ゲーム情報

2021/10/21

PS5がグッドデザイン金賞 / 『ELDEN RING』ネットワークテスト参加者募集中 みなとも Game News Pick Up 21年10月13日~20日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。『あつ森』次回更新は11月5日で、驚きの大型アップデート。など。

週刊アトラス

2021/10/20

日めくり悪魔動画 感想夫婦対談 / 全悪魔リスト付き『真・女神転生Ⅴ』【週刊アトラス】

「日めくり悪魔」で紹介された悪魔動画を夫婦で対談。短い動画ですが、あんなことやこんなことに気づいちゃいました。悪魔一覧も掲載。随時更新していきます。

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚

ゲームレビュー

2021/10/21

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 感想・レビュー byとも / ファンは絶対プレイしよう!最高のバトル演出に酔いしれる!

アニメ版をも超える素晴らしい仕上がりで感動。ファンはもちろん、『鬼滅の刃』初心者でも楽しめます。

特別企画

2021/10/20

『スマブラSP』サウンド全曲一覧 / アレンジ担当逆引きリスト ・ 新アレンジリストあり

『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』のコレクション内で聴けるミュージックは約1000曲。「アレンジ編集担当の一覧があったら便利だな。」ふと思い立ち、「シリーズごと」「アレンジ編集担当ごと」「新アレンジ」の一覧を作成しました。全曲コンプリートしています。追加楽曲もすべて追記しました。

ゲーム情報

2021/10/19

『Skul』『謎の古代遺跡』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」21年10月14日~10月27日

21年10月14日~10月27日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『The Good Life』などなど。

ゲームの旅路

2021/10/21

『鬼滅』開始 / 『Dicey Dungeons』クリア ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.78

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『デススト』『モンキーボール』『ヒノカミ血風譚』など。

私たちのお気に入り 週刊アトラス

2021/10/17

「女神転生 悪魔召喚録」ワンコインフィギュアシリーズ紹介 ~マスコットキャラ篇~【週刊アトラス】

コトブキヤで発売していた『女神転生シリーズ』のワンコインフィギュア。私たちが持っているフィギュアの中から「マスコットキャラ的なフィギュア」を紹介します。

ウルトラマン

2021/10/16

ウルトラマントリガー 第13話 感想夫婦対談 / ネタ回かと思いきや総集編!パロディ満載で話も進む

『ウルトラマントリガー』第13話「狙われた隊長~マルゥル探偵の事件簿~」の感想を、夫婦対談形式でお届け。『ティガ』未視聴の夫婦による感想記事です。

ゲームレビュー

ENDER LILIES(エンダーリリーズ) 感想・レビュー byみなと / 美麗な絵と音楽で魅せる完璧なメトロイドヴァニア

2021年7月18日

ENDER LILIES

今日のレビューは『ENDER LILIES: Quietus of the Knights』。
死の雨が降る「果ての国」を舞台にした、2DアクションRPGです。

自身の能力が増えることで行ける場所が増え、探索の幅が広がる「メトロイドヴァニア」と呼ばれるジャンルでもあります。

主な良かった点

  • 快適な探索
  • デスペナルティがない
  • 美麗グラフィック

主な不満点

  • 奥義が暴発する
それでは詳しく書いていきます。
プレイしたのはSwitch版です。

スポンサーリンク

概要

『ENDER LILIES: Quietus of the Knights』概要 (クリックすると展開します)

21年7月18日時点の情報です。

発売日 Switch版:2021年6月22日
Xboxシリーズ版:2021年6月29日
PS4、PS5版:2021年7月21日
発売元 Binary Haze Interactive
開発元 Binary Haze Interactive
ハード Nintendo Switch、Xboxシリーズ、プレイステーション5、プレイステーション4
ジャンル アクションRPG
プレイ人数 1人
CERO C(15才以上対象)
IARC 12+(12才以上対象)
通常価格(税込) 2,728円
公式サイト ENDER LILIES: Quietus of the Knights(Binary Haze Interactive公式サイト)
画像の出典 画像は、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したものと、
上記サイトで配布している壁紙から使用
権利表記 ©BINARY HAZE INTERACTIVE Inc.

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

ゲーム内容

『エンダーリリーズ』は、主人公の少女・リリーを操作して巨大な2Dダンジョンを探索するゲームです。

リリー自身に戦闘能力はなく、最初に出会う黒衣の騎士や、道中で倒したボスの力を借りて戦います。

スキル

ENDER LILIES道中で出会うボスや中ボスを倒し浄化することで、リリーが扱えるスキルが増えていきます。

スキルはボタンに割り当てて、最大6種類をチョイスして装備することができます。
通常攻撃である「黒衣の騎士」もスキル扱いで、ボタン割り当てを変えたり外すこともできます。

 

アクション能力

ENDER LILIES

強力なボスキャラクターである英雄たちを倒し浄化することで、探索範囲が広がるアクション能力が増えます。

これにより、今まで行けなかった場所や、通れなかった扉などを攻略できるようになります。

メトロイドヴァニアの大きな魅力の1つですね。

 

レストポイント

ENDER LILIES

ベンチやベッドなど、道中では休むことができる「レストポイント」が用意されています。

レストポイントでは、

  • ファストトラベル(レストポイント間のワープ)
  • スキルのセット
  • レリックの装備(アクセサリータイプの装備品)
  • スキルの強化
  • セーブ

がおこなえます。
レストポイントで休むことで、体力やスキルの使用回数は回復します。
ただし、ボスキャラ以外の敵は全て復活します。

ちなみにセーブはレストポイントで休憩した時点で自動でおこなわれます。

ゲームオーバーになっても何も失わずにレストポイントに戻るだけなので、手動セーブする意味はあまりないかと。

 

 

良い点

快適な探索

ENDER LILIES

「探索が楽しいか」は、メトロイドヴァニア では特に重要な要素だと思います。

今作では本当に快適で楽しく、完成度の高いダンジョン探索ができました。

マップにはきちんと「探索済み」と「取り逃しあり」の部屋が表示されますし、通ってないルートもすぐにわかります。
ファストトラベルのポイントも細かく設定されています。

比較的好きな順番で攻略しても問題ない作りですし、自由度もありました。
ロードも早めなので、新しい能力を手に入れたらすぐに戻って探索し直したくなります。

ENDER LILIES

道中いつでも、最後に休んだレストポイントに戻れるのも、うれしいポイント。

戻っても何もペナルティはありませんし、探索済みの場所からわざわざ戻るのも面倒です。
これは非常に良いシステムでした。

 

デスペナルティがない

バトルも道中の攻略も高難度な作品ですが、驚くことに死んでも失うものがありません

  • 経験値
  • 入手したアイテム
  • 倒したボス
  • 探索したエリア

などなど、全て保持したままレストポイントから再開します。

さすがにボスの体力は元に戻りますし倒した敵も復活しますが、何も失わないので気軽に再挑戦できます。
ボス戦中に倒したザコ敵の経験値も、しっかり入っています。

 

美麗グラフィック

ENDER LILIES

息をのむほど美しい、最高のグラフィックでした。

儚く静かで、荘厳な雰囲気をしっかり表現していて、空気感まで伝わります。
特にレストポイント周りはロケーションの個性も際立っていて、それぞれで写真を撮りたくなるほど。

ENDER LILIES

UI(ユーザーインターフェース) を消して、雰囲気を最大限感じることもできます。
ポーズメニュー時にメニュー表示を消すこともでき、撮影がはかどります。

リリーも、騎士たちのモーションも丁寧に作り込まれています。

イベントシーンの画像も、非常にキレイです。
完全な静止画ではなく、少し動きもあり臨場感があります。

ENDER LILIES

 

音へのこだわりがスゴイ

音楽と、効果音。
とにかく「音」に関するこだわりが、とても強く感じました。

そもそものBGM自体が、ものすごく上質。
『Cytus』や『Deemo』にも楽曲提供をした「Mili」というグループが作成した曲とのことです。
  • ピアノを主体にした繊細で美しい楽曲
  • 雨の当たる場所や水の中でも音の聞こえ方が変わる
  • パシャパシャとした水辺での効果音
特に「水」に関連した音の表現が秀逸。
今作はぜひ、音ありで楽しんで欲しいです。

 

その他の良い点

ENDER LILIES

  • このタイプの作品の中では、わかりやすく感情移入しやすいストーリー
  • 手に入れた文書をいつでも確認できる
  • スキルの組み合わせやレリックで広がるバトルスタイルの幅
  • マルチエンディングで、それぞれの結末に味がある
泣けるシーンも多々ありました。

 

 

不満点

奥義が暴発する

ENDER LILIES

ゲームが進むと「奥義」という強力な技を発動できるようになります。

敵を攻撃して溜まる「奥義ゲージ」を消費して発動します。
操作方法は「上ボタンを押しながらメインスキルの攻撃ボタン」ですが、これが暴発しがちです。

特に泳いでいる時は上へ移動しながら攻撃したいことも多いので、よく暴発します。

温存したい時は困りものですね。
今作にはキーコンフィグはあるのですが、この奥義に関しては変更できません。
まぁゲージ自体はすぐに溜まるのでそこまで問題にはなりませんが。

 

 

気になった点

繋がりが不透明な部屋

ENDER LILIES

全エリアのコンプを目指すにあたり、1箇所だけ攻略法がわからない部屋がありました。

この部屋以外は、全て獲得した能力を駆使することで到達できましたが、この部屋だけは行き方を検索しました。

ここだけは、地図の繋がりが厳密に表示されていないのです。
周りの部屋も含めて怪しいところを総ざらいすれば、自力発見もできたかもしれませんが、ちょっと意地悪です。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロードソフト
プレイ時間 23時間

 

 

総評

発売直後からの高評価の連続で気になっていた作品です。
プレイしてみたら、その評価もうなずける最高のゲームでした。

メトロイドヴァニア としての最適解を何もかも詰め込んだ、完璧に近い作品だと感じました。

『ホロウナイト』に近いシステムの作品ですが、デスペナルティがない分、より「メトロイドヴァニア初心者」にオススメできる作品です。

グロテスクな敵やステージもないわけじゃありませんが、ダークファンタジーとしてはマイルドな方だと思います。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽
関連記事
Hollow Knight (ホロウナイト)
ホロウナイト(HollowKnight) 感想・レビュー byみなと / ハイクオリティな高難度メトロイドヴァニアの名作

大ボリューム・高難度・高密度・低価格のメトロイドヴァニア『ホロウナイト』のレビュー・感想です。虫は平気?ならプレイ!

最新記事
スチームワールドディグ2
スチームワールドディグ2 感想・レビュー byみなと / 機動力とカスタム性が魅力の掘削メトロイドヴァニア

「いっせいトライアル」で登場した『スチームワールドディグ2』、クリアレビューです。掘って爽快、動かして楽しい良作です。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , , , ,

© 2021 ゲーマー夫婦 みなとも =夫婦で運営するゲームブログ= Powered by AFFINGER5