ゲームレビュー

P3D&P5D 感想・レビュー byとも

2018/11/24

ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイトP5D

2018年5月24日に発売した『ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト(以下『P3D』)』と『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト(以下『P5D』)』。

発売当初は『P5D』のVITA版をプレイし、トロフィーコンプリート
そして、約5ヶ月遅れで、『P3D』のP4版をプレイし、トロフィーコンプリートしました。

過去に公開した『P5D』の感想・レビュー記事を改変して、『P3D』についてもお伝えします。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2018年5月24日
発売元 アトラス
開発元 アトラス
ハード プレイステーション4、PS VITA
ジャンル Pサウンドアクション
プレイ人数 1人
CERO B(12才以上対象)
公式サイト P3D公式サイト
P5D公式サイト
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©ATLUS ©SEGA
PSストアのページ ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト(PS4)
ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト(VITA)
ペルソナ5 ダンシング・スターナイト(PS4)
ペルソナ5 ダンシング・スターナイト(VITA)

 

ゲーム内容

ゲーム内容についてはこちらの記事にまとめてあります。
→ P3D&P5D ゲーム内容・解説

 

良い点

楽しいリズムゲームを、サクサクプレイできる

ペルソナ4 ダンシング・オールナイト(以下『P4D』)』ではストーリーが、がっつり組み込まれていました。
それが「リズムゲームとしてのテンポを悪くする要因」でもありました。

今作ではストーリーは「コミュ」に置き換えられていて、おかげでリズムゲームのプレイがサクサクです。

また、リズムや指の運びも楽しいものになっていて、楽しんでプレイができました。
「演出で見にくくなる」ということもないので、ストレスもありません。

P5D 双葉と杏

 

観賞モード

「パーフェクト観賞モード」が完備されているので、とてもよかったです。
また「振付レッスンモード」もあり、ダンスを実際にプレイしたい方にも良いと思います。

 

▼映像のみの観賞方法

曲の選択後、「GAME MODE」→「パーフェクト観賞モード」→「GO NEXT」→「LET'S DANCE(『P3D』では「始める」)」。

そして、開始後に「OPTIONS」ボタン(VITAは「START」ボタン)を押し →「表示」と「SE」をオフ →「リトライ」することで、映像のみを楽しむことができます。

P5D モルガナ

 

演出とMV風

パートナーが登場することにより、ダンスを盛り上げてくれますが、中にはダンスだけでなく「キャラクター同士のかけあい演出」があったりします。
見ていてとてもおもしろく、いろんな組み合わせが見たくなりました。

またMV風や『P5』のアニメーションをバックにプレイする楽曲もあり、良かったです。

P5D Last Surprise

 

カスタムでクリア難易度を下げられる

「プレイカスタム」の中にある「サポート」や「ノリノリゲージの難易度設定」を変更することにより、クリア難易度を下げることができます。

あまりにも多くのミスが続くとクリアはできませんが、「とにかくクリアして解禁したい」といった時などに有効です。

とても役に立ちました。

 

個性が出ているダンス

各キャラクターは、個性あるダンスを披露してくれます。

「全員が完璧にかっこよく踊る」のではなく、「各々得意とするものや自分なりのダンスを踊る」というスタンス。

見ていておもしろいものもあり、飽きませんでした。

P5D 双葉のダンス

 

コミュが意外に楽しい

そこまで期待せずにコミュを開始したのですが、意外にも楽しいので、じっくり見ています。
もちろん、ボイス付きなので、その場にあった話し方で、おもしろいです。

特に『P3D』のエリザベスには、何度も笑わせてもらいました。

ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト

 

モデリング

『ペルソナ3』の初出はPS2。
PSP版も出ましたが、ここまできれいなモデリングは初めてです。

女性はより美しく、男性はよりカッコ良くなりました。

このモデリングで、再び『ペルソナ3』をプレイしたくなりました。

ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト

ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト

もちろん『P5D』のモデリングもよかったです。

 

