ゲームの旅路

2020/11/30

『あつ森』は感謝祭 / 『ゼルダ無双』は何も言えない! ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.32

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『あつ森』『真3HD』『サクナヒメ』『ブレワイ無双』です。

トリックギア ーペルソナ5 ザ・ロイヤルー

ゲームレビュー 週刊アトラス

2020/11/29

カードゲーム『トリックギア ーペルソナ5 ザ・ロイヤルー』感想・レビュー 夫婦対談【週刊アトラス】

トランプと一緒に遊ぶカードゲーム『トリックギア ーペルソナ5 ザ・ロイヤルー』。夫婦で対戦しました。その感想を対談形式でお届け。楽しいところもあるけど、改善してほしいところも!

ウルトラマンZ 第22話感想

ウルトラマン

2020/11/28

ウルトラマンZ 第22話 感想夫婦対談 / ストレイジ解散・・・それぞれの思惑が交錯するバロ

『ウルトラマンZ(ゼット)』第22話「それぞれの明日」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

APE OUT

ゲームレビュー

2020/11/28

APE OUT(エイプアウト) 感想・レビュー byみなと / オシャレすぎるゴリラジャズアクション!

これが「リズム&暴力」か・・・。難易度高めのゴリラ無双『APE OUT』の感想・レビューです。ハイセンス極まる!

ゲーム情報

2020/11/26

【毎月更新】2020年の「フリープレイ」まとめ【PS Plus】

2020年に配信されたPS+の「フリープレイ」と「スペシャルディスカウント(100円)」のタイトルを紹介します。毎月更新し資料記事にしていきます。

ゲーム情報

2020/11/25

『あつ森』キャラがフロッキードールに / 『十三機兵』グッズも続々 みなとも Game News Pick Up 20年11月18日~24日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!『ゼルダ無双 厄災の黙示録』が300万本突破。フロッキーって、何だろう?など。

ゲーム情報

2020/11/23

『フェノトピア』『Chronos』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年11月19日~12月2日

20年11月19日~12月2日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『ピクロスS5』『キュビ』などなど。

ゲームの旅路

2020/11/29

『メガテン3』クリア / 『厄災の黙示録』開始 ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.31

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『真3HD』『天穂のサクナヒメ』『ゼルダ無双 厄災の黙示録』などです。

真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HD REMASTER

ゲームレビュー 週刊アトラス

2020/11/22

真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER 感想・レビュー byとも / 色褪せない魅力と、進化前だからこそ感じる不満

『メガテン3リマスター』をクリアしました!今プレイするからこそ感じた、思い出補正抜きの公正なレビューをお届けします。

ウルトラマンZ 第21話感想

ウルトラマン

2020/11/28

ウルトラマンZ 第21話 感想夫婦対談 / 撃てるか?異次元兵器D4 最終5部作開始!

『ウルトラマンZ(ゼット)』第21話「D4」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

ゲームレビュー

ゼルダ無双 厄災の黙示録 感想・ファーストレビュー byみなと / 『ブレスオブザワイルド』の魅力がつまったコラボ無双

2020年11月21日

ゼルダ無双 災厄の黙示録

20年11月20日発売の、Switch『ゼルダ無双 厄災の黙示録』。
『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』の100年前の物語を、コーエーの『無双シリーズ』が描きます。

  • 『ゼルダの伝説シリーズ』ファンは楽しめるのか?
  • 『無双シリーズ』ファンにとってはどうか?
序盤をプレイできる体験版と製品版を合わせて、4時間ほどプレイしたので感想と第一印象をお伝えします。
ちなみに『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』はクリア済みですが、『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ』は未プレイです。

スポンサーリンク

概要

『ゼルダ無双 厄災の黙示録』概要 (クリックすると展開します)

20年11月20日時点の情報です。

発売日 2020年11月20日
発売元 任天堂
開発元 コーエーテクモゲームス
ハード Nintendo Switch
ジャンル 無双アクション
プレイ人数 1~2人
CERO B(12才以上対象)
通常価格(税込) パッケージ版・ダウンロード版 各7,920円
公式サイト ゼルダ無双 厄災の黙示録(コーエーテクモゲームス公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 © Nintendo © コーエーテクモゲームス All rights reserved. Licensed by Nintendo

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

ゲーム内容

無双アクション

ゼルダ無双 災厄の黙示録

今作は『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』の舞台から100年前の時代を描いています。

戦場を駆け回り、敵の大群を一層しながらミッションを遂行し、目的を達成したり敵ボスを倒したりしてステージクリアを目指します。

基本的な部分はオーソドックスな「無双スタイル」です。
「Y」で通常攻撃、「X」で派生攻撃、「A」で必殺技。

『ブレスオブザワイルド』とは操作方法が異なるので、『ブレスオブザワイルド』からすぐに今作をプレイすると、少しこんがらがるかもしれません。

最初のステージはチュートリアルも兼ねているので、操作説明をしっかり見ながらプレイすると良いですよ。

 

プレイアブルキャラ

ゼルダ無双 災厄の黙示録

主人公・リンク以外のキャラクターも操作キャラとして使うことができます。

『ブレスオブザワイルド』のストーリーに沿っているので、『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ』とはプレイアブルキャラが異なります。

発売時点で公式発表されているプレイアブルキャラは、

  • リンク
  • ゼルダ
  • インパ
  • ミファー
  • ダルケル
  • リーバル
  • ウルボザ

です。

それ以外のプレイアブルキャラはネタバレが強いので伏せておきます。

 

『ブレスオブザワイルド』ならではの要素

今作には「シーカーストーン」というアイテムが登場します。
これは「爆弾」や「磁石」などを呼び出せるシステムで、『ブレスオブザワイルド』では謎解きに使用していました。

今作では全てのキャラクターがシーカーストーンの機能を使用でき、戦闘で力を発揮します。

キャラクターによってその性能が異なるのがおもしろいところ。

また、「コログ探し」といった要素もあるので、『ブレスオブザワイルド』経験者ほどニヤリとできます。

 

ワールドマップの仕様

ゼルダ無双 災厄の黙示録

『ブレスオブザワイルド』とは違い、今作はオープンワールドゲームではありません。

ワールドマップからストーリーを選び、そこでの戦いに挑む。という形式。

他にもワールドマップ上にはいくつものクエスト(ハイラルチャレンジ)が用意されていて、指定個数のアイテムを納品するなどしてクリアします。

クエストクリアでキャラクターの能力が強化されたり、お店が解禁されたりします。

 

ゼルダ無双 災厄の黙示録

「シーカーセンサー」という機能を手に入れると、クエストなどに必要な素材を入手できる場所をサーチできます。

 

ゼルダ無双 災厄の黙示録

クエストは地域ごとに達成度が定められていて、一定量のクエストをクリアすると報酬がもらえます。

 

2人プレイ

ゼルダ無双 災厄の黙示録

チュートリアルステージをクリア後、2人プレイを楽しむことができます。
「Lスティック」押し込みで開始しましょう。

画面が上下に分割されるタイプの2人プレイです。

プレイヤーそれぞれでカメラ設定などを変えることができます。

 

神獣

ゼルダ無双 災厄の黙示録

限られたシーンではありますが、今作では神獣を操作して戦う場面があります。

『ブレスオブザワイルド』を未プレイの人に簡単に説明すると、神獣は生物を模した巨大兵器みたいなものです。

おそらく、無双史上最も巨大な操作キャラかと。

神獣それぞれで操作感は異なります。

 

amiibo

ゼルダ無双 災厄の黙示録

今作はamiibo対応です。
タイトル画面から「amiibo」を選択して読み込みましょう。

1日5体分のamiiboを読むことができます。
獲得できるのは武器や素材アイテムなど。

『ブレスオブザワイルド』のamiiboなら、通常より良いものがもらえます。

『ゼルダの伝説』と関係のないamiiboでも使えますよ。

 

 

感想・気になった点 など

「ゼルダ×無双」の上質なコラボ

バトルシステム自体は、無双らしい爽快感を重視したものです。
簡単操作で何百体も敵を倒す快感を得られます。

難易度も複数用意されているので、好みの難易度で楽しめます。

そして世界設定、画作り、キャラクター描写、効果音、字体など。
それらあらゆる要素が『ブレスオブザワイルド』のままなのです。

この「そのまんまっぷり」は感動ものですよ。
ただし、謎解き要素はあまりありません。

ステージ構成も『ブレスオブザワイルド』で登場した地形が多く使われているので、

うわ、あの町の感じそのまんま!

と感じることと思います。

高低差が激しい地形や行き止まりが多いところは、「無双」としては遊びづらいところではありますが。

 

「あのキャラを使える」という感動

ゼルダ無双 災厄の黙示録

主人公・リンクだけではなく、いろいろなキャラを使えるのも「無双」ならではの魅力。

ゼルダや四英傑など、印象的で特徴的なキャラたちを使えるだけで、とても感動しました。

そうそう!このキャラならこう戦うよね!

