体験版レビュー

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ 体験版 感想・レビュー byみなと

2020/02/21

P5S体験版

2020年2月20日に発売する、『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』。
通称『P5S』の体験版をプレイしました。

「ペルソナ初のアクションRPG」である今作。
なんと『無双シリーズ』のコーエーテクモ(オメガフォース)とのコラボで実現しました。

僕としても超待望の作品です。
Switch版をプレイしたので、感想をお伝えします!

■追記
祝・発売!
発売直後の第一印象を妻・ともが書きました。
→ ペルソナ5 スクランブル 感想・ファーストレビュー byとも 『無双』の要素をスパイスにした、新しい『P5』!

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』概要
製品版発売日 2020年2月20日
体験版配信日 2020年2月6日
発売元 アトラス
開発元 アトラス
コーエーテクモゲームス(オメガフォース)
ハード プレイステーション4、Nintendo Switch
ジャンル アクションRPG
プレイ人数 1人
CERO B(12才以上対象)
製品版の通常価格(税込) ダウンロード版・パッケージ版 各9,680円
公式サイト ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ(アトラス公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©ATLUS ©SEGA/ ©KOEI TECMO GAMES
体験版のボリューム 約1時間
体験版でプレイできる回数 無制限
製品版へのデータ引き継ぎ 不可

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

ゲーム内容

P5S体験版

『P5S』は、『ペルソナ5』の続編・後日談に当たるストーリーのアクションRPGです。

おおまかな戦闘システムは『無双シリーズ』に近く、通常攻撃や特殊攻撃を駆使して敵の群れを殲滅していきます。

  • 電灯などの環境を利用したアクション
  • 銃による遠距離攻撃
  • 演出が入る大技「ショウタイム」

などの要素もあります。

ただし、ステージ攻略型の『無双シリーズ』とは異なり、あくまでストーリーに沿ったバトルの流れになりそうです。

とりあえず体験版では「広い場所で次々に湧き出す敵を倒すシーン」と、
「ダンジョンを進行して、途中にいる敵の群れを全滅させながら進むシーン」を体験できました。

 

本編に近い要素

P5S体験版

『ペルソナ5』本編と同様にペルソナ能力が登場します。

ペルソナのスキル選択中やペルソナチェンジの際は時間が止まるので、焦らずに選択できます。

弱点を突いたり、総攻撃したりと『ペルソナ5』のコマンドバトルの要素を、アクションRPGのシステムに合わせて構成しなおされています。

 

日常パート

P5S体験版

日常パートは、完全に『ペルソナ5』の流れを受け継いだ作りになっています。

ストーリーはもちろん、会話ウィンドウや効果音、仲間との掛け合い、UI(ユーザーインターフェース) も、ほぼ原作のままです。

メニュー画面は一新されていますが、雰囲気は踏襲しています。

 

体験版のボリューム

体験版は、大体1時間で終了します。

  • 大まかな戦闘システム
  • 日常パート
  • 新敵キャラの登場
  • 新味方キャラとの出会い

くらいまでは体験できます。
おそらく、製品版と同様の流れだと思います。

使用できるキャラは「序盤」ということもあり、ジョーカーのみ。
製品版ではナビ以外の味方キャラは全員使えるようになるとのこと。

 

 

感想・気になった点

健在の『ペルソナ5』らしさ

オシャレでスタイリッシュな「『ペルソナ5』らしさ」は健在です。

ゲームを構成する色々な要素がいちいちカッコよく、目を飽きさせることがありません。

楽曲も最高です。
日常パートの多くは、原作の曲を使用しているので安心感もあります。

 

アトラス × 無双 がやりたかった!