その他の良い点

▼踊れるステージが多種多様

『P4D』では、ほとんどが「スタジオ風ステージ」だったので、バリエーション豊かなのは嬉しいです。

P5D 母のいた日々 

▼衣装が良いので、曲ごとに変更したくなる

衣装が解禁されるまで、時間と労力は必要ですが、どの衣装もよかったです。

ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト

P5D Jaldabaoth

 

不満点

カメラの反転ができない

ミニゲームの「カード探し」。
カーソルを動かすのに、「カメラの反転」機能がありません。

私たちは普段、カメラは上下左右とも「反転」に設定しているので、思い通りに動かせず、酔ってきました。

なんとか全てのカードを見つけることができましたが、「カメラの反転」機能がほしかったです。

P5D 双子のカード

 

映像のみの観賞が少し手間

映像のみの観賞を行うためには、少し手間があります。

ボタン操作を2つくらいで見られると、スムーズでよかったのにと思います。

 

気になった点

アレンジ

アレンジ楽曲は、もともとの曲が神曲なだけに、なにか物足りなさを感じました。
悪くはないんだけれど、「おおお!」と思えるものが少なかった気がします。

かといって『P4D』のような、「別曲でしょ」と思うほどの大胆すぎるアレンジは好きではないんですが。

けれど『P5D』の『星と僕らと(tofubeats Remix)』や『母のいた日々(ATLUS KitajohRemix)』、『P3D』の『When The Moon's Reaching Out Stars(Hideki Naganuma Rimix)』など、原曲よりもアレンジの方が好きな曲はありました。

 

キャラクター固定

前作『P4D』では楽曲ごとにキャラクターが固定だったのが、不満点の1つでした。

今作も固定なのですが、不満ではありません。
おそらく、ステージが多種多様になったからだと思います。

このステージで踊るなら、このキャラクターだよね」と納得ができるのです。 
なので、同じ仕様だけれど、不満にはならなかったです。

 

プレイ状況

ソフトウェア パッケージ版
プレイ時間 『P5D』17時間
『P3D』14時間
購入した追加コンテンツ 楽曲「GROOVY」(フルバージョン)
楽曲「Our Moment」(フルバージョン)
楽曲「Dance! (OP ver.)」
楽曲「Wake Up, Get Up, Get Out There (OP ver.)」
楽曲「時価ネットたなか (ATLUS Kozuka Remix) feat. たなか社長(CV:島田敏)」
所持しているサウンドトラック 『P5D』『P3D』オールスター・トリプルパックのサウンドトラックCD
シリーズのプレイ状況(とも
※今作プレイ時
ペルソナ2 罪(PSP)
ペルソナ3 ポータブル(PSP)
ペルソナ4(PS2)
ペルソナ4 ザ・ゴールデン(PS VITA)
ペルソナ4 ダンシング・オールナイト(PS VITA)
ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス(3DS)
ペルソナ5(PS4)
トロフィー 状況 100%
トロコン 難易度 比較的簡単

 

総評

正直、期待していなかった『P3D』と『P5D』。
しかし、思っていた以上に良作でした。

やっぱり、「好きな曲に合わせて、好きなキャラクターが踊る」というのは、いいですね。

関連記事はこちら
→ P3D&P5D ゲーム内容・解説
→ ペルソナ5 クリア編 レビューbyとも
→ ペルソナ5 レビューbyみなと
→ ペルソナ4 ダンシング・オールナイト レビューbyとも

PSストアのページはこちら
ペルソナ5 ダンシング・スターナイト(PS4)
ペルソナ5 ダンシング・スターナイト(VITA) ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト(PS4) ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト(VITA)

全体評価   ★★★★☆

シナリオ   ★★★★☆
操作性    ★★★☆☆
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★★★
ビジュアル  ★★★★★
音  楽   ★★★☆☆

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , , ,