Sayonara Wild Hearts(さよならワイルドハーツ)

ゲームレビュー

2021/1/22

Sayonara Wild Hearts(さよならワイルドハーツ) 感想・レビュー byみなと / 最高の楽曲と豊富なアイデアに惚れるランゲーム

Switch『Sayonara Wild Hearts』をレビューします。バリエーション豊かでハイスピードな夜の旅。非常に濃密なゲーム体験でした。

ゲーム情報

2021/1/20

PSストア「2000円以下セール」2月3日まで! みなとも Game News Pick Up 21年1月13日~19日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!『P5』で気になるところをスタッフが答えた『調査報告書 vol.3』が発売予定!など。

ゲーム情報

2021/1/19

『Unspottable』『Abyss:エデンの怒り』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」21年1月14日~1月27日

21年1月14日~1月27日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『Escape First』『オオカミのかぐや姫』などなど。

ゲームの旅路

2021/1/17

腕が落ちた『テトリス99』 / 『P5R』再開 ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.39

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『暗い部屋』『ダウンインバミューダ』『ゼノブレイドDE』など。

週刊アトラス

2021/1/17

予想と願望!『メガテン5』はどんな作品になる!?【週刊アトラス】

2021年に発売が予定されている『真・女神転生Ⅴ』。どんな悪魔が登場?どんなシステム?どんな物語?といった気になるところを、夫婦で予想してみようと思います。

Down in Bermuda (ダウン・イン・バミューダ)

ゲームレビュー

2021/1/16

Down in Bermuda (ダウン・イン・バミューダ) 感想・レビュー byみなと / かわいらしい宝探しパズル!ただし操作に難あり

パズルを解いて、島から脱出しよう。パズルアドベンチャー『ダウン・イン・バミューダ』をレビューします。

ゲーム情報

2021/1/19

『フューリーワールド』の新映像公開! みなとも Game News Pick Up 21年1月6日~12日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!『3Dワールド+フューリーワールド』ではクッパジュニアと共闘!?Fangamerでは2期セール開始。など。

ゲーム情報

2021/1/16

『Down in Bermuda』『砂の国の宮廷鍛冶屋』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」21年1月7日~1月20日

21年1月7日~1月20日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『RED COLONY』『魔女と66のキノコ』などなど。

ゲームの旅路

2021/1/11

『真3HD』ヨスガプレイクリア / 『ゼノブレイドDE』開始 ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.38

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『真3HD』『ゼノブレイドDE』『暗い部屋』など。

バトルプリンセス マデリーン

ゲームレビュー

2021/1/11

バトルプリンセス マデリーン 感想・レビュー byみなと / アクション自体は楽しいけれど、不具合が多い

開発者の父が、娘のために作った2Dアクション『バトルプリンセス マデリーン』の感想・レビューです。『魔界村』未プレイゲーマーが率直に書きました。

ゲームレビュー

Lovekami -Divinity Stage- 感想・レビュー byみなと / 胸踊る平和なカミサマラブストーリー

評価:4

Lovekami -Divinity Stage-

今日のレビューは、『Lovekami -Divinity Stage-』です。

今作はテキストと絵で進行し、選択肢でストーリーが分岐する、いわゆる「ビジュアルノベル」です。
秋葉原に降臨した3人のカミサマと恋愛をする、美少女ゲームです。

今作は、PC用のアダルトゲーム『恋神-ラブカミ-』の派生作品『Lovekami -Sweet Stars-』の家庭用版です。
派生作品は他にもありますが、『恋神』本編や派生作品含めても、家庭用版は今作のみです。(2020年12月現在)

主な良かった点

  • 必要なシステムがそろっている
  • かわいらしく、平和なキャラと物語
  • 神話に精通した設定

主な不満点

  • ヒロインの描写に偏りがある
  • 特異な設定を理解するのに手順がいる
  • ゲーム的ではない
それでは詳しく書いていきます。
ストーリーのネタバレは、なしです。

スポンサーリンク

概要

『Lovekami -Divinity Stage-』概要 (クリックすると展開します)

20年12月23日時点の情報です。

発売日 2020年11月26日
発売元 MoeNovel
開発元 PULLTOP
ハード Nintendo Switch
ジャンル カミサマ降臨!アイドルになろうADV
プレイ人数 1人
IARC 16+(16才以上対象)
通常価格(税込) 1,800円
公式サイト Lovekami -Divinity Stage-(任天堂公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©2018-2020 MoeNovel / PULLTOP

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

ゲーム内容

Lovekami -Divinity Stage-

現代社会と、少しだけ違う世界のお話。
神様を信じなくなった現代人の前にカミサマたちが降臨して、少し経ったあとの物語です。

見た目は人間と変わりない、カミサマたち(ただし、全員美少女)。
信仰(人気)がそのままエネルギーになるカミサマたちのなかには、その人気集めのためにアイドルを目指すものも。

今作はそんなカミサマアイドルたちと、主人公との恋を描いた作品です。

 

ヒロイン

Lovekami -Divinity Stage-

今作では3人のカミサマアイドルと関わることになります。
↑の画像で言うと、

  • 右:吉祥天(きっしょうてん)シュリ cv.雪村とあ
  • 左:天鈿(あまうず)カグラ cv.藤森ゆき奈
  • 中:弁財天(べんざいてん)サラ cv.上田朱音

の3人です。

中盤までは共通の物語を進行しますが、中盤に出てくる選択肢で各ルートに進みます。
選択肢は1回だけです。

 

操作方法

Lovekami -Divinity Stage-

 

 

良い点

必要なシステムがそろっている

Lovekami -Divinity Stage-

  • バックログ
  • クイックセーブ・ロード
  • 豊富なセーブスロット
  • オート
  • 既読スキップ
  • メッセージウインドウOFF

などなど、ビジュアルノベルを読み進めるうえで必要なシステムが、きっちり揃っています。

サウンドも細かく設定できますし、快適にプレイできました

当たり前じゃん、って?
これが意外と満たしていないゲーム、多いんですよ。

 

かわいらしく、平和なキャラと物語

Lovekami -Divinity Stage-

うまくいかないこと、苦悩することも少しはありますが、全体的に「ひたむきに頑張る女の子」を応援し、恋をする。
という内容です。

とても気持ちが晴れやかになりますし、鬱々とした気持ちになったりもしません。
キャラクター同士のやり取りを見ていると、プレイしているこっちも自然と顔がほころびます。

絵柄も可愛らしく、時々描かれるSDキャラもとってもカワイイです。

 

神話に精通した設定

仏教、神道、ヒンドゥー教、道教など出自はさまざまですが、日本で馴染みのあるカミサマたちを、予想以上に丁寧に設定に落とし込んでいて感心しました。

幸魂(さきみたま)」や「分霊(わけみたま)」などの神道用語も登場しますし、「『七福神』に1人足して『八福神』とする考え方もある」といったマニアックなポイントも出てきます。

カミサマたちを数える時、ちゃんと「1柱(ひとはしら)」で数えられる点も良いです。

ヒロインたちの「名前」は特におもしろく、

吉祥天シュリ

「吉祥天」はヒンドゥー教の「ラクシュミ」のこと。
「吉祥」はサンスクリット語で「シュリー」。

なので、名前が「シュリ」。

天鈿カグラ

アメノウズメ(天鈿女命)の分霊なので、天鈿。
カグラ(神楽)は、アメノウズメが踊った舞が起源とされています。

弁財天サラ

七福神の1柱で有名な弁財天ですが、その起源はヒンドゥー教のサラスヴァティです。
「サラ」の名はそこから取ったのかと。

といった感じに、関連付けて考えられていて良かったです。

弦楽が得意、舞踏が得意、といったキャラクターの個性にも活きていて、設定が上手に働いていると思いました。

 

とてもエロい

ヒロインは3人とも巨乳で、立ち絵はプルンプルン揺れます。
元々が18禁ゲームなので当然っちゃ当然ですが、かなりエロいです。

家庭用ゲーム版ですので「エッチするシーン」自体は未収録ですし、局部が描かれるべきところは修正されています。
ですが、それでもハプニング系のシーンはかなりの肌色率

正直、ここに画像を載せられないくらいエロいです。
なんとかして載せようと画像編集してみましたが、ぼかしたり隠したりすると余計卑猥になってしまいました。

ラブラブっぷりもなかなかのものですし、何がとは言いませんが実用的です。

弦楽が得意、舞踏が得意、といったキャラクターの個性にも活きていて、設定が上手に働いていると思いました。

今作のレーティングは「CERO」ではなく「IARC」。
「16歳以上対象」となっていますが、CEROよりちょっと甘いかも?

 

 

不満点

ヒロインの描写に偏りがある

物語の前半部分を占めるのは、主に「シュリとカグラのアイドル活動を手助けする」というもの。
主人公は、オーディションに臨む彼女たちをサポートする立場です。

一方、サラさんはすでにトップアイドル。

サラさんは一応、主人公と顔馴染みではありますが、どうしてもシュリとカグラを描くシーンが多くなります。

その状態で中盤に、ルート決定の選択肢。
サラさんを初見で選ぶ人、どのくらいいるでしょうか?

立場的に厳しいですが、もう少し前半にもサラさんが積極的に関わってくれば、印象は違ったかもしれません。
もしくは、サラさんルートは1周目は選べないようにするとか。

 

特異な設定を理解するのに手順がいる

「カミサマ降臨から1年」「カミサマ教育法」「カミサマアイドル」などなど。

おもしろい設定だなとは思いつつも、その設定を理解するのに時間がかかりました。
そもそも「カミサマである意味」も、ちょっと伝わりづらいです。

それもそのはず、今作は『恋神-ラブカミ-』の派生作品
元々の設定がきっちり語られているであろう『恋神-ラブカミ-』は、家庭用ゲーム版はリリースされていません。

原作をすっ飛ばしてスピンオフをプレイしたようなものですから、分かりづらいはずです。

最初はカグラルートで進めましたが、「普通に女の子がアイドル目指す話じゃダメだったのかな?」という印象を抱きました。
シュリルートでその「カミサマである意味」が伝わったので、そういった描写の差も分かりづらい要因かもしれません。

推奨ルートは「シュリ」→「カグラ」→「サラ」ですかね。
もしかすると、ライターさんもそんなつもりでシナリオを書いたのかもしれません。

 

ゲーム的ではない

選択肢は1度だけ。
それもルート決定の時だけです。

そのため「話に介入している感」はゼロです。
あくまで「3つのお話を読み進める」という作品。

まぁ主人公の名前も固定ですし、プレイヤー=主人公という構図でもないのだと思いますが・・・。
もう少しいろいろな選択肢からなるお話を楽しみたかったです。

 

 

気になった点

謎の不具合

プレイ中、スクショを撮れない状況がたまにありました。
動画は普通に撮れましたし、何度も押せば成功することもあったので「スクショしてはいけないシーン」というわけではないと思います。

また、1度だけですが「ボタン操作を一切受け付けない」という状況にもなりました。
「オート」で物語を読んでいる時になったので、ひたすら話が進みますが止めることも戻ることもできませんでした。

「HOMEボタン」は効きましたし、HOMEメニューでは普通に操作できたので本体の問題ではありません。

まぁ、状況を再現できないので何とも言えませんが・・・。

 

その他の気になった点

▼誤字

Lovekami -Divinity Stage-

誤「話すと」

正「離すと」

 

▼ファンじゃん

Lovekami -Divinity Stage-

素性が判明する前から、モブキャラの名前でファンだとばれる。

 

▼バラそうよ

Lovekami -Divinity Stage-

このシーンの時には、オーディションはとっくに終わってます。
バラそう(撤去しよう)よ。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロードソフト
プレイ時間 7時間

 

 

総評

かわいらしいカミサマたちとのアイドル活動。
楽しんでプレイすることができました。

3人とも良い子ですし、殺伐としない明るい作品で好感が持てました。

それほど大きな不満もありませんし、絵柄とおっぱいに抵抗がなければ、十分オススメできる作品ですよ。
個人的に気に入ったキャラは、カグラです。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽
最新記事
Sayonara Wild Hearts(さよならワイルドハーツ)
Sayonara Wild Hearts(さよならワイルドハーツ) 感想・レビュー byみなと / 最高の楽曲と豊富なアイデアに惚れるランゲーム

Switch『Sayonara Wild Hearts』をレビューします。バリエーション豊かでハイスピードな夜の旅。非常に濃密なゲーム体験でした。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

+1

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


コメントを入力された場合は、反映まで時間がかかります。
不具合ではありませんので、繰り返し入力しないよう、ご注意ください。

おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , , ,

© 2021 ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= Powered by AFFINGER5