ウルトラマンZ 第22話感想

ウルトラマン

2020/11/28

ウルトラマンZ 第22話 感想夫婦対談 / ストレイジ解散・・・それぞれの思惑が交錯するバロ

『ウルトラマンZ(ゼット)』第22話「それぞれの明日」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

APE OUT

ゲームレビュー

2020/11/28

APE OUT(エイプアウト) 感想・レビュー byみなと / オシャレすぎるゴリラジャズアクション!

これが「リズム&暴力」か・・・。難易度高めのゴリラ無双『APE OUT』の感想・レビューです。ハイセンス極まる!

ゲーム情報

2020/11/26

【毎月更新】2020年の「フリープレイ」まとめ【PS Plus】

2020年に配信されたPS+の「フリープレイ」と「スペシャルディスカウント(100円)」のタイトルを紹介します。毎月更新し資料記事にしていきます。

ゲーム情報

2020/11/25

『あつ森』キャラがフロッキードールに / 『十三機兵』グッズも続々 みなとも Game News Pick Up 20年11月18日~24日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!『ゼルダ無双 厄災の黙示録』が300万本突破。フロッキーって、何だろう?など。

ゲーム情報

2020/11/23

『フェノトピア』『Chronos』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年11月19日~12月2日

20年11月19日~12月2日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『ピクロスS5』『キュビ』などなど。

ゲームの旅路

2020/11/23

『メガテン3』クリア / 『厄災の黙示録』開始 ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.31

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『真3HD』『天穂のサクナヒメ』『ゼルダ無双 厄災の黙示録』などです。

真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HD REMASTER

ゲームレビュー 週刊アトラス

2020/11/22

真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER 感想・レビュー byとも / 色褪せない魅力と、進化前だからこそ感じる不満

『メガテン3リマスター』をクリアしました!今プレイするからこそ感じた、思い出補正抜きの公正なレビューをお届けします。

ウルトラマンZ 第21話感想

ウルトラマン

2020/11/28

ウルトラマンZ 第21話 感想夫婦対談 / 撃てるか?異次元兵器D4 最終5部作開始!

『ウルトラマンZ(ゼット)』第21話「D4」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

ゼルダ無双 災厄の黙示録

ゲームレビュー

2020/11/22

ゼルダ無双 厄災の黙示録 感想・ファーストレビュー byみなと / 『ブレスオブザワイルド』の魅力がつまったコラボ無双

『ゼルダ無双 厄災の黙示録』を4時間ほどプレイ!感想と第一印象をお伝えします。

ゲーム情報

2020/11/18

PS5の追加抽選はどこ? / 「世界ふしぎ発見」で対馬特集 みなとも Game News Pick Up 20年11月11日~17日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!「世界ふしぎ発見!」の対馬特集は21日放送。メガテングッズはまだまだ増える!など

映画レビュー

映画「遊星からの物体X」 レビューbyとも

2017年3月6日

イメージ画像

映画のイメージ

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

原題 The Thing
初公開年 1982年
ジャンル SFホラー
監督 ジョン・カーペンター
主なキャスト カート・ラッセル、A・ウィルフォード・ブリムリー
Amazonビデオのページ 遊星からの物体X (字幕版)

 

あらすじ

舞台は南極大陸。
アメリカの南極観測隊の基地に、1台のヘリが飛んできた。
どうやら、ノルウェーの南極観測隊員が1匹の犬を追いかけて、殺そうとしている。
ノルウェーの観測隊員が犬に向かって銃口を向けるも、誤って、アメリカの観測隊員を負傷させてしまう。
咄嗟の判断で、そのノルウェーの観測隊員を敵と見なし、射殺。
残った犬を温かく迎える。
その日から異変が始まっていく。

 

今作をとりまく、作品たち

原作は、1938年に発表されたSF短編小説『影が行く』ジョン・W・キャンベル著。(原題『Who Goes There?』)
その小説を映画化したものが、1951年の映画『遊星よりの物体X』(原題『The Thing from Another World』)。
今作の『遊星からの物体X』は、『遊星よりの物体X』のリメイク作品。

また、2011年公開の『遊星からの物体X ファーストコンタクト』(原題『The Thing』)はこの映画の前日譚にあたる。

そして、今作の『遊星からの物体X』の続編として作られたのが、ゲーム『遊星からの物体X episodeⅡ』(2003年コナミ)。
PS2、Windows、Xbox版で発売された。

スポンサーリンク

感想

『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』

DS『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』(以下『SJ』)が発売される前の、ティザーサイトにて、この映画の存在を知った。
実は『SJ』は、ジョン・カーペンター監督好きの、石田ディレクターの発案で、舞台を南極にした。
様々な理由から、南極が適していると考えたからだ。
この映画に似せて作ったわけではなかったが、『遊星からの物体X』を彷彿とさせる。
別物と言えば、別物なんですけれどね。
レビューはこちら
 真・女神転生 STRANGE JOURNEY レビューbyみなと

 

怖い怖い怖い

とにかく、怖いし、気持ち悪い。
初めて観た時は、夫の影に隠れながら観ていた。
今回のレビュー用にもう一度観たが、観る前から気持ちは沈んだまま。
絶望と悲しみに襲われるのをわかっているから。

南極観測所という閉鎖された空間で12人。
誰が敵なのかもわからない。
疑心暗鬼の状態が続く。
そんな状態で、観る側も精神おかしくなりそう。

何度もクリ―チャーが襲ってきますが、そのクリ―チャーのできばえもいいんです。
『エイリアン』も怖いですが、『エイリアン』とは違った、敵の良さがあるんですよねぇ。
まぁ、どっちも怖いんですけど。

 

名作

サスペンス色が強くて、音楽や効果音もよく、テンポもよい。
飽きさせない作りで、いい意味で何度も裏切られる。
名作だと思う。
また、邦画のタイトルもとてもいい。
原題よりピッタリだと思う。

 

評価

エイリアンやクリ―チャーものが好きならばオススメ。
サスペンスものが好きでもオススメです。

ちなみに、紹介したゲーム『遊星からの物体X episodeⅡ』は未プレイ。
怖くてできません・・・。

総合 ★★★★★
脚本 ★★★★★
演出 ★★★★★
映像 ★★★★★

Amazonビデオのページはこちら
 遊星からの物体X (字幕版)

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

1+

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-映画レビュー
-,

© 2020 ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= Powered by AFFINGER5