スーパーマリオサンシャイン

ゲームレビュー

2020/10/1

【3Dコレクション】スーパーマリオサンシャイン 感想・レビュー byみなと / 「万人向け」をかなぐり捨てた挑戦作

『スーパーマリオ3Dコレクション』の『スーパーマリオサンシャイン』をクリア!完全初見で今作はどう感じたのか!?

ゲーム情報

2020/9/30

「日本ゲーム大賞2020」受賞作品を発表 / 『龍が如く』ハリウッド実写化 みなとも Game News Pick Up 20年9月23日~29日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!「日本ゲーム大賞2020」ではアトラス作品が2本優秀賞に!『真・三國無双8Empires』が発表。など。

ゲーム情報

2020/9/29

『スーパーマリオブラザーズ35』『Spiritfarer』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年9月24日~10月7日

20年9月24日~10月7日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『A Short Hike』『カービィファイターズ2』などなど。

ゲームの旅路

2020/9/28

『シンキングシティ』『サンシャイン』クリア ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.23

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『あつ森』『The Sinking City』『ゴーストオブツシマ』『スーパーマリオ 3Dコレクション』です。

週刊アトラス

2020/9/27

【TGS2020】裏ネタあり!アトラス特番「TGSだよ、目がテン!」情報まとめ【週刊アトラス】

「東京ゲームショウ2020」の中で放送された26日の「アトラス特番」を観ました!おもしろメンバーによる濃い話、聞けましたよ。

ウルトラマンZ 第14話感想

ウルトラマン

2020/9/26

ウルトラマンZ 第14話 感想夫婦対談 / 笑いと感動と迫力と驚きの四次元的神回!

『ウルトラマンZ(ゼット)』第14話「四次元狂騒曲」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

ウルトラマン 私たちのお気に入り

2020/9/29

ウルトラかいじゅう絵本 全巻感想・レビュー / ウルトラマンファン目線でツッコミまくる!?

登場ウルトラマンはもちろん、登場怪獣やモブキャラクター的な怪獣までご紹介。ちょっと変わった感想記事です。

ゲーム情報

2020/9/23

『P5R』のボードカードゲームが登場 / 3DSシリーズが生産終了 みなとも Game News Pick Up 20年9月16日~22日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!『メガテン3』の新グッズも魅力的。TGSタイムスケジュールのおさらいも。

ゲーム情報

2020/9/21

『Ori and the Will of the Wisps』『原神』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年9月17日~9月30日

20年9月17日~9月30日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『World for Two』『Into the Breach』などなど。

ゲームの旅路

2020/9/21

妻、『ツシマ』開始 / 『3Dコレクション』は『サンシャイン』から ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.22

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『あつ森』『龍が如く7』『カルドセプトリボルト』です。

映画レビュー

映画「マイ・フェア・レディ」 レビューbyとも

2017年5月29日

イメージ画像

映画イメージ

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

原題 My Fair Lady
初公開年 1964年
ジャンル ミュージカル
監督 ジョージ・キューカー
主なキャスト オードリー・ヘプバーン、レックス・ハリソン、スタンリー・ホロウェイ、マーニ・ニクソン(吹き替え)

 

あらすじ

言語学のヒギンズ教授(レックス・ハリソン)は、酷い訛りと育ちの悪い言葉づかいのイライザ(オードリー・ヘプバーン)に出会う。
そんな彼女が、一流のレディに育つかどうか、ピカリング大佐( ウィルフリッド・ハイド=ホワイト)と賭けをすることになる。

 

原作 

原作は、ジョージ・バーナード・ショーの戯曲『ピグマリオン』。
それをミュージカル化したものをブロードウェイで公演。
ヒットを受けて、映画化。

 

今作の関連作

今作をもじった、というよりパロディ化したのは映画『舞妓はレディ』(監督・周防正行)。
そちらのレビューはこちら
→ 映画「舞妓はレディ」 レビューbyとも

 

映画について

今作はミュージカルです。
ミュージカルについて特筆したコラムはこちら
 映画コラム 第2章「ミュージカル」 byとも

スポンサーリンク

感想

オードリー・ヘプバーンの演技

オードリー・ヘプバーンの出演している作品を観たのは、今作で3作品目。
(『ローマの休日』(1953年)、『暗くなるまで待って』(1967年))

冒頭のイライザは、私のイメージの中のオードリーではありませんでした。
汚い言葉を発し、大きな声でわめき、ダミ声で話す。
オードリーの演技力にあらためて、驚かされました。

ただ、本人の歌声でなく、吹き替えなのが残念。
オードリーの歌声が特別収録されているDVDやBlu-rayがあるので、それを観たいですね。

 

衣装

中盤から出てくる、衣装に驚きを隠せませんでした。
煌びやかさ、と、斬新なデザイン。
現代のパリコレでも通用するのではないでしょうか。

 

きれい過ぎる歌声

酷い訛りと育ちの悪い言葉づかいのイライザ。
彼女の歌ですが、矯正していく途中などは、きれいな発音や歌声でも許せます。
しかし、矯正前もきれいな発音や歌声で歌っていて、矛盾を感じました。
リアリティよりも、歌の美しさを優先してしまったのでしょうが、違和感が生まれてしまいました。

 

時代背景のせいかしら

約3時間あります。
中幕もありますが、とにかく長く感じました。
歌をカットしたり、短くしたりした方が見やすかったと思います。
また、たくさんある歌の調子も、似た傾向。
もっとアップテンポな曲も取り入れて、変化を付けるとよかったかなと思います。

どちらにせよ、ミュージカルが作られた時の時代背景がわからないので、しょうがなかったのだと思っておきます。

 

まとめとネタバレと評価

今作をもじった映画『舞妓はレディ』と比較して感じたことを「ネタバレ」に記述しました。
『舞妓はレディ』を観た方に読んでほしいです。

以下ネタバレの為、評価を先に。

総合★★★☆☆
脚本★★★☆☆
演出★★★★☆
映像★★★★☆

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

▼『マイ・フェア・レディ』と『舞妓はレディ』を比べて

『マイ・フェア・レディ(以下『マイ…』)』をもじった、周防正行監督の『舞妓はレディ(以下『舞妓』)』。
私は、『マイ…』を観るよりも先に、『舞妓』を観ました。

『舞妓』は私にとって、とてもおもしろかった映画でした。
しかし他の方のレビューでは、よく『マイ…』と比べられて、評価を下げられていました。
いつか『マイ…』を観て、彼らが言っていることが正しいのか、確かめたいと考えていました。

そして鑑賞。

わかったことは、『舞妓』は、今作をもじったというより、今作のパロディ映画だということ。
そして、なぜ『マイ…』と『舞妓』を比べて、『舞妓』を批判するのか、さらに分からなくなりました

 

2作の共通する点は、「訛りの酷い少女をレディ・舞妓に仕上げる」この1点のみ。
似たような曲があったりするのは、共通点ではなくパロディです。

まず、『マイ…』にはテーマがあります。
階級社会や格差社会、富への風刺があり、女性の自立もテーマになっています。
しかし、『舞妓』に社会の風刺等は、一切なかったと記憶しています。
『舞妓』のテーマは、「舞妓」そのものだと思います。

つまり、『舞妓』は『マイ…』を現代の日本風にして、日本独自の文化である舞妓をテーマにしたパロディ作品。
舞妓の世界を描いたコメディです。

『マイ…』のリメイク作品でも、パクリでもない『舞妓』。
その2作品を比べるなんて、ナンセンスです。

『マイ…』を観てあらためて感じた事は、
「『マイ…』を観ていなくても、『舞妓』は充分楽しめる。」という事です。

 

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

0

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-映画レビュー
-, ,

© 2020 ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= Powered by AFFINGER5