ゲームレビュー

星のカービィ トリプルデラックス レビューbyみなと

2017/07/28

星のカービィ トリプルデラックス

2017年は、『星のカービィ』生誕25周年!

3DS用ソフトとして登場した、『星のカービィ トリプルデラックス』をレビューします。
「3D表示」や「ジャイロ機能」、「すれちがい通信」など、3DSの機能を駆使した3DSならではの「カービィ」。
すみずみまで「遊び」を練り込んだ秀作です。

妻・ともレビューはこちら
→ 星のカービィ トリプルデラックス レビューbyとも
主な「ゲーム内容」については、上記ともレビューをご覧になってください。

みなとの今作の達成率は100%です!
100%に達するための条件・コツ」を下部に記載しますので、参考にしてください。

では、レビューいってみます。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2014年1月11日
発売元 任天堂
開発元 HAL研究所
ハード ニンテンドー3DSシリーズ
ジャンル アクション
CERO A(全年齢対象)
公式サイト 星のカービィ トリプルデラックス
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの

 

良い点

「すいこみ」こそ原点!ビッグバンすいこみ

星のカービィ トリプルデラックス

特定のステージに登場する「きせきの実」。
これを取ることで、今作ならではの能力「ビッグバンすいこみ」が可能になる。

これが、ものすっごい
敵だろうが障害物だろうが、おかまいなしに吸い込める。
流石に地面や、ボスクラスの敵になると吸い込めないものもあるが、「そんなものまで!?」というくらいの最強能力。

中には、ちょっとエグい吸い込み方をする場合もあるが、一見の価値あり。
場面場面により演出も凝っていて、「きせきの実」が登場するステージは「今度はどんな吸い込みを見せるんだろう?」とワクワクする。

思えば、ゲームボーイの初代『星のカービィ』には「コピー能力」は登場せず、主な攻撃手段は「すいこみ」だった。
ある意味「原点回帰」といえるかも。

ただ、なぜ「ビッグバン」って名前なのだろう?
「ブラックホール」の方が合ってないか?

 

初心者から熟練者まで楽しめるバランス

星のカービィ トリプルデラックス

ストーリーをクリアするだけなら、とっても簡単。
ステージギミックも多彩で、飽きることなく最後までプレイできると思う。
道中100個の「サンストーン」も、収集要素としてはやさしい。

しかし、やり込もうと思ったら急に歯ごたえが出てくる

収集要素は、「サンストーン」の他に「キーホルダー」がある。
『カービィ』シリーズ歴代キャラクターのドット絵をキーホルダーっぽくしたもので、集める楽しみは上々。
この「キーホルダー」には、金色の「レアキーホールダー」があり、それは各ステージに必ず1つだけ、固定で配置されている。

この隠し場所が「サンストーン」より、はるかに難しい。

他にも「大王のデデデでデン」や「真・格闘王への道」など、難度の高いオマケモードが用意されている。
全てを完全クリアしようと思うと、かなりの難しさ。

 

真価を発揮する「3D表示」

星のカービィ トリプルデラックス

今作のステージの多くは、奥や手前にも敵やギミックが配置されている。
奥から色々なものが飛び出してくる演出は圧巻で、視覚的にとてもおもしろい。

今作をプレイする際は、「3D表示」はONをオススメする。
できれば最大で。
臨場感が段違い。

中には、その遠近感により安全なルートが分かるようになっているところもある。
他にも、「立体的に見えるかどうかで判断できるボスの攻撃」などもあり、「3D表示」が大活躍する。

 

音楽も良い

全体的にカービィらしく、明るくポップな楽しい曲調。
でも、終盤は熱い曲や美しい曲も織り交ぜられ、いい意味でカービィらしくなく、非常に好き。

特にラスボス戦は、その演出も相まってかなり印象的。

 

デデデ大王、大活躍!

星のカービィ トリプルデラックス

カービィのライバル的存在、デデデ大王。
敵として立ちはだかったり、味方として協力したり、初代から登場する憎めないおなじみのキャラクター。

今回はなんと、さらわれる
デデデ大王を救出することが、カービィの旅の目的となる。

ストーリー上での見せ場もちゃんと用意されているほか、デデデ大王が主役のミニゲームが2本も用意されている。
大王様ファンにはたまらない。

星のカービィ トリプルデラックス

そのうちの1つ。
ストーリークリア後にプレイ可能になる「デデデでゴー!」。
ストーリーのステージをデデデ大王を操作して攻略する タイムアタック

デデデ大王の今回の能力は多彩で、ハンマー1つで何でもこなす。
特殊な効果はこんな感じ。

B長押し~はなす ハンマーショット 草やヒモを切断できる
下+B ぐりぐりハンマー 草を燃やせる
導火線に火を付ける
氷ブロックを壊せる
上+B おにごろしデデデハンマー
ダッシュ+X ばくれつデデデハンマーなげ 溶岩ブロックを鎮火できる
水中でB 水中ハンマースイング

もちろん、杭も打てる。
これらの操作を知っておくと、意外なショートカットが判明することもあるので、参考までに。

 

星のカービィ トリプルデラックス

俺のタイムは、これ。

とものタイムより2分早い。ふふふ、勝ったぜ。

 

不満点

音割れ

もしかするとうちの3DSだけかもしれないが、一部の効果音がやたらうるさく、音割れがする。
特にひどいのが、「コピー能力を手に入れた時」の音。
よく聞く音なので、つらいところ。

 

中盤の盛り上がりに欠ける

終盤の展開は非常に熱く、一連の事件にもちゃんと説明がなされ、感動すら覚えた。

しかし、中盤は薄い。
物語的には特に動きは無く、ただひたすらステージ攻略・ボス攻略を繰り返すのみ。

もうちょい、中盤にも山場が欲しかったな。

 

デデデでデンでの操作

星のカービィ トリプルデラックス

デデデ大王が主役の、リズムゲーム的ミニゲーム「大王のデデデでデン」。

試み自体はおもしろいし、名曲でリズムゲームができるのは楽しい。
が、横移動を自分でしなければならないのは、操作がまどろっこしくなるので好かない。

コインを全て取ろうとすると一度戻ったりする必要が出てくるし、爽快感や疾走感を邪魔している。

 

曲のスタートからゴールまで強制移動

プレーヤーは音を打つタイミングと裏打ちに専念して、コインコンプを目指す

こういうゲームデザインの方が良かったな。
で、曲のフィニッシュでステージも終われば、すごく気持ちよかったはず。

 

達成率100%への道

星のカービィ トリプルデラックス

100%の条件

  • ストーリーをクリアする
      
  • 「サンストーン」100個をコンプリートする
     
  • 「キーホルダー」256種をコンプリートする
     
  • カービィファイターズ
    「ひとりで」を、全コピー能力でクリアする
    難易度は問わない
     
  • 大王のデデデでデン
    レベル1~レベル3までを、ゴールド評価以上でクリア
    出現したエクストラを、クリア(評価は問わない)
     
  • デデデでゴー!をクリア(クリアタイムは問わない)
     
  • 格闘王への道をクリア(クリアタイムは問わない)
     
  • 真・格闘王への道をクリア(クリアタイムは問わない)

各モードの説明は、ともレビューを参考に。
→ 星のカービィ トリプルデラックス レビューbyとも

 

100%へのコツ

▼サンストーン/レアキーホルダー

ステージを注意深く観察すること。

草や氷など、特定の能力で壊せるモノもある。
事前に出現した敵の「コピー能力」が必要になることが多いので、1つの能力にこだわらず、柔軟に付け替えよう。

進行方向の逆を行ってみたり、壁を殴ってみたりすると道があるかもしれない。
高く飛んだりするのもアリ。

怪しいところでは「上ボタン」を押してみよう。
思いがけないところが入口になっている場合もある。

「レアキーホルダー」は、どこのステージが取得済みか確認できない。
取ったステージはメモしておこう。

 

▼キーホルダー

星のカービィ トリプルデラックス

通常の、銀色の「キーホルダー」はランダム入手。
おそらく普通にストーリークリアした時点では、100種くらい足りない。

「キーホルダー」を入手しやすいステージを何度もプレイするか、ゲームコインを使って入手するか。
未入手の「キーホルダー」は比較的出現しやすいので、そのうちコンプリートは可能。

 

▼カービィファイターズ

全て「やさしい」でプレイすれば問題なし。

 

▼大王のデデデでデン

レベル1~レベル3は、ダメージを受けないように注意しつつ、コインをコンプリートすると、おそらくゴールドをねらえる。

エクストラは鬼門。
評価は無視し、裏打ちも忘れ、とにかくギミックの配置を覚え、クリアを優先しよう。

 

▼デデデでゴー!

クリアさえすれば良し。
ただし、ラストはかなりの強敵なので、覚悟しよう。

タイムアタック とはいえ、途中途中にチェックポイントはあるので、気張らずに。
回復アイテムは少なめなので、回復の機会は大事にしよう。

 

▼格闘王への道/真・格闘王への道

クリアさえすれば良し。
得意のコピー能力で頑張れると良いが、回復アイテムは限られる。
「ストーン」や「リーフ」など、無敵技を持つ能力で挑むと安定する。
ボスの攻撃よりも「落下」が怖い場面もあるので、注意しよう。

「真・格闘王への道」では、ここでしか現れないボスも出現する。
難度も非常に高いため、心してかかること。

星のカービィ トリプルデラックス

俺のクリアタイム。
「リーフ」で安全に挑んだため、遅い。

 

プレイ状況

ソフトウェア パッケージ版
プレイ時間 20時間
所持しているサウンドトラック 星のカービィ トリプルデラックス サウンドセレクション(クラブニンテンドー特典)
シリーズのプレイ状況(みなと 星のカービィ(GB)
星のカービィ 夢の泉の物語(FC)
カービィのピンボール(GB)
カービィボウル(SFC
星のカービィ スーパーデラックス(SFC
星のカービィ64(N64)
星のカービィ 鏡の大迷宮(GBA)
星のカービィ 参上! ドロッチェ団(DS)
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス(DS)
あつめて!カービィ(DS)
毛糸のカービィ(Wii)
星のカービィ Wii(Wii)
みんなで!カービィハンターズZ(3DS)

 

総評

ゲーム内容自体は、いつもの『カービィ』と大差ないように思います。
ですが、その強烈な「ビッグバン」のインパクトと、迫力ある「3D表示」で個性のある作品になっていると感じました。

ミニゲームもバリエーション豊かで楽しめました。
ここまでデデデ大王がプッシュされるとは思いもよらず、うれしいです。
まさにデデデ・デラックス!

全体評価   ★★★★★

シナリオ   ★★★★☆
操 作 性  ★★★☆☆
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★★★
ビジュアル  ★★★★★
音   楽  ★★★★★

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , ,