月30日

20年9月17日~9月30日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『World for Two』『Into the Breach』などなど。

ゲームの旅路

2020/9/21

妻、『ツシマ』開始 / 『3Dコレクション』は『サンシャイン』から ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.22

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『あつ森』『龍が如く7』『カルドセプトリボルト』です。

Ghost of Tsushima(ゴーストオブツシマ)

ゲームレビュー

2020/9/20

ゴースト オブ ツシマ 感想・レビュー byみなと / 圧倒的迫力で魅せるオープンワールド時代劇

『Ghost of Tsushima』をクリア!「洋ゲーだし、日本のこと勘違いしたゲームでしょ?」いいえ!違います。「和」へのリスペクトにあふれた傑作でした!

ウルトラマンZ 第13話感想

ウルトラマン

2020/9/26

ウルトラマンZ 第13話 感想夫婦対談 / カネゴン大暴れ!ギャグ回に見せかけた重要なおさらい回

『ウルトラマンZ(ゼット)』第13話「メダルいただきます!」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

ゲーム情報

2020/9/18

観た!PS5ショウケース / ニンテンドーダイレクトmini

PS5とSwitchのタイトルラインナップ。夫婦で特に気になった・ピックアップしたい情報を語っていきます!

レゴシティアンダーカバー

ゲームレビュー

2020/9/17

レゴシティ アンダーカバー 感想・レビュー byとも / レゴブロックの完成度は高いが、ゲームとしての完成度はイマイチ

レゴブロックでできた世界を警察官が事件解決に奔走。宇宙飛行士になったり、現場作業員になったり、ドロボウにまで変身します!ただそこまでやる必要ある?と思うくらい犯罪に手を染めます。それってどうなの?

ゲームレビュー

コーラル サンゴ海の探検 感想・レビュー byとも / イラっとしちゃう癒しゲー

2020年6月11日

評価:3.5

コーラル サンゴ海の探検

「コーラル」とは「サンゴ(珊瑚)」のこと。

この「サンゴ」と、私・ともには深いつながりがあるのです。

それは・・・

私・ともはサンゴの日(3月5日)に生まれたのです!
深いつながりかなぁ?
夫!出てきちゃダメでしょ!
おおぅ、引っ込みます。

 

というわけで、サンゴをテーマにしたNintendo Switch『コーラル サンゴ海の探検』は気になっていました。

今回、セールで半額だったので購入してみました。

クリアしましたので、レビューしていきます。

スポンサーリンク

概要

『コーラル サンゴ海の探検』概要 (クリックすると展開します)

20年6月10日時点の情報です。

発売日 2019年8月1日
発売元 Rainy Frog
開発元 Carlos Coronado
ハード Nintendo Switch
ジャンル アクション
プレイ人数 1人
CERO A(全年齢対象)
通常価格(税込) ダウンロードソフト 1,000円
公式サイト コーラル サンゴ海の探検(レイニーフロッグ公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©2019 Carlos Coronado. Licensed to and published to Rainy Frog LLC.

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応していません。

 

 

ゲーム内容

プレイヤーは海流となって動く

プレイヤーは「海流」です。

ギミック を解きながら、進んでいきます。

操作方法は「L スティック」のみの「移動」だけです。

コーラル サンゴ海の探検

中央にあるうっすらと白いものがプレイヤーの「海流」です

 

フジツボのようなところから赤い光が洩れています。
これを集めていきます。

コーラル サンゴ海の探検

 

白化したサンゴのすぐ下に3つ赤いものがあります。
これは「赤い光を3つ集めタッチするとギミックが完成する」という意味です。

コーラル サンゴ海の探検

 

ギミックを解かないと障壁が邪魔で通れない箇所もあります。

コーラル サンゴ海の探検

 

コレクション(収集要素)

さまざまな場所に水色の光の塊が漂っています。

コーラル サンゴ海の探検

中央右

 

これを取ると、「サンゴ礁が置かれている現状」などを知ることができます。

またコレクションとして開放していきます。

コーラル サンゴ海の探検

章選択できるので、集めやすいです。

 

 