と言いたくなるくらい、キャラクターの個性を反映しています。
個性的な分、使用感・操作のしやすさにも差が出ますが、気になるほどではありません。

 

「『ブレスオブザワイルド』の100年前」というだけで泣ける

ゼルダ無双 災厄の黙示録

『ブレスオブザワイルド』本編では、断片的にしか語られなかった「100年前の災厄」。
ここにスポットを当てて、ゲームとして実現できたのがまず素晴らしいです。

  • ゼルダの心情
  • 英傑たちとのやりとり
  • 全盛期のリンク

など、見てみたかった色々な部分が描かれ、プレイ中何度も泣けてきました。

「100年前の物語」だから、結末がわかりきっている。
というわけでもなさそうです。
今後どんな展開になるのか、ストーリー面は特に楽しんでいます。

 

一人称カメラの設定もしたかった

今作はカメラ操作の反転が可能です。
その設定は大変ありがたいところですが、欲を言えば「一人称視点の時のカメラ」は別に設定したかったです。

主にリンクを操作時ですが、爆弾を使う時と弓を使う時に一人称視点になります。
その時は慣れていないカメラ操作になってしまうので、うまく敵に当てられません。

まぁリンクを使わなければ問題ないですが・・・主人公だからなぁ。

 

振動の強さも選びたい

振動機能はON / OFF できます。
ちょっとした臨場感に一役買う「振動」ですが、一部のシーンで

ん゛ん゛ーーーーーーーーーーー!!!!

と、全力で震えてきます。
かなりビックリします。

あわててOFFにしました。

振動自体はあっても良いと思いますが、その強さも選べるとうれしかったです。

 

セリフ表示が分かりづらい

ゼルダ無双 災厄の黙示録

戦闘中、セリフは左下に表示されます。
忙しく戦っている時、このセリフ表示だとあまり読んでいられません。

今までの無双シリーズでも近い表示だったと思いますが、無双シリーズではこういったセリフもフルボイスのことが多かったです。
今作はフルボイスではないので、より頭に入らないのかと思います。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア パッケージ版
プレイ時間 体験版1時間+製品版2時間
シリーズのプレイ状況(みなと
※記事作成時点
ゼルダの伝説 時のオカリナ(N64)
ゼルダの伝説 夢幻の砂時計(DS)
ゼルダの伝説 4つの剣 25周年記念エディション(DSiウェア)
ゼルダの伝説 スカイウォードソード(Wii)
ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D(3DS)
ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D(3DS)
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(Switch)
ゼルダの伝説 夢をみる島(Switch)

 

 

まとめ

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』が好きで、『無双シリーズ』も多くプレイしてきた身としては、今作は両要素のいいとこどりで大変楽しんでいるところです。

特にストーリーに関しては『ブレスオブザワイルド』での思い出もよみがえり、感動しっぱなしです。

 

『ゼルダの伝説』ファンとしてはどうか?

そもそも元になっている『ブレスオブザワイルド』自体が、「ゼルダの当たり前を見直す」という作品。
そのスピンオフである今作は、いわゆる「ゼルダらしさ」からは遠い作品だと思います。

謎解きはあまりなく、ギミックのあるバトルも多くありません。(全然ないわけでもない)

『ブレスオブザワイルド』のファンにとっても、『ブレスオブザワイルド』のどこが好きかによって今作『ゼルダ無双』の印象が変わります。

ストーリーやキャラクター、グラフィックや空気感が好きなら、今作は「買い」。
冒険や探索、発見や試行錯誤を重視している場合は、今作は「期待とは違う」かもしれません。

 

『無双シリーズ』ファンとしてはどうか?

今作はかなり「無双より」です。

近いコラボ作品として、『ペルソナ5スクランブル』はどちらかと言うと「『ペルソナ5』をアクションRPGにした」という感じ。

逆に今作『ゼルダ無双』は、「無双の基本システムに『ブレスオブザワイルド』の味と色を混ぜ込んだ」という印象です。

なので「無双らしさ」で言えばかなりのもの。
ただし『ブレスオブザワイルド』のストーリーが重要になって来るので、『ブレスオブザワイルド』を未プレイだと楽しめないかも。

購入を迷っている人は、参考にしてください。

 

関連記事
ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想・レビュー byみなと / Switchの誕生を成功させた革命的オープンワールド

「食べる・登る・壊す」。完成度の高いオープンワールド。最高の遊び場を用意した『ゼルダの伝説 BotW』の感想・レビューです。

関連記事
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想・レビュー byとも / 冒険の喜びを味わえるオープンワールドゲーム

完成度は高いけれど、不満点もちらちら?だけど、リンクとの冒険は宝物になりました。そんな『ゼルダの伝説 BotW』をレビューします。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

5+

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , , ,

© 2020 ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= Powered by AFFINGER5