僕は、『無双シリーズ』もアトラスのゲームも大好きです。

昔から、このコラボが実現すれば良いと思っていたので、今回この作品が作られて感無量です。
触ってみた感触も、バッタバッタと敵をなぎ倒せて楽しかったです。

難易度設定もありますし、アクションが苦手な人でも大丈夫だと思います。

 

正統続編を遊べるよろこび

P5S体験版

個人的に大変思い出深く、最高クラスに好きなゲームである『ペルソナ5』。
その続編をプレイすることができ、とてもうれしいです。

『ペルソナ5』のクライマックスから半年後の世界。
会話の1つ1つや、仲間の言葉や反応を見て感慨深くなり、開始早々泣けてきました。

ただ、どうも『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』の続編という作りではなさそうなので、その点はご注意を。

あくまで『ペルソナ5』の続編・後日談なので、『ペルソナ5』を未クリアの人にはオススメしづらいです。
キャラクター同士の関係性とか分からないし。
『無双シリーズ』ともシステム面で異なる部分が多いので、「ペルソナはよく分からないけど新しい無双がやりたい」という人にもオススメできません。

 

自キャラが分かりづらい

P5S体験版

暗い場所での戦闘では、自キャラが分かりづらいのが気になりました。

ジョーカーは全身黒づくめですし、戦闘中は激しく動き回ります。
敵(これまた黒い敵ばかり)も密集してワラワラになりますし、ちょいちょい自分を見失いました。

自キャラのフチが光るなりしてくれたら、もう少し分かりやすかったかもしれません。
製品版で色んなキャラを使えるようになったら、あまりジョーカー使わなくなるかも・・・。

 

覚えることが多い

P5S体験版

  • ファントムムーブ
  • 弱点やダウン
  • 状態異常
  • マスターアーツ
  • オートリカバリー

などなど、1時間の中でこれでもかとチュートリアルが表示されました。
おそらくほとんどプレイしていれば理解できる要素だとは思いますが、詰め込みすぎでよく分からなかったです。

状態異常とか、高速バトルの爽快感を削ぎそうで不安要素ではあります。

 

ロードが長め

P5S体験版

体験版なので参考にはならないかもしれませんが、ロード時間は長めに感じました。

機種や、機種のバージョンによっても異なると思います。

 

Switch版は、こうだった

携帯モードでプレイしてみましたが、操作感はまずまず。
敵もワラワラで、特に不便は感じませんでした。

画質に関しては、少し低いと思います。

携帯できる利便性、30秒さかのぼり動画に対応。
この辺りは、Switchならではの利点ですね。

画質やトロフィーを重視するなら、PS4版が良いと思います。

 

 

体験版プレイ状況

プレイ時間 1時間
シリーズのプレイ状況(みなと
※記事作成時点
ペルソナ2 罪(PSP)
ペルソナ3 ポータブル(PSP)
ペルソナ4(PS2)
ペルソナ4 ザ・ゴールデン(PS VITA)
ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス(3DS)
ペルソナ4 ダンシング・オールナイト(PS VITA)
ペルソナ5(PS4)
ペルソナ5 ダンシング・スターナイト(PS VITA・PS4)
ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト(PS4)
ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス(3DS)

 

 

まとめ

プレイしてみると、思っていた以上に『ペルソナ5』寄りの作品だと感じました。

『無双』と『ペルソナ』のコラボではありますが、「『ペルソナ5』の続編を、無双テイストのアクションRPGにした」という感じです。
バトルシステム以外は、ほぼ原作のままです。

正統続編!

だからこそ、『ペルソナ5』を未プレイの人にはススメづらいです。

P5S体験版

ともかく、『ペルソナ5』も『無双』も好きな僕にとっては、本当に期待以上の作品になりそうです。
話の続きが気になりますし、他のキャラやベルベットルームの仕様も気になります。

製品版の発売が楽しみです。

ちなみに、製品版にデータの引継ぎはできません。
感想は公式もチェックしているそうなので、「#P5S体験版」を付けてツイートしてみましょう。

関連記事はこちら
→ 「 ペルソナシリーズ 」 一覧

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-体験版レビュー
-, , ,