ウルトラマン 映画レビュー

映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」 感想・レビュー byとも

ウルトラマン好きになって、早4年。
ウルトラマンX、オーブ、ジード、と観賞して来ました。

ただいま放送中のルーブも、もちろん観賞中です。

今回、ウルトラマンジードで重要人物だったベリアルが初登場する作品を観ることにしました。

 

概要

初公開年 2009年
ジャンル 特撮ヒーロー
監督 坂本浩一
主なキャスト 南翔太、五十嵐隼士、黒部進、森次晃嗣、つるの剛士、宮迫博之、宮野真守
Amazonビデオのページ 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE

 

あらすじ

ウルトラマンベリアル。
彼はウルトラの星に住む1人だったが、とあることにより宇宙牢獄に幽閉されてしまう。
しかし、数万年後、ザラブ星人の手によって復活。
最強の武器「ギガバトルナイザー」を手にウルトラ戦士を倒し、ウルトラの星を支える人工太陽・プラズマスパークのエネルギーコアを強奪。
ウルトラの星は多くのウルトラ戦士を巻き込み、氷河の星となってしまう。

 

今まで私が観た、坂本浩一監督の監督作品

劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』(2018年)

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

『大怪獣バトル』の説明が薄い

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』というテレビ番組から続く、今作。

『大怪獣バトル』シリーズはまったくの無知だったため、冒頭から「?」が。
作中、説明はしていたが、ある程度の知識を持っている人にならば、わかることなのだろう。

 

当時、特にバラエティ番組にウルトラマン達や怪獣達が出張して出演していたことを考えると、「新規ユーザーや久しぶりのユーザーに見てもらいたい」という狙いがあったはず。

ならば、なおさら『大怪獣バトル』シリーズの説明はある程度、必要だったのではないだろうか。

 

というわけで、今作を十分楽しみたいのならば、『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』や『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』を観ておくべきです。

 

ミライ君のアクションシーン

ウルトラマンメビウス』で、主人公・ヒビノミライを演じた五十嵐隼士さん。
テレビシリーズの『メビウス』よりも、アクションシーンが多かったのではないでしょうか。

ミライ君のアクションシーンを見た時、

ミライ君がアクションやってる!?

と驚いたくらいです。

ミライ君のアクションシーンが良かったので、『メビウス』ファンの方は、この映画も観てもらいたいです。

 

ウルトラマンも怪獣も勢ぞろい

たくさんのウルトラマン達、たくさんの怪獣達が出演します。

本当に多くて、再生を一時停止して、「これは誰だの、あれは誰だの」と子ども達としました。
あんなに一堂に集まるのは「映画ならでは」ですし、他の映画作品でもなかなか、ないのではないでしょうか。

ただ、あれだけたくさん集まると、スポットが当たりにくくなってしまい、「少し映って終わり」や「あまり戦わずに終わり」なんてことも。
得意技を見ずに終わってしまい、残念にも思いました。

 

ベリュドラ

子ども向けの本に載っていて、存在は知っていた「ベリュドラ」。
この映画に登場するんですね。

最強で最凶、迫力満点のベリュドラは、ぜひ、視聴して見てもらいたいです。

 

過去が明らかになる

ベリアルの過去の話はみなとから聞いていたので、知っていました。
しかし、ウルトラマンゼロの過去の話はまったく知らなかったので、驚いてしまいました。

ウルトラの父と母の本名も、この作品で明らかになったそうで、「ウルトラマン」を語る上では、見ておかなければいけない作品だと感じました。

 

声優は実力よりも話題性?

ウルトラの母の声を聞いて、

イメージとかけ離れている声。しかも上手くないし・・・。

と思った。

さらに、ウルトラマンキングの声を聞いて、

檜山修之(※)さんじゃないの?
誰この声。聞き取りにくいし、ヘタすぎでしょ。

と思った。

そしてエンドロールで、「ウルトラの母 長谷川理恵」を見つけ、

なんでこの人を起用しているのか

と思い、

「ウルトラマンキング 小泉純一郎」

を見つけ、激怒した。

なんで政治家起用してんだ!!

と。

 

年代的には、政界を引退しているので、元政治家。
しかし、いくら話題性があった人物とはいえ、子ども向け映画に政治家を起用するのは、おかしいと思う。

しかも、あまりのボソボソ声と下手な言い回しによって、まったく内容が入ってこなかった。
とても良いセリフだったと思うのだが・・・。

 

ヒット作が出ず、低迷期の頃の作品。
どうしたら観客動員数が増えるかを考えた結果なのだろう。

特撮で重要なのは、「ストーリー」と「アクションシーン」と「俳優・声優さんの実力」だと思う。
これが1つでも欠けてはいけない!

1つ欠けてしまったことが、とても残念です。

でも、ベリアル役の宮迫さんは、とても良かったです。

(※)『ウルトラマンジード』に登場するウルトラマンキングの声優さん。

 

まとめとネタバレと評価

以下ネタバレの為、評価を先に。

総合 ★★★☆☆
脚本 ★★★☆☆
演出 ★★★★☆
映像 ★★★★★

Amazonビデオのページはこちら
 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE 

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

▼ベリアル無双

ベリアルがバッタバッタと、ウルトラマン達を倒していくのは、痛快でした。

名のあるウルトラマンでも、手も足もでない。

どれだけ強いんだ!

と思わずには、いられませんでした。

そして、最強で最凶のベリアルを倒した、あやつは「より強い」ってことですよね。

でも、ベリアルは、あやつと戦う前からずっと戦っていたし、本当は傷ついて、ヘトヘトだったのかも。

あれ?そういえばあやつもベリアルと戦闘する前、訓練してたよなぁ。

やっぱり「より強い」ってことなのかな?

 

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ウルトラマン, 映画レビュー
-, ,