良い点

美しい海を堪能できる

悠々と泳いでいる魚やサメ、海ガメなどに出合うことができます。

また豊かな海では色合いも素晴らしく、その景色は息をのむほどの美しさでした。

海洋生物のためにも、美しさのためにも海洋保全は必要だと改めて感じました

コーラル サンゴ海の探検

 

今、海洋で起こっている危機を知ることができる

コレクションを取ると、海洋で起こっていることなどを教えてくれます。

知らないことも多く、勉強になりました。

一番驚いたのは下記のコレクション。衝撃でした。

コーラル サンゴ海の探検

 

 

不満点

赤い光を2度も取りに行かされる

フジツボのようなところから出ている赤い光。
これを集めて ギミック を動かすのですが、集めた赤い光を使用すると消えてしまいます。

次に進めるのならいいのですが、別のギミックを動かすのに、再度、同じ場所の赤い光を同じ数だけ集めなければなりません

え?また取りに行くの?めんどい

と、思ってしまいました。

 

「次に進んで、別の場所の赤い光を集める」ならば、集める理由もわかりますが、もう一度同じ場所の赤い光を集めるというのは「手抜き」にしか思えませんでした。

 

ギミックのルールはプレイヤーの「勘」に任される。操作性もイマイチ。

説明やチュートリアルもなく、ギミックを解くルールはなんとなく「勘」でプレイしていました。

ボタン操作は必要ないとはいえ、不親切に感じました。

またプレイヤーは「海流」なので、動きに慣性があり、操作性はイマイチでした。

コーラル サンゴ海の探検

 

 

気になった点

アクションよりパズルの方がよかったのでは?

プレイヤーは「海流」。
ギミック によって早く動くことはできますが、ボタン操作で早く動くことはできません。

制限時間がある場所ではギミックの配置を考えて、どの順番で動いていくかを考えねばならず、さらに正確に動かなければなりません。
それはさながら「アクションゲーム」。

イラっとする!パズルゲーじゃないのか

と思いながら、今作のジャンルをみたら「アクション」の文字。

アクションだったのか!

 

せっかくの美しい景色。

アクションであたふた動き回るよりも、完全にパズルゲームにして、ゆったりと景色を堪能しながらギミックを解く方が今作には合っていたように感じました。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 2時間30分

 

 

総評

美しい海、きらめく光、リアルな海洋生物たち。
それに反して、海洋の惨状がひしひしと伝わってきました

それを訴えるのがこのゲームの本筋でしょう。

ただ、それをゲーム化にするにあたっての「ゲーム性」はイマイチ。

「気になった点」にも書いたように「アクション要素のないパズルゲーム」の方が良かった気がします。

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター -----
ビジュアル
音楽

 

 

夫からもちょっと言わせてくれ

はい。引っ込んでいましたが、出てきましたよ。
僕もプレイしたので、ひと言。

かなりメッセージ性が強く、実際勉強にもなる作品です。

海洋の表現はとても美しいですし、音楽も良い感じです。
背景で登場するさまざまな海洋生物は、とてもリアルで壮大で、感動します。

ただ、ともも言っているように操作性がイマイチで、ゲームとして見ると評価を下げざるをえません。
「ゲーム性」を高めるためにアクション要素やパズル要素を入れたのだと思いますが、必要性が低くイライラが勝ります。

せっかく「海流」を操作するのですから、こまごまとした ギミック を解かせるより、もっとダイナミックに魅せてほしかったです。

もったいない作品ですね。
定価の1,000円(税込)だと、少し割高に感じてしまいます。

近い作品
鯉 ~KOI~ 感想・レビュー byとも / 浄化コンセプトが中途半端な癒しゲー

ニンテンドースイッチ版『鯉 ~KOI~』。水の中を泳ぐ爽快感を感じるも、不満なところも・・・。正直にきっちりレビューします。

近い作品
ABZU
ABZÛ(ABZU / アブズ) 感想・レビュー byみなと / 圧倒的な映像美で魅せる海の旅

息をのむほどの美しい水の世界に泳ぎだそう。PS4『ABZU』の感想・レビューです。開発者は「海のロマン」をわかっている。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

3+

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , , ,

© 2020 ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= Powered by AFFINGER5